指揮者の肖像、エンニオ・モリコーネ。11月10日は、マエストロの誕生日。

荒野の用心棒のテーマ音楽は、ヨーロッパ発の娯楽西部劇を最も印象づけるシンボルではないでしょうか。ジュリアーノ・ジェンマ、クリント・イーストウッドといった主人公よりも・・・わたしがエアチェックしたカセットテープには、『エンリオ・モリコーネ』と書いてあります。曲紹介の聞き取り誤りですね。今日、11月10日は『エンニオ・モリコーネ(1928〜)』氏の誕生日です。

眼光鋭く、エンターテイナーとしてよりアーティスト然としているエンニオ・モリコーネ氏は、映画音楽の作曲家としてよりも現代音楽の作曲家と観られる方が喜んでくれるでしょうから、こうした写真の方がふさわしいのではないかしら。

「映画音楽の作曲家として有名であることに不満はないが、私は演奏会用の音楽も書いている。誰もそのことを知らないのは残念だ…」と、モリコーネ氏の言葉にあるように映画音楽と現代音楽を並行して作品化しています。荒野の用心棒 [ 1964 ] 、夕陽のガンマンなど以上に、映画のための仕事だけでも400作品を越えるそうです。殆どがイタリアの映画作品での仕事なので、知られていない事がモリコーネ氏のジレンマではないでしょうか。

しかし、『ニュー・シネマ・パラダイス』[ 1988 ] は良いお仕事でした。他の映画音楽に似たフレーズがあるけれども、そこがモリコーネ・サウンドの1つの主題であったという事でしょう。突然変異の音楽作品ではなかったのです。

  
Download now or listen on posterous

morricone-2010-11-10-1.mp3 (42181 KB)

こちらの記事もどうぞ

  • サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲2010年11月12日 サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲 森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!のちょうど中程、殺人事件の鍵を握る大物が男色家だったと主人公が気がつく場面。犯行の行われたホテルのパーティー会場で流れていた音楽が、モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲。タイトルの「不倫四重奏」とあるように事件と人間関係が重奏になっているドラマに、オペラ「魔笛」の序曲はふさわしくって意図しての選曲であったのか不思議な思いがしています。 […] Posted in 未分類
  • 【案内】メーラー、FTPサーバーの緊急メンテナンスについて2011年3月22日 【案内】メーラー、FTPサーバーの緊急メンテナンスについて 晴れてはいるのに何故かぼやっとした空模様だな。と朝から感じていましたら、熊本は今年最初の黄砂を午前11時に観測しました。花粉警報も出ているのに、数日微風は耐えなく。花粉症は他の病気も引き起こすことがあるので気をつけたいものです。花粉症だからって根拠の無い予防策をとったり、花粉症だろうっと油断していると大変です。さて、サイト、画像、音声を置いているサーバーサービスからメンテナン […] Posted in blog
  • 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑤ マレの音楽はロック以上にロックしている。2011年1月21日 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑤ マレの音楽はロック以上にロックしている。 楽器の博物館。或いは、古い楽器を鑑賞する機会があると長時間居ても飽きない。楽器の成り立ちと言っても笛の類は、土偶時代からって・・・こちらの方よりも、興味津々なのは弦楽器のはじまり。弦楽器のファミリーは現代ではヴァイオリンを中心に考えがちだけれども、チェロが最初のお父さん。それよりも大きいコントラバスとの中間の楽器でヴィオールという弦楽器が最初のはじまり。ジャズ・ファンだったら […] Posted in blog
  • リリー、モーツァルトを弾いて下さい*リリー・クラウス モーツァルト・ピアノソナタ13番、16(15)番2022年1月19日 リリー、モーツァルトを弾いて下さい*リリー・クラウス モーツァルト・ピアノソナタ13番、16(15)番 モーツァルト弾きとして知られるリリー・クラウスの最高傑作盤です。晩年の米国コロムビア盤と比して若い所為か情熱を内に秘めた、生命感に溢れる演奏です。他のピアニストと比べると、自由自在なテンポ設定でフォルテは強いタッチで鳴らし非常に個性的です。 【収録曲】 ピアノソナタ第13番 変ロ長調 K.333 ピアノソナタ第16番(15番)ハ長調 […] Posted in 通販レコード, 器楽曲
  • 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 2月24日、在庫あり。送料無料。オーダー受付中。2012年2月24日 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 2月24日、在庫あり。送料無料。オーダー受付中。 バロック音楽が親しまれ、愛好されるようになったのは1960年代末から70年代中頃に録音されたステレオ盤の評判が良かったのがきっかけになりました。中でもミュンヒンガーが録音した《ヴィヴァルディの四季》は、ブームの火付け役になったレコードです。英DECCA盤のジャケットデザインは日本盤でもお馴染みでしたし、CD時代になっても使われることが多いので米LONDON盤のデザインは印象が […] Posted in blog
  • 東京電力「需給逼迫による計画停電の実施と一掃の節電のお願いについて」の資料2011年3月13日 東京電力「需給逼迫による計画停電の実施と一掃の節電のお願いについて」の資料 明日、14日、東電が実施予定の停電地域及び時間帯が掲載されている資料の「コピー」だそうです。東電のサイトがアクセス過多のため、コピーしてくださった方のご好意によるものですが、元ネタがアクセス出来ないため、これで確定かどうかはわかりません。あくまで目安として、アクセス出来る機会があれば、元ネタにアクセスするなり、最新の東電の発表等をご確認ください。 […] Posted in blog