スタンパー2S/4S 極めて初期のLIVINGSTEREO優秀録音盤 官能的なミュンシュ指揮ボストン交響楽団 / ラヴェル:ダフニスとクロエ全曲 http://amzn.to/lI5Jqv

官能美を楽しもう。聴く耳が大人でなかったらミュンシュの体臭に酔えないかも知れない。女性に触ることだけが目的の様な、いきなり大冒険にでても得るものがあるかどうか分からない。ミュンシュ、ボストン響のラヴェルは陶酔を約束されている様なトレジャー・アイランドだけれども、最近よく言う、草食系男子クラスタのクラシック音楽の聴き手は手を出さない方が身のためだと思います。ジャケットのデザインで手にしてみる人は少なくないと思うけれども、躊躇したりドキドキしたら危険信号。 http://amzn.to/lI5Jqv

Lsc2568

CDは ラヴェル:ダフニスとクロエ(1961年録音)&ピアノ協奏曲【Blu-spec CD】 http://amzn.to/lI5Jqv

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

小澤征爾さんとボストン響のラヴェル( ラヴェル:「ダフニスとクロエ」全曲 )は、例えば他の録音を聴かないでいるとしてもそれはそれで充分。草食系クラシック音楽リスナーには充分。グラヴィアで満足していられる様なもの。あなたの望む姿勢に従ってくれます。少し体臭を感じたいけど怖い思いをしないで付き合う相手を紹介されたい感じだと、紳士的で機能性を感じるマルティノンのラヴェル:管弦楽曲( フランス音楽名演集 )がふさわしい。隷属的に聴かされる音楽に陶酔しないとミュンシュのダフニスとクロエにはとろける気持ちは楽しめない。

以前バレエ音楽の録音盤について、バレエ・スクールの女性と話しをしたことがあったけれどもレコード、CDになっているバレエ音楽は鑑賞のためのバレエ音楽で実際にはそうした録音では踊れないという事でした。子供をバレリーナに出来ると良いなぁと、むやみに聴かせる録音を選ぶのは無謀と言う事かな。

最後にもう一度念を押しておきたいけれども、ミュンシュのダフニスとクロエは大人の聴き手になって、大人の男女のふれあい方を分かってきてから聴きましょう。最初はおとなしく拝聴させて貰うのが良いでしょう。

☆通販レコード 2009年3月紹介時の情報 在庫有り☆ 

【管弦楽曲】 

  • レーベル:米 RCA
  • レコード番号:LSC-2568
  • オリジナリティ: シェード・ドッグ・ラベル、1stラベル

曲目:ラヴェル:ダフニスとクロエ全曲

演奏:

  • 指揮: シャルル・ミュンシュ
  • 管弦楽:ボストン交響楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1961年リリース。ルイス・レイトンの録音による LIVING STEREO の優秀録音盤。その音色は艶と輝きにあふれ、ラヴェルの光彩に富んだオケストレーションを満喫させます。スタンパーも 2S/4S と比較的初期のもの。
  • 盤は、弱音部でチリ音が聞こえるところがありますが、全体は良いコンディションです。
  • ジャケットは右側の隅に2mm位の小さな割れ、左側隅に小さなハガレ、裏面上部に薄めのリング・ウェアがありますが正面は綺麗です。

ⓇNM ⒿEX++ 

価格 ¥12,000(¥12,600 税込み、送料無料) 

 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • [予約受付中]アマデウスクラシックス第30回頒布は10月23日から2011年10月20日 [予約受付中]アマデウスクラシックス第30回頒布は10月23日から 第30回を数えるクラシックのLPレコードの欧米オリジナル盤の頒布。熊本から転地される常連客の方々、県外から来店してくださる方々に、電話やメールで案内をする一方で広く一般に通販サイトとしてブログサイトで案内するようになって、4年目の秋となりました。 昨年に、熊本から全国へクラシック音楽のアナログ・オリジナル盤を通販していた FM-WOODSTOCK.COM […] Posted in blog
  • 白昼の凶行 犯人は未だ逃走中と思われるので不安 – ATOK2011の悪行も不安2011年8月10日 白昼の凶行 犯人は未だ逃走中と思われるので不安 – ATOK2011の悪行も不安 最後のブログ更新になるかもしれない。いやいや、そのような思いで書き始めています。まだ夜明け前なのでBGMはブラームスのピアノ・トリオを聞いています。録音の時ぐらいでヘッドフォンでは音楽を聴く習慣はありません。むしろクラシック音楽はヘッドフォンで聴いておもしろいものではありませんね。ストコフスキーが行ったステレオ初期のバイノーらル録音盤であれば別だけれども、楽器が頭の周囲にぐる […] Posted in blog
  • 《第286回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート》市政だよりの発表は変更になりました – 大型の蓄音器でティボー、コルトーのドビュッシーを愉しみましょう。2012年2月13日 《第286回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート》市政だよりの発表は変更になりました – 大型の蓄音器でティボー、コルトーのドビュッシーを愉しみましょう。 毎月、第4日曜日に開催している『蓄音器でレコードを楽しむコンサート』の内容変更をお知らせします。 市政だより2月号の24ページに『沖縄の歌特集』と掲載してありますが、都合により6月に延期します。 講師都合によるもので、一月に入って連絡がありました。市政だよりには二月前には出稿してありますので、この場を借りて変更のご連絡とします。 […] Posted in blog
  • 夏休み特集 – 電気が無くてもレコードを聴くことができる驚きの発見2014年8月14日 夏休み特集 – 電気が無くてもレコードを聴くことができる驚きの発見 8月の無料コンサートに小学校の生徒さんたちを招待する初試みをしました。夏休み最後のイベントとして夏休みの宿題ででも役立ってもらえばと希望しています。今の小学生の両親となるとCDの世代でレコードの記憶も遠いものだったり全く経験がないという方もいらっしゃるのではないか。今後は地域で蓄音器を聴いて貰う機会を増やしていきたい。 […] Posted in blog, Concert
  • GarageBand が 6.0.2 へアップデート – Macライフに欠かせないアプリケーション2011年4月6日 GarageBand が 6.0.2 へアップデート – Macライフに欠かせないアプリケーション 夏には MacOSX の「ライオン」バージョンが出ます。百獣の王ライオンの登場で、ネコ科動物シリーズはクライマックスを迎えるようです。バージョンのナンバリングは 10.7 で、その後 10.8 や 10.9 […] Posted in blog
  • 7つのヴェールの踊り2014年1月22日 7つのヴェールの踊り あゝあゝあ シュトラウスだぁ。シュトラウスでも今年150年記念のリヒャルト・シュトラウス。でも曲名なんだったけ。しばし考えて楽劇サロメから7つのヴェールの踊りの冒頭ですね。リヒャルト・シュトラウスの音楽はどれも最初の数秒に音楽全体が表現されている。凝縮されていると言いなおしたらいいかな。クラシックの中では作曲されるとすぐにラジオで放送される恵まれた機会を得ていたシュトラウス。 […] Posted in blog