ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手

ポーランドの女流ヴァイオリニスト、ワンダ・ウィウコミルスカ。ウィルコルスカと日本の古いレコード・ファンは日常的に呼んでいるようですが、放送音源のはじめと終わりに残っているラジオ・アナウンスではウィウコミルスカヤと言っているようでした。
古い放送録音と、新しいといっても20年前の録音を一緒にポーランドでラジオ放送された時の音源を聞きました。

どちらも同じヴァイオリニストであるとは、聞けばすぐに分かるぐらい。40年近い開きはあるので1991年のコンチェルトでは多少張りにかけるヴァイオリンの響きでしたが、そのヴァイオリンの歌い方は同じでした。これだけ性格の出ているヴァイオリニストは特別でしょう。プログラムの中間のリサイタルの音はとても良くて、60年も前の録音だとは驚きです。そして、レコードとライヴがこれほど相違がないことも人気の程が感じられました。

 

Wanda Wilkomirska

1. Bacewicz – Violin Concerto No.5

Wanda Wilkomirska – violin
Warsaw Philharmonic Symphony Orchestra,
Witold Rowicki – conductor

Recorded 17.01.1955, Live, Warsaw

2. Suchoň – Sonatina
3. Saint-Saens – Introduction and Rondo Capriccioso in A minor, Op. 28
4. Ravel
5. Bartok – Three Songs
6. Musorgsky – Gopak
7. Szymanowski – Pesn

Wanda Wilkomirska – violin
Yadviga Shamatulska – piano

Recorded 18.10.1955, Live, Warsaw

8. Szymanowski  – Violin Concerto No.1

Wanda Wilkomirska – violin
Polish National Radio Symphony Orchestra, Katowice
Antoni Wit – conductor
Recorded 1991, Katowice, Live
————————
From the archives of the Polish Radio

Radio Orpfeus

こちらの記事もどうぞ

  • 秘蔵盤 クナッパーツブッシュの「ウィーンの休日」2013年12月19日 秘蔵盤 クナッパーツブッシュの「ウィーンの休日」 通販レコード。180グラム重量盤。20世紀のシュトラウス演奏の規範とは評価出来ないアルバム。曲想の変化に伴ってテンポは弛緩し、予期せぬアクセント、隠されている対旋律が浮かび勃ち聴き手の心をくすぐります。スタイルを超越した灰汁の強い崩しは病み付きになるのだろう。わがままが傑出した時代を超えた怪演として聴き継がれるだろう。 […] Posted in Products, Review, LP Store Nagatani
  • 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く2015年1月31日 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く マレイ・ペライアは長い演奏活動の中でバッハの《鍵盤のための協奏曲》の演奏は度々と重ねて深い理解の成果を録音している。それから10年経過しているけれども、これらの協奏曲を聞くことは、ペライアの豊かな経験を聴くことに等しく、その彼のアプローチには新鮮さがあります。 […] Posted in Free Music, Piano, Review
  • 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった – 快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。2013年7月22日 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった – 快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。 幸福感に満ちた明るい曲想から《春》という愛称は、新緑の鮮やかさや頬を撫でる春風の心地よさがよく表現されていて、誰しも同じ気持を感じるでしょう。この時代も国も超えた感動の共有はベートーヴェンの音楽のもっともたるところ。 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった。この時、彼は《不滅の恋人》を思っていた。快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。 […] Posted in blog, Review
  • 僕は全世界を抱きしめるだろうに!2013年7月23日 僕は全世界を抱きしめるだろうに! ベートーヴェンの耳の病は、話が聞き取れないで筆談をしてる相手の後ろでピアノを弾いていた弟子に、「そこはおかしい」と注意したと言います。対話をしようとしていた相手は気分を害したことでしょう。また、ピアノに噛み付いて音を聞いていたと言うから居合わせた人はとんでもないのを見てしまったと怖がったことでしょう。 […] Posted in blog, Review
  • 春風駘蕩が支配したアレキサンダーソナタ第1番2013年7月21日 春風駘蕩が支配したアレキサンダーソナタ第1番 春風駘蕩が終始統一されている。しっとりと落ち着いた楽想が印象的な、隠れたファンの多い曲です。《第7番》や《第8番》と比べると起伏に乏しさも感じられるが、優れたヴァイオリニストの手にかかると一服の名画に時の流れを含んでいるような渋味に富んだ充実感が味わえる。落ち着いたムードが続いたので、終楽章は快活な対比になるかと思うのの裏をかいて伸びやかな変奏曲。 […] Posted in blog, Review
  • ピアノの学習者には良い手本となる – Stravinsky, Prokofiev, Ustvolskaya, Bartok – Piano Works – Vedernikov2016年2月7日 ピアノの学習者には良い手本となる – Stravinsky, Prokofiev, Ustvolskaya, Bartok – Piano Works – Vedernikov 現代作品を取り上げるのに勇気のいる状況だった時代にプロコフフィエフやシェーンベルク、ヒンデミットなどの作品のソ連初演を行ったヴェデルニコフの演奏は躍動的で耳を奪う。ペダルさばきの俊敏さに長けた秀逸さで、今、ペトルーシュカやプロコフィエフ、バルトークのソナタを学ぼうと思うピアノの学習者には良い手本となるはずだ。 […] Posted in blog, Piano, Review, Recordings