《第286回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート》市政だよりの発表は変更になりました – 大型の蓄音器でティボー、コルトーのドビュッシーを愉しみましょう。

毎月、第4日曜日に開催している『蓄音器でレコードを楽しむコンサート』の内容変更をお知らせします。
市政だより2月号の24ページに『沖縄の歌特集』と掲載してありますが、都合により6月に延期します。

講師都合によるもので、一月に入って連絡がありました。市政だよりには二月前には出稿してありますので、この場を借りて変更のご連絡とします。


毎年、2月には講師として山城先生にご足労頂いております。沖縄から日程をやりくっての事で、コンサートが終わると飛行機で早々に戻られます。沖縄でFM番組を持ってらっしゃる関係で、大変なのに『沖縄の歌』と聞いて貰える機会だと言うことで引き受けてくださっています。若手のミュージシャンを東京、大阪へ紹介することもされています。
島唄など、聞かれるようには成ったものの沖縄の歌としては・・・どちらかと言えば、沖縄周辺島の歌だそうで、確かにビギンや、元ちとせさんらの音楽は、宮古島や八重山と言ったところを発祥とするものです。
わたしも山城さんの番組に接するまでは、「てぃんさぐぬはな」などが沖縄の歌だと認識していました。そこで沖縄には宮中の音楽と、民間の労働歌の流れの2つがあることを知りました。また沖縄には東京、大阪のレコードレーベルと並ぶほどの数が存在し、録音やレコードは戦後ほとんど紹介されないまま出来ているそうです。
言葉は分かりづらいと言うよりも、何を歌っているのかが分かりません。解説されない限り、洋楽やクラシックのようにもいかない歯ごたえです。侮れない刺激がまだまだある、『沖縄音楽が聴かれていない』と思われるのが感じられます。
歌が廃れたのなら仕方も無いけど、たくさんのコンディションの良いSPレコードが充分にあるのだから活かさない手は無いと思います。
テレビでは『テンペスト』やら、沖縄の歴史背景を学べるのに、その時代の音楽は使われないでアニメの音楽のような効果音的な音楽が流れるだけ、テレビ番組、映画音楽を担当するのならせめて時代の沖縄音楽を取材して作曲して欲しい。望んではいけないことなのでしょうか?
6月のコンサートが楽しみです。
と言う次第で、2月26日は内容を急遽変更。

第286回蓄音器でレコードを楽しむコンサート

開催日時 2012年2月26日 午後1時30分
会場 熊本市立熊本博物館 2階研修室1階特別展示室

第1部 クラシック 生誕150年の作曲家シリーズ
ドビュッシー作曲 ヴァイオリン・ソナタ、子供の領分

亜麻色の髪の乙女、月の光・・・ドビュッシーのピアノ音楽は昭和の音楽を楽しむ様な親しみやすさがあります。愛娘のシュシュのための『子供の領分』は、大人が子供に弾いて聴かせるピアノ曲。第4曲の『雪は踊っている』は雪をまだ観たことの無い子供に、両親の美しい想い出を語って聴かせているようです。コルトーの語りかけるようなピアノを味わいましょう。

 

第2部は、珍盤特集となりました。曲は何が聴けるか、お楽しみに。

今月と次回の3月は、熊本博物館の一階特別展示室を利用できる模様です。音響条件も良いし、大型の蓄音器で聴き愉しんで頂けます。

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期盤LPレコード通販サイト:市政だよりの発表は変更になりました via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • ベートーヴェンよ、モーツァルトを奪い返せ☆リリー・クラウス(pf) / ベートーヴェン:ピアノ・ソナタNo.8《悲愴》、No.21《ワルトシュタイン》 http://amzn.to/mw7M2c2011年6月18日 ベートーヴェンよ、モーツァルトを奪い返せ☆リリー・クラウス(pf) / ベートーヴェン:ピアノ・ソナタNo.8《悲愴》、No.21《ワルトシュタイン》 http://amzn.to/mw7M2c 伯爵からモーツァルトの奪還を命じられて、ベートーヴェンはボンを旅立った。目的地はウィーン。そこには時代の寵児、ハイドン兄弟が待ち受けている。兄ヨーゼフと弟ミヒャエルの二人の手中に、至宝モーツァルトのハートが囚われている。見送った伯爵の名はヴァルトシュタイン。エラール製の最新式の武器を贈られたベートーヴェンは、作曲した渾身のミッションに伯爵の名前をつけた。 […] Posted in blog
  • バスチーユのワルキューレ2010年9月12日 バスチーユのワルキューレ バスチーユのワルキューレが、今(2010年9月12日)NHK-FMで放送中です。 第一幕では、ジークムントを歌うロバート・ディーン・スミス、ジークリンデを歌うリカルダ・メルベトの2人共に好調。バイロイト音楽祭での上演でのお馴染みのコンビだけに歌唱は安心して聴けます。 指揮はアルミン・ジョルダンの息子。父親譲りを感じさせるほどフランス流のワグナーと言ったら他を凌いでいますよ […] Posted in 未分類
  • 良プレス盤☆フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://amzn.to/nJwhUZ2011年7月25日 良プレス盤☆フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://amzn.to/nJwhUZ 例えば、例えば。英DECCAのオリジナル盤「SXL」の規格盤は、「SDD」の廉価規格盤もあるのですが午前中に「SXL」盤をプレスして、午後に「SDD」盤をプレスしていた時期があると英DECCAレコードのプレス工場で働いていた工員が語っていたと言います。現在の日本に当てはめれば3,000円のCDと1,000円のCDが同じに生産されているといった感じ。イギリス流のジョークと捉えて […] Posted in blog
  • 世界怪談名作集 スペードの女王2011年4月17日 世界怪談名作集 スペードの女王 石の客、モーツァルトとサリエリ、黒死病の時代の饗宴、けちな騎士の4編は、モーツァルトの歌劇「魔笛」や「ドン・ジョヴァンニ」にを思わせるところがあります。この4編を書いたのがロシアの文豪、プーシキン。モーツァルトをサリエリが暗殺したという根拠になった小説で、リムスキー=コルサコフが短いオペラにしています。映画「アマデウス」はこの「モーツァルトとサリエリ」からアイデアを借りている […] Posted in blog
  • ビートルズニュース☼ビートルズのサイン入り楽器など120点、アルゼンチンで競売へ2011年10月6日 ビートルズニュース☼ビートルズのサイン入り楽器など120点、アルゼンチンで競売へ ☼アルゼンチンに住むビートルズのファンが、これまで集めてきたビートルズ関連のコレクション120点以上を、今月13日に競売にかける。 […] Posted in blog
  • 爛漫、春。 http://ow.ly/42pB12011年2月26日 爛漫、春。 http://ow.ly/42pB1 白梅がお隣で、突き当たりのお宅では紅梅が花咲いているのを夕べ目にしました。今日は失念していました。明日出かける前にゆとりを持って少しでも撮影して楽しみたいと思います。天気は下り坂、雨になるらしいのは気がかりです。 […] Posted in blog