コアなファン向けの録音●カーゾン、ボールト指揮ロンドン・フィル ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番

通販レコードのご案内情緒に流される「曖昧さ」のない演奏はカーゾンのモーツァルトの名演と重なる。

GB DECCA LXT5178 カーゾン&ボールト ラフマニノフ・ピアノ協奏曲2番《英オレンジ銀文字盤》GB DECCA LXT5178 カーゾン&ボールト ラフマニノフ・ピアノ協奏曲2番 イギリスが生んだ20世紀最高のピアニストのひとりであるサー・クリフォード・カーゾン。
 音楽の内面だけを純粋に追求したその姿勢が一見地味であったために、わが国ではあまり広くは知られなかったようですが、欧米ではいまだに高い評価を保ち続けています。
 彼が1950年代に録音したチャイコフスキーとラフマニノフの二大名ピアノ協奏曲でも、他の追随を許さない独自の境地を示した、孤高ともいえる演奏を繰り広げています。

録音:1958年ウィーン、ゾフィエンザール。優秀録音、名盤。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

Clifford Curzon , The London Philharmonic Orchestra Conducted By Sir Adrian Boult, Rachmaninov ‎– Piano Concerto No.2 In C Minor ‎– Decca ‎– LXT 5178

レコード番号
LXT5178
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ
演奏者
クリフォード・カーゾン
オーケストラ
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
エイドリアン・ボールト
録音種別
MONO
ORANGE WITH SILVER LETTERING, MONO FLAT 1枚組(190g), Release 4.56, Stamper 3A/4A。

販売レコードのカバー、レーベル写真

GB DEC LXT5178 カーゾン&ボールト ラフマニノフ・ピア…
GB DEC LXT5178 カーゾン&ボールト ラフマニノフ・ピア…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX+
製盤国
GB(イギリス)盤
Decca ffrr Silver inner-groove》英国 DECCA ffrr 録音LP、LXT ナンバーのオリジナル。1958年頃までのプレスで、オレンジ地に銀文字の『内溝』タイプ。耳マークがあります。音場型のステレオ盤に比べてモノラルは音像型。総じてモノラル盤の音質はステレオ盤より中低音域が厚く、コシがあるので同じ演奏のステレオ盤より明らかに好ましいものも少なくない良い音です。また、こうしたモノラル盤は単にモノーラルになっているだけではなく、ステレオ盤とは別にセッション録音したのがあります。
 モノーラル盤はステレオ盤より力感があり、そこはブルーノートのモノラル盤と共通していますが奥行きでオーケストラの存在感を出している点で、わたしはオレンジラベル盤が好きです。

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは品番 / 34-20725
販売価格3,850円(税込)


初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
クリフォード・カーゾンは1907年、ロンドン生まれのピアニスト。1982年没。著名な作曲家ケテルビーを叔父にもつ。13歳で王立音楽院に入学し、在学中の17歳の時に大指揮者ヘンリー・ウッドに見だされ彼が創設したプロムナード・コンサートに10回も出演。その後ドイツへ渡りアルトゥール・シュナーベルに師事。1939年には米国デビューも果たし、欧米を股に掛け活躍した。師匠譲りのモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト演奏で高い評価を得た。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


こちらの記事もどうぞ