これ以上は望めないと思えるほどの熟達した演奏◉メニューイン、アーヴィング ドリーブとショパンの名作バレエ

通販レコードのご案内華やかな中に、軽やかなバレエ独特のリズム感をふんだんに取り入れた演奏で小気味好いことこの上ない。

JP 東芝音楽工業(赤盤) AA8237 アーヴィング/メニューイン/フィルハーモニア管 ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」「シルヴィア」/ショパン 「レ・シルフィード」《赤盤, 重量盤170g》JP 東芝音楽工業(赤盤) AA8237 アーヴィング/メニューイン/フィルハーモニア管 ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」「シルヴィア」/ショパン 「レ・シルフィード」 黎明期の英EMIのヴァイオリンものは、必ずと言っていいほど、この英国に帰化してサーと男爵の称号を得たメニューインが登場する。戦後同世代のハイフェッツらと共にバイオリニストとして名声の頂点をきわめた、その証左として膨大な音源が英EMIに録音した。
 アーヴィングは約30年間ニューヨーク・シティ・バレエで音楽監督を務めた一流のバレエ指揮者。とりわけリズムの切れがよく、特に「コッペリア」など弾むような軽妙さで溢れている好演している。
 バレエ音楽といえば誰もが最初に思い浮かべるのが、レオ・ドリーブ(1836年 ― 1891年)の「コッペリア」と「シルヴィア」ではなかろうか。19世紀に入ってバレエは、技術的に大いに進歩したが、一方では、単なる見世物的要素の強い“芸当”に終始していた。それを、芸術性の高い音楽を付けることによって、バレエ自体を高めることに成功したのがドリーブであり、“バレエ音楽の父”とも言える所以なのである。
 その思想は『「音楽はバレエのテキストと密接に結びついたものでならない」「劇的な興味を犠牲にして、単に踊り手の技術の見せ場として舞曲がならべられ、音楽がその拍子とりであってはならない」・・・』(吉田徳郎氏、日本盤LP:東芝EMI EAC‐30095 のライナーノートより)など、今考えれば当たり前の考えであっても、当時のバレエ界にとっては画期的な考えであり、丁度、モーツァルトやグルックがオペラで果たしと同じ役割を、ドリーブはバレエにおいて実現させたと言うことができよう。
「コッペリア」「シルヴィア」は、そんなドリーブの真骨頂が遺憾なく発揮されたバレエ音楽の名曲として、現在も多くのファンを魅了して止まない。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
AA8237
作曲家
レオ・ドリーブ フレデリック・ショパン
演奏者
ユーディ・メニューイン
オーケストラ
フィルハーモニア管弦楽団
指揮者
ロバート・アーヴィング
録音種別
STEREO

販売レコードのカバー、レーベル写真

JP 東芝音楽工業(赤盤) AA8237 アーヴィング/メニューイン…
JP 東芝音楽工業(赤盤) AA8237 アーヴィング/メニューイン…

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
JP(日本)盤
東芝EMI前身東芝音楽工業製(赤盤), STEREO 重量盤170g, 編集の為 2YJ 国内スタンパー使用していますがマスターテープ其の儘刻まれているような最高のオーディオファイル盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは品番 / 34-21884
販売価格3,300円(税込)

 英仏盤のみならずこの東芝音楽工業時代に制作・録音された時代と同じ空気を感じられるのが初期盤収集の楽しみ。アナログ的で引き締まった密度のある音と音色で、楽音も豊か。情報量が多く、対旋律の細部に至るまで明瞭に浮かび上がってくる。高域は空間が広く、光彩ある音色。低域は重厚で厚みがある。オーケストレーションが立体的に浮かび上がる。 モノクロではなくこんなにカラフルで立体的なのは、 さすが初期東芝工業盤、ハンドメイドの余韻が感じられます。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ