インターネット・ライヴまで11時間。4月15日、エマニュエル・クリヴィヌ指揮でベートーヴェンの交響曲がパリからオン・エア。

ベートーヴェンの交響曲は常にドイツ的アイコンにされているけれども、ベネチアン・グラスの輝きを理想とし、シュトラウスの《酒、女、バラ》を好んでいたワグナーの様に、フランス風なベートーヴェンの交響曲は良いものではないかと日頃、わたしは感じています。ギリシャ彫刻の女神の様だと言われるベートーヴェンの交響曲第4番と、奇跡のアンダンテを楽しむことが出来る交響曲第7番が今日のプログラム。とても楽しみです。 http://medici.tv/

Krivine

こちらの記事もどうぞ

  • あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 6/242011年3月29日 あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 6/24 あなたが持つべき156枚・・・第6回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの6枚。ここまでで41枚の紹介です。必聴ではなくて必携のアナログ名盤。今回の6枚は音楽的魅力よりもオーディオ的快感を享受できるセレクションです。内容と価格の比例しているような感じで、マディ・ウォーターズは高額。イギー・ポップとザ・ストゥージズの2枚はアナログプレーヤーを所有しているのなら、CD盤より厚味 […] Posted in blog
  • [今夜のお薦めクラシック]漆原朝子、ベリー・スナイダー シューマン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会 NHK-FM 2011/1/10 19:30 放送。2011年1月10日 [今夜のお薦めクラシック]漆原朝子、ベリー・スナイダー シューマン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会 NHK-FM 2011/1/10 19:30 放送。 孤独の中より生み出された真摯で高貴な、そして純粋な魂の結晶。シューマンは生涯に3つのヴァイオリン・ソナタを書きました。なぜだか生前に出版されることなく、今以て作品の認知度はどの程度のものなのかしら。生誕200年を記念に行われた昨年10月の漆原朝子さんの全曲演奏会は、2010年に行われた日本国内でのクラシックコンサートでも屈指の記録を残しました。成人の日に放送されることは意義深 […] Posted in blog
  • Vienna Philharmonic Orchestra/Daniel Barenboim Bruckner: Symphony No 4, September 20072011年4月13日 Vienna Philharmonic Orchestra/Daniel Barenboim Bruckner: Symphony No 4, September 2007 月曜日の朝にダニエル・バレンボイムがウィーン・フィルと行ったブルックナーの交響曲第4番の録音を手にしてから、繰り返し聴いています。大きなホールでのライヴなので、大味な感じは否めないけれども音楽のフォルムは感じられる良い演奏です。もとより放送録音ではありますし、オーディオ的快感より音楽的高揚があります。第1楽章のあとで拍手が思わず客席に起こっているので余計にそう感じられます。演 […] Posted in blog
  • 12月最初のインターネット生放送: Leonard Slatkin and James Tocco Big Band de la Musique de l’Air2011年11月29日 12月最初のインターネット生放送: Leonard Slatkin and James Tocco Big Band de la Musique de l’Air レナード・スラトキンのアメリカ・・・スラトキンの代表的名演盤と言えば「ルロイ・アンダーソンの作品集」や「チャイコフスキー:くるみ割り人形」やマーチなどの小品集。活動はレコード、CDに渡っての録音も多い。しかしポピュラー名曲集や、アメリカの音楽が注目されるのがかえってクラシック・ファンが意識しないまま過ぎている指揮者、音楽家ではないでしょうか。 […] Posted in blog
  • 値下げ商品ご紹介 – 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 3月24日、在庫あり。オーダー受付中。2012年3月24日 値下げ商品ご紹介 – 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 3月24日、在庫あり。オーダー受付中。 春分の日の翌日、3月21日はヨハン・セバスチャン・バッハの生まれた日でした。音楽の父と呼ばれるのは日本だけのようですが、一般的にレコード音楽で愛好されているのはバッハ以降のバロック音楽。音楽史の上では前期、後期に分けられバッハは後期バロック音楽の感性をなした中心人物。 2012年3月24日、通販サイトで販売中です。 […] Posted in blog
  • §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート2022年1月24日 §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート 世間のコロナ禍をよそに、母は介護施設のディサービスに通い穏やかに過ごしているが、ディサービスに行くことを学校に行くと言う。天気の悪い日は遠足があるのにと残念がる。ケアマネジャーにその話題をすると、以前は天気の良い日に施設の職員が近所の公園に連れて行くということがあったようだが、このコロナ禍。きっと退屈でディサービスの日を遠足と思い込んでいるようだ。どこかに連れて行ってあげよう […] Posted in 新型コロナウイルス, OYAG SOUND