成長の苦しみでしょうかねぇ? POSTEROUSが 503エラーで30分ほど、アクセスできませんでした。

宵に成ってから更新したエントリーのイメージだけがブログに表示されなくて、慌てました。更新した時点で、イメージ・ファイルはFlickrにもアップされていたので復旧させることは難しくないことですが、びっくりしました。POSTEROUSサーバーの503エラーで済んだようです。ひとまず安心!

Enjoy Posterous with Me !!

完全にアクセスできなくなる直前に一時的に次のようなメッセージがあったのは、少し気になるところ発信のバックアップ態勢を考えておく必要もありそうです。

We’ve been emailed about this problem and hopefully we’ll be able to fix it soon. Posterous requires cookies, so if you’ve disabled cookies, you may see this error. Re-enable cookies and try again.

こちらの記事もどうぞ

  • ブラームス:ピアノ協奏曲No.1 ルービンシュタイン(ピアノ)、メータ指揮イスラエル・フィル http://ow.ly/4JtvV2011年4月29日 ブラームス:ピアノ協奏曲No.1 ルービンシュタイン(ピアノ)、メータ指揮イスラエル・フィル http://ow.ly/4JtvV 英DECCA盤。1976年、ルービンシュタイン89歳の時のライヴ録音ですが各誌で推薦盤となっていて、バックのメータの指揮についてはルービンシュタイン自身が高い評価を与えています。『それは忘れがたいものだった』と・・・・。録音は76年のDECCAだけに、もちろん優秀。 http://ow.ly/4JtvV 【協奏曲】 レーベル:英 DECCA […] Posted in blog
  • [FMお薦めクラシック番組]ウェルザー=メストのドン・ジョヴァンニ 2011/2/13, 14:00 NHK-FMでオン・エア2011年2月13日 [FMお薦めクラシック番組]ウェルザー=メストのドン・ジョヴァンニ 2011/2/13, 14:00 NHK-FMでオン・エア 小澤征爾さんの後を受けて、ウェルザー=メストさんが本格始動!新しいプロダクションと成った《ドン・ジョヴァンニ》の放送が、2011/2/13 14:00 オンエア!《ドン・ジョヴァンニ》の音楽って、モーツァルトのオペラの中ではヴァレンタインにしっくり合うと感じているのはわたしだけでしょうか? Mozart-Da Ponte, Don Giovanni. Wiener […] Posted in blog
  • 第63回きらクラDONの答は2013年10月17日 第63回きらクラDONの答は チャイコフスキー作曲バレエ「くるみ割り人形」から花のワルツの冒頭。ニアピン賞が楽しみで、似ている曲も考えてみると同じチャイコフスキーの「眠れる森の美女」オーロラ姫が登場する主題に似てませんか。そこで気がついたことですが楽器編成、音の響きも頼りにしていること。これ、ピアノで出題されたら分からない曲だらけになりそうです。 […] Posted in blog
  • 映像の中のクラシック名曲「総理の密使〜核密約42年目の真実」で、ワーグナー作曲トリスタンとイゾルデの《愛の死》が冒頭で使われていました。 #tbs2011年2月21日 映像の中のクラシック名曲「総理の密使〜核密約42年目の真実」で、ワーグナー作曲トリスタンとイゾルデの《愛の死》が冒頭で使われていました。 #tbs 沖縄はアジア最大の核爆弾の保管庫だった。『沖縄が戻ってきて、ようやく日本の戦後は終わる。」・・・是正はそれから初めても遅い事はないと言う事が、戦後の大人たちの優先目的だったようですね。色んなところで『日本の戦後が終わる』為に頑張った人たちが居たのは、その人だけではなく、その人の後ろに同じ思いの大人たちがたくさんいたからじゃないかしら?荒廃した街を見回して、幼い子供たちに日本に […] Posted in blog
  • うぐいす・・・ですよね?2011年2月15日 うぐいす・・・ですよね? うぐいす・・・ですよね? 今年初めての出逢いです。 玄関を開けたら、大慌てで向かいの樹に飛んでいきました。 ホーホケキョ・・・とはまだ鳴けないようです。 ぎゃぎぎゅぎぇぎょっ、って木の枝に すがりつくようで、哀れでした。 知っていたなら、そっと扉を開けたのに まだまだ、畏れるものがたくさんあるのでしょうね。 […] Posted in blog
  • 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第277回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内2011年5月13日 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第277回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 毎月第4日曜日を原則(12月と1月は第3日曜日)に継続してきた「蓄音器でレコードを楽しむコンサート」は、5月例会では生誕200年に今年なるフランツ・リストの管弦楽曲と3つのピアノ名曲を前半で聞きます。後半は人気の『昭和歌謡大全集』。参加者はいつもより増えると推測しています。会場は熊本博物館の特別展示室で大型蓄音器を使います。 […] Posted in blog