Release News≫ビリー・ジョエル、ソロ・デビュー40周年 ポール・マッカートニー共演の奇跡の夜が遂にDVD化!

M_82002282

今年2011年はビリー・ジョエル(Billy Joel)ソロ・デビュー40周年という記念すべき年。2月9日には自身の選曲による初のバラード集『ビリー・ザ・バラード』を発売し絶好調のビリー・ジョエルですが、4月には40周年記念の大本命であり、自身のライヴDVDとしてはなんと20年ぶりとなる作品がリリースとなります。 ライヴ・アット・シェイ・スタジアム デラックス・エディション(DVD付)

NYメッツの本拠地シェイ・スタジアムは、1965年にビートルズが史上初の野球場ライヴを行なった場所。2008年に老朽化のため取り壊しが決定したこのスタジアムで、最後のライヴを行なったのがビリー・ジョエルになります。しかもこの公演の最終日にはポール・マッカートニーがロンドンから駆け付け、ポールで幕を開けたシェイの歴史を、ポールとビリーが締めくくるという奇跡的な一夜となりました。

2008/7/16 Last Play at Shea set list

  1. The Star Spangled Banner アメリカ国歌
  2. Miami 2017(Seen the Lights Go Out on Broadway) マイアミ2017
  3. Prelude/Angry Young Man プレリュード/怒れる若者
  4. My Life マイ・ライフ
  5. Everybody Loves You Now エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ
  6. The Entertainer エンターテイナー
  7. Zanzibar ザンジバル
  8. Allentown アレンタウン
  9. The Ballad Of Billy The Kid さすらいのビリー・ザ・キッド
  10. New York States of Mind ニューヨークの想い(w/ Tony Bennett)
  11. Big Man On Mulberry Street ビッグ・マン・オン・マルベリー・ストリート
  12. Root Beer Rag ルート・ビア・ラグ
  13. Movin’ Out(Anthony’s Song) ムーヴィン・アウト
  14. Goodnight Sigon グッドナイト・サイゴン
  15. Don’t Ask Me Why ドント・アスク・ミー・ホワイ
  16. This Is The Time ディス・イズ・ザ・タイム(w/ John Mayer)
  17. Keepin’ The Faith キーピン・ザ・フェイス
  18. he Downeaster Alexa ダウンイースター・アレクサ
  19. Innocent Man イノセント・マン(opening Stand By Me)
  20. Boys Of Summer (w/ Don Henley) ボーイズ・オブ・サマー
  21. She’s Always A Woman シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン
  22. Captain Jack キャプテン・ジャック
  23. Lullabye ララバイ
  24. River of Dreams リバー・オブ・ドリームス
  25. ~A Hard Days Night ア・ハード・デイズ・ナイト(The Beatles)
  26. Pink Houses ピンク・ハウス(w/ John Mellencamp)
  27. We Didn’t Start The Fire ハートにファイア
  28. It’s Still Rock ‘n’ Roll to Me ロックン・ロールが最高さ
  29. You May Be Right ガラスのニューヨーク
  30. Please Please Me プリーズ・プリーズ・ミー (The Beatles)

-Encores-

  1. Scenes From An Italian Restaurant イタリアン・レストランで
  2. Only the Good Die Young 若死するのは善人だけ
  3. She Loves You シー・ラヴズ・ユー (The Beatles)
  4. Piano Man ピアノ・マン(w/ Take Me out to the Ball Game)
  5. Souvenir スーベニア

 

セットリスト SetList
Billy Joel 2008年7月18日 Shea Stadium Flushing, NY

  1. Star Spangled Banner
  2. Miami 2017
  3. Prelude / Angry Young Man
  4. My Life
  5. The Entertainer
  6. Summer Highland Falls
  7. Zanzibar
  8. Allentown
  9. Ballad of Billy the Kid
  10. New York State of Mind (with Tony Bennett)
  11. Root Beer Rag
  12. Goodnight Saigon
  13. Don’t Ask Me Why
  14. Keeping The Faith
  15. The Downeaster “Alexa”
  16. This Night
  17. Movin’ Out
  18. Under The Boardwalk / An Innocent Man
  19. Shameless (duet with Garth Brooks)
  20. She’s Always A Woman
  21. Captain Jack
  22. Lullabye
  23. River of Dreams / A Hard Days Night
  24. Walk This Way (with Steven Tyler)
  25. We Didn’t Start The Fire
  26. It’s Still Rock ‘n’ Roll To Me
  27. My Generation (with Roger Daltrey)
  28. You May Be Right

アンコール1

  1. Scenes From An Italian Restaurant
  2. Only The Good Die Young

アンコール 2

  1. I Saw Her Standing There (with Paul McCartney)
  2. Piano Man
  3. Let It Be (with Paul McCartney)

 

詳細は→ cdjournal.com

こちらの記事もどうぞ

  • がんばらんば日本!!『今夜も生でさだまさし』の特別番組が今晩放送 http://ff.im/-AFF8Z2011年4月9日 がんばらんば日本!!『今夜も生でさだまさし』の特別番組が今晩放送 http://ff.im/-AFF8Z 東日本関東大震災を応援するために、放送スケジュールではなかったのですがNHKのスタジオパークから生放送 がんばらんば日本!!『今夜も生でさだまさし』の特別番組が今晩放送 2011/4/9 0:15-1:55 http://ff.im/-AFF8Z […] Posted in blog
  • 今日は一日“戦後歌謡”三昧 – 2011年4月29日、NHK-FM2011年4月30日 今日は一日“戦後歌謡”三昧 – 2011年4月29日、NHK-FM 祝日にNHK-FMで放送されている「今日は一日○○三昧」。4月29日は“戦後歌謡”でした。リクエストで選曲されているから、キャンディーズの“あなたに夢中”がオンエアされたときには済し崩しにキャンディーズ特集になるのではないかと思いました。でも、14曲が紹介された三橋美智也さんの特集となったのは聴き手の趣向が違っていたという事でし […] Posted in blog
  • 米COLUMBIA MS 6115/バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル/ショスタコーヴィチ:交響曲No.52012年3月19日 米COLUMBIA MS 6115/バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル/ショスタコーヴィチ:交響曲No.5 通販中 【交響曲】 レーベル:米 COLUMBIA レコード番号:MS 6115 ラベル:6EYEラベル、1stラベル 曲目: ショスタコーヴィチ:交響曲No.5 演奏: レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィル 盤コンディション:NM ジャケットコンディション:NM 価格:4,500円(4,725円税込み) […] Posted in blog
  • ぬりえ2010年11月12日 ぬりえ 可愛い表情のミンキーモモが、今日のぬりえです。アニメの印象とは随分違いますね。ぬりえの原画を描いた絵描きさんのイメージはどういうキャラクターのつもりで書いたのかしらね。今日のは細かい線があるから、小さいお子さんには難易度高いかしら。 - from […] Posted in 未分類
  • All in2013年3月17日 All in 『ねぇ、最近おすすめで音も良い盤はどれ?』と問われればまず聴かせちゃう。 ジャンルはブルース・ロックとなっているけど、ロックの王道、ジャズ・ヴォーカル好きも気に入ってもらえるでしょう。 クラシック中心でもぶったまげる歌の良さ。現代の歌曲アルバムとして聴くのもいいだろう。 テイラー・スウィフトはちょっと子供っぽい。ノラ・ジョーンズは地味っぽい。もっとダイナミックで色っぽさがほし […] Posted in blog, Review
  • さて、カーペンターズのデビュー曲って何だろう? http://amzn.to/gB3Vhz2011年3月4日 さて、カーペンターズのデビュー曲って何だろう? http://amzn.to/gB3Vhz 現実逃避として受け取られていて、音楽批評から黙止されたカーペンターズが認識されるのは『遙かなる影 Close to You』のヒットから。反戦ブームとは無縁だった日本では、ビートルズほどのPTAからの反発はなかったことでしょう。そのカーペンターズがデビュー曲として選んだのが『涙の乗車券』、ビートルズのヒット曲でした。 http://amzn.to/gB3Vhz […] Posted in blog