シックでエレガント – AA7241 クリュイタンス・パリ音楽院管 ビゼー・アルルの女&カルメン組曲 – 不朽の定番

芳醇で力に満ち、しかも優雅。そしてクリュイタンスの醸し出す南欧情緒。

ここではすべてが自在にふるまわれているようでいて、つくりものめいた要素は一切ない。ドラマティックとはいえないまでも、誇張がなくて抒情的であり、清潔感を漂わせている。鮮やかな色彩感の表出と、エレガントな棒さばきが端正で、第一級のパステル画を見るような趣が感じられる。このビゼーの代表的な管弦楽曲を収めたアルバムは、日本公演が行われた1964年に録音されたもので、1965年に発売されて以来、カタログから一度も消えたことのない定盤として聴き継がれている名演です。

AA7241(1965年発売)が日本盤LP初出になります。重量盤170g、英COLUMBIA同一スタンパー YLX 直輸入メタル使用盤で再生音の鮮度が高い。

録音に残されたパリ音楽院管弦楽団の古の響き~フランス音楽の体現者クリュイタンス

日本の音楽ファンにとっては、特に1964年4月~5月にかけて行われたパリ音楽院管弦楽団との来日公演が衝撃的で、この時初めてフランス音楽の神髄と粋に接したのでした。かつて存在したパリ音楽院管弦楽団は、サウンドからアンサンブルまで色彩が豊かでニュアンスもあり、まさにフランス的なシックでエレガントな演奏を聴かせていた。
最後の「ファランドール」のカノンなど、左右のスピーカーからはっきりと分離して聴こえるのは、いかにもステレオ初期の録音との思いを実感させられる。ある種の感慨を持たずにはいられぬ名演。1964年1月13日〜15日、パリ録音。

品番34-25662
レコード番号AA7241
作曲家ジョルジュ・ビゼー
指揮者アンドレ・クリュイタンス
オーケストラパリ音楽院管弦楽団
録音種別STEREO
ジャケット状態M-
レコード状態M-
製盤国JP(日本)盤
カルテ(管弦楽)1960年代初頭リリース・当時の「東芝音楽工業株式会社」製レコードは丁寧な造りで英国直輸入スタンパー使っていた所為か、特に赤盤は高音質なものが多い。

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
  • オーダー番号34-25662
  • 販売価格3,500円(税込)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ