古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)オペラの改革を偽名でトライ http://amzn.to/oee22E

昭和の世には音楽学校の生徒は、流行歌を歌うことは禁止されていて吹き込みをするなんて以ての外。藤山一郎さんは小さい弟、妹たちのために流行歌手に成る事を選択。ミス・コロンビアと名乗った松原操なども、レコード会社との専属で作詞、作曲家たちが違うレコード会社の歌手に惚れてあえて歌って貰いたいと別名で提供した策もありました。が、藤山一郎さんほどの歌声は隠しようがなかったでしょう。

バロック音楽の時代、偽名で発表したオペラが大成功したヨンメッリ。NHKでの表記はヨンメルリとなっていますが、名を騰げることよりも作品に対する素直な反応を見てみたかったのでしょう。幼少期のモーツァルトが父親と旅をしながら新しい音楽を学んでいた頃に、このヨンメッリに逢っています。ヨンメッリはソロ歌手の”のど自慢”を引き立てることより物語や脚本に重点を置くことに関心が強くて、伴奏程度だった器楽合奏を充実させ合唱曲も良くしました。グルックのオペラ革新に匹敵するヨンメッリの行ったオペラ改革は、モーツァルトの幼心にしっかりと刻み込まれたようです。 http://amzn.to/oee22E

古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)


解説:今谷和徳 2011年7月27日 NHK-FMで放送
– 18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家 -(3)

「チェロと通奏低音のためのソナタ ト短調」 プラッティ作曲 (10分16秒) http://amzn.to/pLfQGL

(チェロ)ステファノ・ヴェジェッティ
(演奏)アンサンブル・コルディア
Briliant Classics 94007

「聖水曜日のためのエレミヤの哀歌から 第3曲」ヨンメルリ作曲 (24分34秒) http://amzn.to/oee22E

(カウンターテナー)ジェラール・レーヌ
(演奏)イル・セミナリオ・ムジカーレ
(指揮)クリストフ・ルセ
Virgin Veritas 7243 5 45202 2 8

 

「オーボエ、チェロと通奏低音のためのソナタ ト短調」 プラッティ作曲 (12分39秒) http://amzn.to/pLfQGL

(オーボエ)アルフレード・ベルナルディーニ
(チェロ)ステファノ・ヴェジェッティ
(演奏)アンサンブル・コルディア
Briliant Classics 94007

こちらの記事もどうぞ

  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(4)2015年2月5日 協奏曲の魅力(4) 鎌倉幕府の開闢は1192年と答えて、◯をもらうか、△をもらって注釈されるか。教科書が改められるのはやがてでしょうから、これから日本史を学ぶ子どもたちは1185年の開闢だと覚えていくことになる。 音楽の授業では、古楽器演奏やバロック音楽時代の研究が活発で音楽学校ではもはやシビヤなところだろう。 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(3)2015年2月4日 協奏曲の魅力(3) 《ブランデンブルク協奏曲》第4番は、ヴァイオリンと二本のリコーダーによる独奏が聴ける楽曲ですが、ヴァイオリン独奏が目立った感があります。バッハはこの作品を『チェンバロ協奏曲 第6番 […] Posted in Radio and Television
  • バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。2010年10月11日 バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。 バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。バッハはドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。名前から後々にバッハを姓として名乗るようになったのでしょう。当時の音楽家として最高権威に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • 君と歩いた青春。作曲家存命中から愛好されていたメロディー ー 著作権を主張しなかった作曲家は友達に恵まれて大作曲家として今でも愛されている。2016年4月1日 君と歩いた青春。作曲家存命中から愛好されていたメロディー ー 著作権を主張しなかった作曲家は友達に恵まれて大作曲家として今でも愛されている。 友達100人作ること。希望を胸にはじめてのクラシックに良いのがNHKラジオ放送「音楽の泉」の主題曲としてもおなじみ。『楽興の時 第3番』は、シューベルトの存命中から愛好され「エール・リュス」として有名でしたが現代では日常沙汰の著作権には無頓着。死後数多くの作品が残ったのは友人たちが熱心に楽譜を出版してくれた賜物でした。 […] Posted in Radio and Television, Kiracla
  • 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た2013年11月27日 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た バッハも手本にした音楽。ファッシュの作品は残されているものが少ないですが、その音楽スタイルはバロック時代の曲であることを意識させないモーツァルトよりも新しさを感じられるものです。不覚にもイギリスは音楽後進国となったわけですが、ダウランドを生み出した英国の誇りは揺らぎません。 […] Posted in Radio and Television, Review