【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第279回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 お待たせしました“沖縄音楽特集”です。

夏のイヴェントに程良い具合になりました。通常は毎年2月に沖縄から講演に来て頂いていたのですけれども、山城先生のお母様が亡くなられたりで予定が2転、3転。せっかくの沖縄からの来訪、以前は帰郷の飛行機の時間が迫っているからと第1部だけで挨拶もそこそこにとんぼ返りをされていました。それがやがて、沖縄で活動されている演奏家をお連れに成る事が最近は良くあって、例会を丸々お任せする様になりました。

279

会場も音響も良いホール(特別展示室)のやりくりもこのところは難しく、加えて研修室も夏休みの特別教室で埋まってしまっているという。おいおい、毎月第4日曜日はSPコンサートと予定されているはずではありませんか、と言ったところで詮無い事。学芸員の移動などもあって、見落とされてしまった模様です。別館も考えたのですが、そこも熊本城でのイヴェントに使われるという事です。さぁて、困った。

それで数年前に特別イヴェントとして利用もした事が1度ある、プラネタリウム前の展示スペースで開催する事になりました。今年はプラネタリウムが新しい変わったばかり、夏休みに入ったばかりだし“沖縄音楽特集”はぴったりなプログラムでは無いでしょうか。

解説者に島唄のCDプロデュースをされている小浜司さん。そして牧野晃明さんの三味線の生演奏。多くの方に楽しんで貰える内容になりそうです。スペースが狭いので座って聴くゆとりは無いかも知れません。もう、音楽に合わせて踊っちゃうしかないでしょうか。

こちらの記事もどうぞ

  • 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第281回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内2011年9月19日 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第281回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 本曲はフォーレの青年時代の作で新鮮な感覚に満たされており、近代フランスのヴァイオリン・ソナタの中ではフランク、ドビュッシーに次いで名曲とされています。ハイフェッツのヴァイオリン、エマニュエル・ベイのピアノ。その透明な色彩の清楚な演奏をお聴きください。 当例会では珍しい選曲です。 […] Posted in blog
  • [予約受付中]アマデウスクラシックス第30回頒布は10月23日から2011年10月20日 [予約受付中]アマデウスクラシックス第30回頒布は10月23日から 第30回を数えるクラシックのLPレコードの欧米オリジナル盤の頒布。熊本から転地される常連客の方々、県外から来店してくださる方々に、電話やメールで案内をする一方で広く一般に通販サイトとしてブログサイトで案内するようになって、4年目の秋となりました。 昨年に、熊本から全国へクラシック音楽のアナログ・オリジナル盤を通販していた FM-WOODSTOCK.COM […] Posted in blog
  • 熊本の中秋の名月観賞は望めず。龍が駆け抜けていった。2010年9月23日 熊本の中秋の名月観賞は望めず。龍が駆け抜けていった。 名月を撮ってくれよと、ネットフレンドに請われてカメラを手に寝室の窓へ。午後6時、時折遠雷が聞こえていたのですがわずかの間に日没をむかえたような陰りようで東の阿蘇から厚い雲に覆われてしまいました。雨が激しく降り始めたのは撮影を終えて直ぐのことで、カランコロンと雨音に混じってヒョウか、あられでも降っているんじゃないかしらと思うような降り方でした。 […] Posted in 未分類
  • 本場の指揮者でジックリと ― クルツ指揮フィルハーモニア管 プロコフィエフ《ピーターと狼》、サン=サーンス《動物の謝肉祭》2016年1月23日 本場の指揮者でジックリと ― クルツ指揮フィルハーモニア管 プロコフィエフ《ピーターと狼》、サン=サーンス《動物の謝肉祭》 当盤では英国の俳優、マイケル・フランダースが『ピーターと狼』をナレーションしています。加えて、『動物の謝肉祭』ではアビー・サイモンとヘプシバ・メニューインのピアノ。フィルハーモニア管弦楽団の黎明期のオーケストラ・トレーナーたちの中でも、ひと際クルツの演奏は地味だが、なかなかの好演。やや固い締まった響きで音楽の運びはオーソドックスだが独特のバランス感覚を持ち合わせた名演。本来視 […] Posted in Products, Review, 通販レコード, recordsound
  • メールサーバーで遅延発生、お盆明けにメンテナンス。2013年7月14日 メールサーバーで遅延発生、お盆明けにメンテナンス。 梅雨明けしたら連日の夏日。それも尋常を超えている。ネット通販を始めた時のモデルですから、インターネットにつながっている5台のうち最もの古参。恐らく室温の上昇についていけないようで、これが鬼音をたてる時があります。円盤がぐらついているような感じの大きい音で、蝉しぐれと聞き違えそうです。 システムが不安定だからか、暑さで途中のケーブルに障害が出ているのかと思っていましたが、メール […] Posted in blog
  • バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(3)❇CDレビューと評価2010年12月8日 バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(3)❇CDレビューと評価 本来は12月の日曜日に、1曲ずつ聴くカンタータをオラトリオという形にバッハが1つにしたのが「クリスマス・オラトリオ」です。さて、この連作カンタータの第3曲でいよいよイエス・キリストの誕生の奇跡が歌われます。クラシック音楽は、進行との結びつきが深くてバッハはクリスマス・オラトリオに自身の信仰を反映しています。特に第3部の道行きシーンでの音楽は、実際にキリストの誕生に立ち会う場に […] Posted in 未分類