熊本市内はお盆。熊本城前のお堀で精霊流し。

七夕は、七月七日の節句だからと小さい頃に教わったから8月に七夕祭りのあるところがあるのを聞くとなんだか不思議です。全国的にお盆は8月15日。それ以外の日だという地域はどのくらいあるのかしら。熊本は街(市内中心街)は7月15日、郡部は8月15日と入った図式があります。

月曜、火曜、水曜と午後になって雷を伴う夕立。思う様にお墓掃除が片付きませんでしたけれども、お盆期間になってしまったけれども14日に形がついて15日はゆっくりお墓参りをしてきました。

日頃はバスで通過してしまうばかりで、あの店この店様変わりしているなと車窓から眺めるだけ。あちこち見て回っていたらお墓の直前、上の写真を最後にバッテリー切れ。お墓などに物を持っていくのを母に小さい頃注意されていたから、ここでカメラは治しなさいという事なんだろうなと感じてお終いにしました。

15日は市電が繁盛。人手が街へ街へと向かっていきました。熊本城下、アーケード街ではゆかた祭りが行われました。そして、精霊流しも静かに行われました。

故人思い川面に連なる明かり 熊本市で精霊流し 2011年07月15日

 

故人思い川面に連なる明かり 熊本市で精霊流しの写真、図解

熊本城長塀前の坪井川を流れる万灯籠や精霊舟=15日夜、熊本市(野田徹)

熊本市の熊本城長塀前を流れる坪井川で15日夜、精霊[しょうろう]舟や灯籠を浮かべる「精霊流し」があり、夜の川面に明かりが連なり、情緒的な雰囲気を醸し出した。

地元住民や企業などでつくる「熊本城城下町精霊流し市民の会」が毎年お盆に開いている。7回目の今年は東日本大震災の犠牲者慰霊のため主催者が用意した精霊舟10基を含めた計約350基を流した。

辺りが薄暗くなり始めた午後7時15分、長塀前に集まった人たちが、震災や戦争で亡くなった人たちに黙とう。その後、果物や花など供え物を載せた精霊舟や、故人をしのぶ言葉が書かれた灯籠を1基ずつ川に放した。

同市帯山の小野浩志さん(70)は「精霊流しは、この5月に95歳で他界した母の供養の区切り。戦前から家族や日本のために生きた一人として、ご苦労さまでしたと伝えたい」と話した。

精霊舟や灯籠は約1キロ下流で主催者が回収した。

こちらの記事もどうぞ

  • FR PATHÉ MARCONI COLH-93 ALFRED CORTOT – DEBUSSY : Children’s Corner , Preludes Vol.12012年1月10日 FR PATHÉ MARCONI COLH-93 ALFRED CORTOT – DEBUSSY : Children’s Corner , Preludes Vol.1 演奏は歴史的名演。SPレコード"時代"の録音をLPレコードにした、最初のプレス盤です。SPレコードからの復刻という表現には、受取手次第で何かと違うのですけれどもSPレコードも、金属マスターが残っていた時代もありますので、金属マスターを再生して復刻したカザルス盤などLPレコード時代のモノラル録音と遜色ないケースが聴くことが出来ます。 […] Posted in blog
  • SPレコードを聴く ホロヴィッツのショパン① 英アビーロードスタジオ録音盤2010年10月10日 SPレコードを聴く ホロヴィッツのショパン① 英アビーロードスタジオ録音盤 壊れかけのラジオ、ならぬ、壊れかけの大ピアニストと言われたホロヴィッツ。バブルの上り坂だったでしょうか、ピアニストの演奏会としてチケット料金は高すぎたかも知れません。ホロヴィッツのマネージメントがどういう要求だったのかは分かりませんけれども、ホロヴィッツ自身のピアノを演奏会場で使用する条件をクリアするために日本招聘側のコストも大きかったことは確かでしょう。 […] Posted in 未分類
  • オペラ入門の第一歩に◉ヴィントガッセン、ニルソン、ホッター、ショルティ指揮ウィーン・フィル◯ワーグナー・ジークフリート2022年1月13日 オペラ入門の第一歩に◉ヴィントガッセン、ニルソン、ホッター、ショルティ指揮ウィーン・フィル◯ワーグナー・ジークフリート 1950年代後半~石油ショック前70年代前半までの国内初期盤はフラット盤も有り「キングスーパーアナログ盤」並みに180g前後と重く、深溝。ジャケットも丁寧にコーティング。後年再発盤は、時代と共にプレス機の仕様変更、コスト的にも当時の手作り的な手間をかけることが出来ず、ジャケットも簡素な味気ないカラーコピー的作りになってしまいました。音質も、当時の録音はアナログテープでしたから […] Posted in 通販レコード, 名盤サロン, 名曲選, あなたが選ぶクラシック音楽, オペラ
  • 五福公民館施設の利用再開のお知らせ◉第73回蓄音機を楽しむ会のご案内2022年1月12日 五福公民館施設の利用再開のお知らせ◉第73回蓄音機を楽しむ会のご案内 「蓄音機を楽しむ会(第73回)」SPコンサートご案内 日時 令和4年1月23日(第4日曜日) 午後1時30分〜4時 場所 熊本市中央区細工町 五福公民館 2F […] Posted in おしらせ, レコードコンサート
  • バロックの森 -バッハの作品-2010年9月17日 バロックの森 -バッハの作品- 豊穣の海、バッハの音楽の大海を堪能するといっても適えられないことがあります。去勢しているカストラートの歌声が、それです。当時の教会では女性の演奏家は使えませんでした。教会での制限に限らず、モーツァルトが宮廷で活動をしている頃にも去勢した男性が女性役を歌っているのは当たり前のことでした。今では女性ソプラノが歌うのが通常で、当時は男性だったからとカウンターテノールや、ソプラニスタ […] Posted in 未分類
  • バロックの森 -バッハの“フーガの技法”-2010年9月18日 バロックの森 -バッハの“フーガの技法”- 金曜日のバロックの森のカンタータのあとで放送された《フーガの技法》の中核にあるのが、今朝の放送の《コントラプンクトゥス》。バッハの作曲技術の集大成で、音楽の凝縮度が高い音楽です。1940年頃から作曲に着手されました。1942年には最初の12曲が完成されていましたから、40年代後半には出版のめどが立っていたようです。自筆譜として残されている一冊の津刷りの初めの半分は浄書されたも […] Posted in 未分類