あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 3/24

あなたが持つべき156枚・・・第3回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの7枚。リンク先は現在購入可能なアナログ12インチ盤です。マイケル・フレマー氏が選んだ盤は、Led Zepplin: IVの他は入手可能。ジェファーソン・エアプレイン、ジョン・レノン、レッド・ツェッペリンとお馴染みが並んでいます。でも、あなたの所有している盤と同じかチェックしてみましょう。そして「Love: Love (Sundazed)」、「Love: Forever Changes (Sundazed)」の2枚は、知っていましたか?

Lp5134

Classic Rock/Blues/Soul/Folk Reissues

 

16) Jefferson Airplane: Surrealistic Pillow (mono) (Sundazed) ※ロック・ファンを肩書きにしていてよもや知らない人は居ないはずだけれども、ジェファーソン・エアプレイン名義になっているので確認の為のメモ。女性ヴォーカリスト、グレース・スリックを迎え1967年に発表し、大ヒットを記録した傑作2ndアルバムが紙ジャケ化。「あなただけを」「ホワイト・ラビット」といったシングルが全米TOP 10入りを果たしている。レア音源のボーナス収録。ステレオ化もされていますが、擬似的なものですからパンチを求めるならモノ盤で聞いて下さい。

 

17) Led Zeppelin: Houses of the Holy (Classic) ※ツェッペリンのLPは色々なレーベルからリ・イシューされていますが、なかでも評価の高い盤です。ビルボード・アルバム・チャート最高位:1位。『Led Zeppelin IV』の商業的大成功に支えられ、ジミー・ページは1973年に発表した本作ですでに確立していたレコード製作技術にさらなる磨きをかけた。本作は、多様な音作りを楽しませてくれるレゲエやファンクの要素を取り入れる等冒険色が濃く出た第5作目。

 

18) Led Zepplin: IV (Classic) ※リンク先はClassic盤ではありません。

 

19) John Lennon: Imagine (Mobile Fidelity) ※最も入手しやすくて、オリジナル盤よりも所有者は数多いでしょうから話題の多くはこの盤を聴いてのものだと思います。

 

20) John Lennon: Plastic Ono Band (Mobile Fidelity) ※ジョン・レノンのファンがどういう順番で買い進めていくのか把握しかねているのですけれども、後回しになりがちなレコードはこれかも知れません。音の歪んだリ・イシュー盤もあるので注意。

 

21) Love: Love (Sundazed)

 

22) Love: Forever Changes (Sundazed) ※21番と22番のLOVE。日本のアングラバンドのようなのりのジャケットは!って、思った?サイケ・サウンドのグループでビートルズとほぼ同時期に同じような音楽を造り出しています。コンピレーション盤屋、DJがミックスに使った音で意外と耳にしている機会は多いんですよ。面白そうだねって思ったらいい機会です。聴いて楽しんでみてはいかがでしょう?

Lp156-16-22

こちらの記事もどうぞ

  • あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 4/242011年3月14日 あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 4/24 あなたが持つべき156枚・・・第4回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの7枚。リンク先は現在購入可能なアナログ12インチ盤です。マイケル・フレマー氏が選んだ盤はすべて入手可能。ただ、一般的にも知る人の多い Willie Nelson: Stardust (Classic) はプレミエの付いた盤もあるようで1番この7枚のうちでは高額でした。 […] Posted in blog
  • 音楽カレンダー 美しい新潟の想い出 2月18日は、オノ・ヨーコさんの誕生日。2011年2月19日 音楽カレンダー 美しい新潟の想い出 2月18日は、オノ・ヨーコさんの誕生日。 新潟は美しい想い出として、 今でもわたしの頭の中に生きています。 小さい時、雪が降る度に、 母が"新潟はさぞ雪が深いだろうね" と云っていたのを想い出します。 新潟と雪。そのロマンがわたしに、雪の 作品を溢れ造らしたのでしょうか。 オノ・ヨーコ(Yoko Ono、日本名:小野 洋子、1933年2月18日 - […] Posted in blog
  • Release News≫ビリー・ジョエル、ソロ・デビュー40周年 ポール・マッカートニー共演の奇跡の夜が遂にDVD化!2011年3月7日 Release News≫ビリー・ジョエル、ソロ・デビュー40周年 ポール・マッカートニー共演の奇跡の夜が遂にDVD化! 今年2011年はビリー・ジョエル(Billy Joel)ソロ・デビュー40周年という記念すべき年。2月9日には自身の選曲による初のバラード集『ビリー・ザ・バラード』を発売し絶好調のビリー・ジョエルですが、4月には40周年記念の大本命であり、自身のライヴDVDとしてはなんと20年ぶりとなる作品がリリースとなります。 ライヴ・アット・シェイ・スタジアム […] Posted in blog
  • ニューイヤーコンサート ウィーン・フィルと蜜月にあるメータの軽やかなシュトラウスを聴く。2015年1月1日 ニューイヤーコンサート ウィーン・フィルと蜜月にあるメータの軽やかなシュトラウスを聴く。 1939年に開始されたウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。NHKでは1984年から毎年テレビで衛星生放送を実施しており恒例行事として世界で最も多くの人が同時に試聴するコンサートである。2015年の指揮台に立つのはズービン・メータ。1990年に初めて指揮して以来、1995、98、2007年に続き5回目の登場となる。 […] Posted in blog, Radio and Television
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く2015年1月24日 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く 25日日曜日午後、今年最初の蓄音器コンサートを開催します。 曲はベートーヴェンの田園。 SPレコード時代から田園の名演奏としてスタンダードにまでなった録音です。この曲は欄外に記したように、ロマン派の標題音楽の先駆をなす交響曲と言われてもいます。 でも、文中の核とした通り、自然の描写ではなく自然に接してベートーヴェンの中から沸き上がる感謝の気持から生み出されたものという見方 […] Posted in blog, Concert
  • あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 2/242011年3月4日 あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 2/24 あなたが持つべき156枚・・・第2回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの7枚。リンク先は現在購入可能なアナログ12インチ盤です。マイケル・フレマー氏が選んだ盤は、内4枚が入手可能。アナログ名盤なんとかとリストされているものをCDで聴いて、聴いたつもりになっていませんか。そして、いずれも初発オリジナル盤ではないことも注目。ピーター・ガブリエルの2枚は、いずれもリ・イシューで […] Posted in blog