蓄音器でSPレコードを鑑賞しての感想

熊本市立博物館で第4日曜日に開催してきた、蓄音器でレコードを楽しむコンサート。初回から25年を迎え、開催会場を五福まちづくり交流センターに変更。さる4月28日に初回を実施。集まりが心配でしたが、中会議室のほぼ全席が埋まりました。ご来場を頂いた多くのフォロワーに感謝いたします。
そして5月3日に、新規参加者からメールをいただきました。以下、メールからの引用をしながら振り返ってみましょう。蓄音器

先日の五福公民館でのSPコンサート、ありがとうございました。

次回はクライスラーとルップの盤で、ベートーヴェンのソナタ第1番と第2番を用意します。
開催は、5月19日になりました。第4日曜日原則ですが、5月の第4日曜日が五福小学校の運動会の日と重なり、音楽鑑賞どころではない賑わいとなることが予測出来ます。

椿姫の第三幕の前奏曲は素晴らしくて、帰宅後、カラヤンの間奏曲集をすぐに聴く羽目に成りました。
聴きたくなってしまったのです!
SPで聴く弦の音はなかなか雰囲気のある質感で良い感じでした。

大型の蓄音器で聞ければまた違ったことでしょうが、

ズンと響く低音は聞くことは出来ないのが残念ですが、音楽のまとまりに不自然さは、
あまり感じられませんでした。

状態の良い保存だったのでしょう。録音した音からもまとまりの良さが感じられました。数日中に、YouTubeに公開予定です。

カラヤンの間奏曲集の第一曲とも、聴き比べてみました。スカラ座の椿姫上演を封印させてしまったというカラヤンの世紀の失敗。ゲネプロ録音はCD化されましたが、まだ聴いたことがないので正規録音として制作されていたら、今回のSP盤と趣旨は同じ方向のものではなかったかと思います。

解説者の方(会長さんでしょうか?)とお話できたのは収穫でした。会員に入れてもらえましたので
今後は遠慮なくいけると思いますので、(勝手知ったる五福町です!)時間がありましたら参上いたしたいと思います。

小出会長の話では、間奏曲は当時高い評価を得ていたということでした。ご都合が良い時にはご来場、よろしくお願いします。

こちらの記事もどうぞ

  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く2015年1月24日 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く 25日日曜日午後、今年最初の蓄音器コンサートを開催します。 曲はベートーヴェンの田園。 SPレコード時代から田園の名演奏としてスタンダードにまでなった録音です。この曲は欄外に記したように、ロマン派の標題音楽の先駆をなす交響曲と言われてもいます。 でも、文中の核とした通り、自然の描写ではなく自然に接してベートーヴェンの中から沸き上がる感謝の気持から生み出されたものという見方 […] Posted in blog, Concert
  • ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く2015年1月11日 ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く 私共の SP コンサート振り返ってみますと 1988 年(昭和 63 年)5月から市立熊本博物館で始まり約 25 年間にわたって毎月一回、299 回まで経続けいぞくして行って来ましたが博物館の大改装に伴う閉館(平成 25 年3月)のため、やむを得ず 2013 年(平成25年)4月からは場所を市立五福公民館に移し「蓄音器を楽しむ会」として第一回発足、今回で1年 10 ヶ月( […] Posted in blog
  • モーリッツ・ローゼンタールのレコード2014年9月10日 モーリッツ・ローゼンタールのレコード 特にこのローゼンタールのような系譜に属するピアニストの演奏は「プロのピアニストとして身を立てていくのだ」と決意した人以外は、なるべく多くの演奏や作品を聴くべきと思います。このようなピアニストの演奏を聴くだけでも、ピアノを楽しむ人にとっては何らかのプラスがあるでしょう。 […] Posted in blog, Concert, Piano
  • フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルによる《グレート》を本会で初めての蓄音器を通して聴いてみましょう2013年12月22日 フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルによる《グレート》を本会で初めての蓄音器を通して聴いてみましょう 写真は1952年の撮影。シューベルトの交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」。LP レコードで絶大な評価を得ている録音ですが SP […] Posted in blog, Concert
  • 無料コンサート 下半期は、シューベルトの名曲、名演盤と、熊本の歌を特集します。2013年11月17日 無料コンサート 下半期は、シューベルトの名曲、名演盤と、熊本の歌を特集します。 昭和20年後半から30年代にはシューベルトのレコード録音が活発にありました。有名な録音なのにLPレコードの時代に再録音されたためやステレオ録音の名盤があるためにSPレコードでだけで聞くことができる忘れられた演奏家の音盤も少なくありません。その若鮎が跳ねるような音楽に心なごまされていた人達も多かったのではないかしら。 […] Posted in blog, Concert
  • 僕は全世界を抱きしめるだろうに!2013年7月23日 僕は全世界を抱きしめるだろうに! ベートーヴェンの耳の病は、話が聞き取れないで筆談をしてる相手の後ろでピアノを弾いていた弟子に、「そこはおかしい」と注意したと言います。対話をしようとしていた相手は気分を害したことでしょう。また、ピアノに噛み付いて音を聞いていたと言うから居合わせた人はとんでもないのを見てしまったと怖がったことでしょう。 […] Posted in blog, Review