UK DECCA SET-468 ANSERMET, NEW PHILHARMONIA – STRAVINSKY: THE FIREBIRD – http://amzn.to/qOiNYJ

UK DECCA SET-468 ANSERMET, NEW PHILHARMONIA STRAVINSKY: THE FIREBIRD

 

【管弦楽】UK DECCA SET-468 / ANSERMET, NEW PHILHARMONIA ORCHESTRA – STRAVINSKY: THE FIREBIRD – http://amzn.to/qOiNYJ

  • レーベル: 英 DECCA
  • レコード番号: SET-468
  • オリジナリティ: FFSSスモール・ラベル、1stラベル

曲目

ストラヴィンスキー:「火の鳥」、リハーサル付き

 

演奏

  • 指揮:エルネスト・アンセルメ
  • 管弦楽:ニューフィルハーモニア管弦楽団

 

こちらの記事もどうぞ

  • オーディオファイル必聴!! 魅惑の低音美空間が表出する! カリスマ、ソルリーマ登場 インターネット生中継は2時間後 http://jp.medici.tv/2011年11月19日 オーディオファイル必聴!! 魅惑の低音美空間が表出する! カリスマ、ソルリーマ登場 インターネット生中継は2時間後 http://jp.medici.tv/ アナログ録音が優れている、デジタル録音が優れている。CDが登場して、早30年。その質問への答えは既に当時のオーディオファイル、音楽ファンは結論を得ていました。 […] Posted in blog
  • チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh2011年4月15日 チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh 春の訪れを喜ぶ様なチェロの協奏曲。もちろん秋の静かな宵にしみじみ心に染みる時もありますが、エルガーのチェロ協奏曲が秋にはふさわしいしみじみさではないでしょうか。米コロンビアのセルの録音は乾燥していると言われる評価が少なくなくて、セルの音楽自体が固く乾いた音楽だと思い込んでいませんか。そうした向きにはベルリン・フィルのセルを聴いて思いを新たにして頂きたい。 […] Posted in blog
  • 夜の熊本城 2011/02/012011年2月2日 夜の熊本城 2011/02/01 夜の熊本城。桜祭りのシーズンなどでライトアップされている時と違って、今の時期は上手く撮れない。肉眼では分かるのだけれども、距離感ははっきりしない。熊本城の築城マジックです。 http://amzn.to/endHN7   […] Posted in blog
  • バロックの森 -バッハの“フーガの技法”-2010年9月18日 バロックの森 -バッハの“フーガの技法”- 金曜日のバロックの森のカンタータのあとで放送された《フーガの技法》の中核にあるのが、今朝の放送の《コントラプンクトゥス》。バッハの作曲技術の集大成で、音楽の凝縮度が高い音楽です。1940年頃から作曲に着手されました。1942年には最初の12曲が完成されていましたから、40年代後半には出版のめどが立っていたようです。自筆譜として残されている一冊の津刷りの初めの半分は浄書されたも […] Posted in 未分類
  • 夕食 – コチを煮ました。一緒に煮たのが大根だけなので色あわせ淋しいけど。2011年3月8日 夕食 – コチを煮ました。一緒に煮たのが大根だけなので色あわせ淋しいけど。 コチは年間を通して捕れるお魚で、鍋物に多い。でも、東風という感じをイメージするので春、そして初夏が近くなったなぁとわたしは感じる魚です。そして「コチの頭は嫁に食わすな」という言葉もあるようで、食べられる部分は無いようなものだけど頬肉がとても美味しいそうです。 […] Posted in blog
  • ぬりえ2010年11月10日 ぬりえ 塗り絵で楽しんで下さい。ミンキーモモを知らない世代も多くなったと思いますけれども、自由なイメージで色をつけて欲しいな。現代っ子は、すぐに検索してオリジナルに忠実に色づけしちゃった方が良いと思うのかも知れないけれども、ネットには時々色を変えたカラーリングが存在しますよ。塗り絵は女の子のファッション感覚を育みます。本来はどういう色だという事よりも、自分に似合う色あわせを試してみよ […] Posted in 未分類