FR PATHÉ MARCONI COLH-92 THIBAUD, CORTOT, CASALS – BEETHOVEN: KREUTZER SONATA, VARIATIONS SUR UN THÈME DE LA FLȖTE ENCHANTÉE http://amzn.to/qe7olN

FR PATHÉ MARCONI COLH-92 THIBAUD, CORTOT, CASALS BEETHOVEN: KREUTZER SONATA, VARIATION

 

【室内楽】FR PATHÉ MARCONI COLH-92 / THIBAUD, CORTOT, CASALS – BEETHOVEN: KREUTZER SONATA, VARIATIONS SUR UN THÈME DE LA FLȖTE ENCHANTÉE http://amzn.to/qe7olN

  • レーベル: 仏 PATHÉ MARCONI
  • レコード番号: COLH-92
  • オリジナリティ: 1stラベル

曲目

ベートーヴェン:クロイツェル・ソナタ、「魔笛の主題による変奏曲」

 

演奏

  • ヴァイオリン:ジャック・ティボー
  • ピアノ:アルフレッド・コルトー
  • チェロ:パブロ・カザルス

 

 

こちらの記事もどうぞ

  • 大津波になった事と関わりはないそうです – 3月19日のスーパームーンは14%大きく30%明るく見える2011年3月17日 大津波になった事と関わりはないそうです – 3月19日のスーパームーンは14%大きく30%明るく見える 月が大接近していて、乱視が入っているわたしの両目では3割以上に思えるでしょう。数日前から三日月が鮮やかと言うか大きく二重に見える様に感じていたのは、数年ぶりの大接近だったのですね。NASAは自然災害とは関係ないと強調しているそうだけれども、月の満ち欠けと海の潮の満ち引きが繋がっている事は女だと感じやすい事だから本能的には影響感じています。 […] Posted in blog
  • Mac OS X のパワーに iPad の魔法を… ライオン! 2011年、夏登場。iPad2とは新OSライオンのことだった!!2011年2月27日 Mac OS X のパワーに iPad の魔法を… ライオン! 2011年、夏登場。iPad2とは新OSライオンのことだった!! 昨年、新OSのアナウンスがあった時には「夏」と聞いて随分先に思えましたけれども、いよいよというか4ヶ月なんてあっという間に来そう。手が届きそうな感じさえします。そして漠然とした期待から、はっきり全体像が分かるレビューがありました。 Download now or preview on posterous […] Posted in blog
  • 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。2011年8月12日 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。天気は曇り空で、朝焼け写真はあきらめました。それでサウンドだけです。キッチンから録りましたので冷蔵庫の音が暗騒音として持続しています。 屋外に出て録音するのよりも屋内から録音する方が、どこで鳴いているか漠然とした対象物の場合は聞き取りやすく録音できます。屋内の物音が入るのはやむを得ないのですが、室内に反響することで集音器効果に […] Posted in blog
  • バッハが悶々とした青年期と決別した大作★マティス、ヘフリガー、リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団 / バッハ:カンタータBWV21《我が心にうれい多かりき》 http://amzn.to/j7ywzM2011年6月14日 バッハが悶々とした青年期と決別した大作★マティス、ヘフリガー、リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団 / バッハ:カンタータBWV21《我が心にうれい多かりき》 http://amzn.to/j7ywzM ヘンデルの《メサイア》の中で優しい調べで親しまれている「子羊こそふさわしけれ」との関係がありそうで興味深いカンタータ。そういう紹介の方が「バッハ青年期カンタータの中で最も壮大な例であり、同時にその時期への決別ともなったもの」とバッハ研究家のアルフレッド・デュルの言葉を引き合いに出すのよりは興味を持って貰えるのではないかしら。バッハのカンタータを管弦楽曲や協奏曲よりは、あれやこ […] Posted in blog
  • 仕事に追われ、忙しいオフィスの情景をユーモラスに描写した ― ルロイ・アンダーソンの《タイプライター》2015年12月18日 仕事に追われ、忙しいオフィスの情景をユーモラスに描写した ― ルロイ・アンダーソンの《タイプライター》 かばんを抱えてステージに登場した奏者が、おもむろにかばんからタイプライターを取り出して支度をするところから楽しいですね。楽器として使うってグッドアイデア。作曲したルロイ・アンダーソンも没後40年と、今年がアニヴァーサリーなんですね。「そりすべり」やクリスマスのメロディーをメドレーにしたボストン・ポップスのために作曲された「クリスマス・フェスティヴァル」など、作曲者を意識してい […] Posted in blog
  • ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手2013年8月17日 ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手 どちらも同じヴァイオリニストであるとは、聞けばすぐに分かるぐらい。40年近い開きはあるので1991年のコンチェルトでは多少張りにかけるヴァイオリンの響きでしたが、そのヴァイオリンの歌い方は同じでした。これだけ性格の出ているヴァイオリニストは特別でしょう。プログラムの中間のリサイタルの音はとても良くて、60年も前の録音だとは驚きです。そして、レコードとライヴがこれほど相違がない […] Posted in blog, Review