色彩感と躍動感にあふれる輝かしい*珠玉の演奏 シャルル・ミュンシュ フランス国立管 ドビュッシー・海、夜想曲

通販レコードのご案内やりたいことを突き詰めたかのような《海》、真昼間のエネルギーを感じさせる《夜想曲》。

FR CONCERT HALL SOCIETY SMS2579 シャルル・ミュンシュ ドビュッシー・海《仏レッド銀文字盤》FR CONCERT HALL SOCIETY SMS2579 シャルル・ミュンシュ ドビュッシー・海 ミュンシュの輝かしい盤歴の中で、数では上位に入る「海」は確認されただけでも10種以上存在しています。1968年11月に亡くなったミュンシュ最晩年の録音であり、複数ある録音のうちの最後を飾る珠玉の演奏です。
 ミュンシュが生涯に取り上げた数多くの曲の中でもとりわけ気に入っていたのがこの「海」であり、最晩年のこの演奏でも老いた感じは一切なく、むしろ溌剌とした表情や、内容を深く抉る彼らしい演奏を聴きとることができます。もちろん水面が穏やかな海では決してなく、水面下に想像を絶する蠕動を湛えたかのような動的な流れを伴った表現は圧巻の一言です。やはりこの真昼間のエネルギーを感じさせる「海」は別格で、やりたいことを突き詰めたかのような、ある意味完遂されたミュンシュの音楽は聴く者を魅了して止みません。フランス国立放送管弦楽団も意図をよく理解し、他のレーベルのスタジオ録音とは違った反応の良さもこの盤も聴きどころでしょう。
 音質的には“コンサート・ホール”の録音自体の質は千差万別とはいえ、弦楽器や管楽器の生々しさや、繊細な響きを本盤では鮮度の高い音で堪能できました。特に当時の管楽器の音色は出色です。押し出しと音の厚みを味わうことができます。フランス・プレス盤、ステレオ録音。仏ADFディスク大賞特別賞受賞(1969年)。

1968年2月パリでのセッション、ステレオ録音。

■CONCERT HALL SOCIETY 原盤

通販レコード詳細・コンディション、価格

Claude Debussy / Charles Münch / Orchestre National De l’O.R.T.F. ‎– La Mer – Nocturnes, Guilde Internationale Du Disque ‎– SMS 2579

プロダクト

レコード番号
SMS2579
作曲家
クロード・ドビュッシー
オーケストラ
フランス国立管弦楽団
指揮者
シャルル・ミュンシュ
録音種別
STEREO
RED WITH SILVER LETTERING, STEREO 1枚組(140g), Syncro-stereo。

販売レコードのカバー、レーベル写真

FR CHS SMS2579 シャルル・ミュンシュ ドビュッシー・海
FR CHS SMS2579 シャルル・ミュンシュ ドビュッシー・海

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
M-
製盤国
FR(フランス)盤

CONCERT HALL SOCIETY》 かつてコンサートホール・ソサエティはオリジナル音源を有し、1970年代半ばまで日本でも会員向けにLPを配布していました。当時レコード会社の契約に縛られていたことにより一定の組み合わせでしかレコーディングが許されていなかった時代において、既存の枠組みを超越した斬新な共演や、シューリヒトや当時新鋭であったブーレーズを含む豊富な指揮者陣、そして独特な制作コンセプトにより瞬く間に世界中で会員が増え、クラシック・レコードのある意味全盛期のひとつを築いたと言ってよいでしょう。しかし演奏の面白さや斬新さと共に良く語られることのひとつに音質(録音)のデメリットがあったのも事実です。エンジニアや機材、ときに場所により左右する音質の非均一さは如何ともし難いものがありました。
 コンサートホール・ソサエティの録音方式は、モノラル、シンクロ・ステレオ、ステレオの3種類があります。シンクロ・ステレオは、モノラル針でも音質がよいというふれこみのステレオ盤です。なお、コンサートホール・ソサエティでは擬似ステレオ盤はないようです。日本で発売されたモノラル盤のオリジナルはステレオ録音でモノラル針で再生できるレコードであることを意味しています。

通販レコード

詳細の確認、特別価格での購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは品番 / 34-16541
特別価格2,420円(税込)
通常価格3,080円(税込)


 ドビュッシー(Claude Debussy)は1862年生まれ。1918年没。フランスの作曲家。印象主義音楽の創始者。ワグネリアンで、マラルメなど象徴派詩人たちと接していた。中世の旋法、5度7度の組み合わせ、全音音階等独創的な音色とリズムを獲得し、ロマン派音楽から脱却、新しい世界を切り開いた。
 ドビュッシーの「夜想曲」(Nocturnes)は、1897年~99年に作曲した管弦楽の組曲です。フランス語のまま「ノクチュルヌ」と呼ばれることもありますが、雲、祭、シレーヌという3つの曲で構成されています。
第1曲 雲(Nuages)は、空の雲のゆっくり流れて消えていく様を描写したもの。「セーヌ河の上に垂れこめた雲」を表すと思われるクラリネットとバスーンが冒頭で汽船の霧笛を思わせる動機ではじまる。中間部でハープを伴って奏でるフルートのメロディーが五音音階で出来ているのが特徴。
第2曲 祭(Fêtes)はスケルツォの性格を持った楽曲で、祭の盛り上がりと祭の後の静けさが描かれています。活発な3連符のリズムが唐突に中断すると、遠くから幻影のような行列が近づいてきます。やがて、祭りの主題と、 行列の主題が、同時進行して溶け合うようになり、主題を回想しながら消え入れる中、トランペットは次の「シレーヌ」の序奏をさりげなく予告する。
第3曲 シレーヌ(Sirènes)では歌詞のない女声合唱(ヴォカリーズ)が加わわり、月の光を映してきらめく波と、ギリシャ神話の水の精シレーヌの神秘的な歌声を表現します。

音楽を物語る ― 超一流芸術家の貴重な遺産、熱狂的な名演、迫力満点の名録音をランキングする時の屈指の決定盤

 ミュンシュは音楽が持っているのストーリー性を、物語の様な視点で語りかけてくる。それが度を越すケースが多いのだけど、熱を持って表現する。ベルリオーズの幻想交響曲とブラームスの第1交響曲でのミュンシュがドライヴするパリ・コンセバトワールの燃焼ぶりは永遠に色褪せることがない。ミュンシュのキャリアはヴァイオリニストからスタートしていますが、若かりし頃、ゲバントハウスのコンマスに就任、その時の指揮者がフルトヴェングラーだった。毎日その巨匠の目の前に座って多くのことを習得したことから、しらずと例の拍子をぼかす内容重視の指揮法はフルトヴェングラーの指揮姿から身につけたものと推察出来ます。ミュンシュは当時ドイツ領だったストラスブルク出身であることから、れっきとしたドイツ人であるがゆえにブラームスなどのドイツモノまで得意としていたのは当然、彼の演奏で聞いても見たかったがバッハも熱愛していた。そのアイデンティティあってこそのベルリオーズなどのフランスモノでの情熱的な指揮ぶり、爆発的な熱気あふれる音楽表現で感動的。
 フランスの名指揮者、シャルル・ミュンシュ(1891-1968)がその最晩年に持てるエネルギーの全てを注いだのが、パリ管弦楽団の創設と育成でした。1967年6月、フランス文化相アンドレ・マルローと文化省で音楽部門を担っていたマルセル・ランドスキのイニシアチブにより、139年の歴史を誇りながらも存亡の危機を迎えていた名門パリ音楽院管弦楽団の発展的解消が行われ、新たに国家の威信をかけて創設されたのがパリ管弦楽団で、その初代音楽監督に任命されたのがミュンシュでした。第2次世界大戦前にパリ音楽院管弦楽団の常任指揮者を務めていたミュンシュ以上にこの新たなオーケストラを率いるのにふさわしい指揮者はおらず、同年10月2日からの綿密なリハーサルを重ねてむかえた11月14日の第1回演奏会は、国内外に新しいフランスのオーケストラの誕生をアピールする大成功を収めたのでした。
 その1年後、1968年11月、パリ管弦楽団の北米ツアーに同行中にリッチモンドで心臓発作のため急逝するまで、ミュンシュは30回ほどの共演を重ねるとともに、EMIにLP4枚分の録音を残しました。

生命の跳躍 ― シャルル・ミュンシュの想い出

生涯の終わりごろ、ブラームスが目も眩むほどの速さでヴァイオリン協奏曲を振りはじめた。そこでクライスラーが中途でやめて抗議すると、ブラームスは「仕方がないじゃないか、きみ、今日は私の脈拍が、昔より速く打っているのだ!」と言った。

 そんな興味深いエピソードを、ミュンシュはその著書「指揮者という仕事」(福田達夫訳)の中で紹介していますが、いまここで音楽を創造しながら、「ああ生きていて良かった!」という切実な思い、光彩陸離たる生命の輝き、そして己の殻をぶち破って、どこかここではない彼方へ飛びだそうとする“命懸けの豪胆さ”が、私たちの心をひしひしと打つのです。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ