美肌になれる音楽●イエペス、アルヘンタ、アロンソ指揮スペイン国立管 アランフェス協奏曲、シャコンヌ

通販レコードのご案内録音のクオリティも非常に高く、各楽器のソノリティが十分に保たれたサウンドは往年のオーケストラの個性的な響きを伝えてくれる。

JP LONDON SLC1457 ナルシソ・イエペス/アルヘンタ/スペイン国立管 ロドリーゴ アランフェス協奏曲/バッハ シャコンヌ《ブルーバック最初期盤》JP LONDON SLC1457 ナルシソ・イエペス/アルヘンタ/スペイン国立管 ロドリーゴ アランフェス協奏曲/ヴィヴァルディ ギター協奏曲ニ長調/バッハ シャコンヌニ短調 スペインの伝説的ギタリスト、ナルシソ・イエペスは、ロドリーゴの《アランフェス協奏曲》を度々発売して、この曲イコール、イエペスと言っていいイメージが付いた。この1958年録音盤の後、1969年から1979年まで20年以上にわたりドイツ・グラモフォンへの録音を行いました。
 マドリード近郊のアランフエスにある歴代の王室の美しい離宮と庭園に思いを寄せ、スペインの過ぎし日の栄華と郷愁を偲ばせるホアキン・ロドリーゴの《アランフェス協奏曲》はなかでも特に、普及に尽力して多く再録音していますが、それらそれぞれに随分オーケストラとギターの音の位置付けが異なっている言を聴いて感じる。指揮者が異なれば要求されることも違うのは当然でしょうが、録音を重ねる度に、この20世紀のギターの名作から新たな魅力を引き出しています。
 結果、20世紀に作曲されたレコード時代のクラシック音楽だということを見誤りそうな存在感を根付かせた。2020年に生誕250年を迎えたベートーヴェンの交響曲演奏スタイルが、250年間かけて変化してきたことを熱心なイエペスの録音で楽曲が発表されて、四半世紀で成した。細部まで仕上がりを重視したアルヘンタの職人芸にも感服する。万人に薦めたい名盤中の名盤だ。
 指揮のアルヘンタは、50年代にはスペインをはじめフランスやイギリスのオーケストラと数多くの録音を残しました。1958年1月に44歳で突然事故死してしまいますが、僅か3〜4年の短い間に残された録音はどれもがスペインの情熱的な魅力一杯の名盤揃い。アルヘンタの人生は短いものでしたが、若くして人気指揮者となっていたため、実用化されて間もないステレオ方式によるセッション録音の対象アーティストになっていたのは幸いでした。
 特にデッカでステレオ録音されたものは元々のクオリティが高く、1955年の『ファウスト交響曲』など、ステレオ最初期のものでありながら、生々しくよく分離した迫力サウンドを楽しむことができます。なかでもイエペスと組んで録音した、本盤ロドリーゴの《アランフェス協奏曲》が、数ある《アランフェス協奏曲》の中でも、作曲家、独奏者、指揮者全てスペイン人と純潔三拍子揃った名盤として群を抜いています。
 アルヘンタは地元でスペイン国立管弦楽団などと録音をおこなう際には、スペイン・コロンビアと契約していましたが、当時のスペイン・コロンビアはデッカと提携しており、デッカのスタッフと機材がスペインまで移動してレコーディングをおこなうことも珍しくなく、そのため、アルヘンタのスペイン物音源には、鮮明なサウンドのものが数多く存在します。録音のクオリティも非常に高く、各楽器のソノリティが十分に保たれたサウンドは往年のオーケストラの個性的な響きを伝えてくれる。
 アルヘンタ以外の指揮者と録音した他曲とカップリングされたレコードも評判ですが、今回のカップリングはオドン・アロンソ指揮のヴィヴァルディ《ギター協奏曲ニ長調》、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ《シャコンヌニ短調》。使用楽器はラミレスの10弦ギターと思われます。独特のつまったような湿った音ですが、響きは十分で音楽運びをギターが主導している。オドン・アロンソ指揮の演奏は、イエペスが技量的に最盛期だった頃の演奏です。「アランフェス協奏曲」もこのオドン・アロンソ指揮のものが一番聴き応えがある。本盤は本当のオリジナル・スペイン・デッカ同一スタンパーを使用している。これを聴いて惚れ込んだら、ちょっとした拘りでスペイン・プレスで手に入れたい。

1958年1月1日スペイン録音。優秀録音、名盤。初発はED1、RECORDING FIRST PUBLISHED 1958、Recorded most probably in 1957. This is one of the few Decca SXLs that have not been recorded by Decca, but, in this case, by Spanish Columbia. Originally released in August 1959.

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
SLC1457
作曲家
ホアキン・ロドリーゴ アントニオ・ヴィヴァルディ ヨハン・セバスティアン・バッハ
演奏者
ナルシソ・イエペス
オーケストラ
スペイン国立管弦楽団
指揮者
アタウルフォ・アルヘンタ オドン・アロンソ
録音種別
STEREO
1965年発売裏面ブルーバック最初期盤LONDON FFSS溝有, STEREO (170g)重量盤, Stamper 本当のオリジナル・スペイン・デッカ同一スタンパー 2E/2E。

販売レコードのカバー、レーベル写真

JP LONDON SLC1457 ナルシソ・イエペス/アルヘンタ/…
JP LONDON SLC1457 ナルシソ・イエペス/アルヘンタ/…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX++
製盤国
JP(日本)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
  • オーダー番号34-25782
  • 販売価格1,980円(税込)


 ナルシソ・イエペスは1927年スペイン生まれ。生活のために弾いていたカフェで、映画監督ルネ・クレマンに見出され、『禁じられた遊び』の音楽担当に抜擢。主題曲「愛のロマンス」が大ヒットして、国際的な知名度を得る。それが機会となり、1947年ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を弾いて評価され、50年のパリ公演で同曲を弾き名声を高めた。この曲を国際的に広めた最大の功労者。のちに特製の10弦ギターを愛用する。ふくよかな演奏が特徴。盛りだくさんで、イエペスの魅力の一端はとにかく堪能できる。それ以上に堪能できるのがギターの魅力だろう。ていねいな音作り、何度でも聴きたい。小さなオーケストラと言われるように、一本のギターから実に豊かな音楽が紡ぎ出されるさまは十分に楽しめる。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ