♪ボヘミアン・ラプソディ●ケルテス指揮イスラエル・フィル スメタナ:売られた花嫁、モルダウ、ドヴォルザーク:スラブ舞曲

通販レコードのご案内永久保存版のケルテスの名盤〜異色のモルダウ

GB LON CS6330 ケルテス スメタナ&ドヴォルザーク「ボヘミアン・ラプソディー」《英ワイドバンド、グルーヴ盤》GB LONDON CS6330 ケルテス スメタナ&ドヴォルザーク「ボヘミアン・ラプソディー」

タイトルがクィーンの名曲と同じですが『ボヘミアン・ラプソディー』収録のロック史上の名盤『オペラ座の夜』の発売は1975年。イギリス出身のポップス・グループ、クィーンのヒット曲『ボヘミアン・ラプソディ』はミュージカル調の音楽で、メドレー風に世界各国の音楽が表現されます。楽曲の歌詞には「ボヘミアン」という言葉は登場しないのが謎だということですが、1973年のウィーン・フィルとの録音セッションの休日に海水浴中に行方不明に成った指揮者、イシュトヴァーン・ケルテスの〝ボヘミアン・ラプソディ〟を聞いているとその〝名曲アルバム〟風でありながら計算された一枚のアルバムとして再構成された力強さを感じます。

収録曲:スメタナ・歌劇『売られた花嫁』から(序曲、ポルカ、フリアント)/スメタナ・交響詩『モルダウ』/ドヴォルザーク・スラヴ舞曲(第1番、3番、8番、10番、9番)
SXL 6024 の番号で 1962 年に発売されて高い評判を得たレコード。曲目からコンピレーションと思って見過ごされることもないオリジナル通りの内容です。

■1962年3月25日〜4月30日テル・アヴィヴ、ハダー・シネマでのジョン・カールショウ、ゴードン・パリー&スタンリー・グッドールによるステレオ・セッション録音。名演、名盤、優秀録音。

通販レコード詳細・コンディション、価格

Israel Philharmonic, Kertesz ‎– Bohemian Rhapsody (The Music Of Smetana & Dvorak)

プロダクト

レコード番号
CS6330
作曲家
ベドルジハ・スメタナ アントニン・ドヴォルザーク
オーケストラ
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
イシュトヴァン・ケルテス
録音種別
STEREO
WIDE BAND GROOVED, STEREO 1枚組 (150g), Stamper 1G/1G。

販売レコードのカバー、レーベル写真

GB LON CS6330 ケルテス スメタナ&ドヴォルザーク「ボヘ…
GB LON CS6330 ケルテス スメタナ&ドヴォルザーク「ボヘ…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
M-
製盤国
GB(イギリス)盤

オペラ録音の金字塔として永遠に聴き継がれる名盤ですが、大切に扱われていたようで盤質に問題ありません。ほぼミントに近い盤です。

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは品番 / 34-24834
販売価格4,400(税込)


普通は序曲しかあまり取り上げられない「売られた花嫁」ですがここでは3曲が組曲風に演奏されています。
さすが、デッカの黄金チームの録音です。プリデュースがジョン・カールショウ、それにゴードン・パリーとスタンリー・グッドールがエンジニア。
この頃のイスラエルフィルは弦が美しくそのシルキーなサウンドが熱く響くのですからまさにケルテス・マジックといっても良いサウンドです。歯切れのいいリズムで良くオーケストラを歌わせ、鳴らしています。とくに第2曲『ポルカ』のティンパニの響きは象徴的で、こういうサウンドもありなのかとびっくりさせられます。これならダンスホールで聞こえてきたら踊れます。
《モルダウ》は交響組曲『わが祖国』の第2曲で、この曲の演奏は組曲全体から切り出した様に前からのつながり、そして後ろに続く印象の演奏も一方に有りますが、単一の音楽だと言われて満足してしまいたくなるカラヤンの《モルダウ》と並ぶ、ちょっと異色の「モルダウ」となっています。リズム感のある演奏で中間部のさざ波のような流れを描写した部分はイスラエル・フィルの弦の美しさが際立っていて聞き惚れてしまいます。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


こちらの記事もどうぞ