夏休み特集 – 電気が無くてもレコードを聴くことができる驚きの発見

地域で蓄音器でSPレコードを聴くことを楽しんでもらおうと会場に隣接する小学校の生徒、その保護者を招くことにしました。それに先駆けて写真は先のデイサービスセンターで蓄音器コンサートを行った時ですが、この時は20曲ほどを用意してリクエストしていただいた曲から聴いていく形式でした。

出前コンサート
8月の無料コンサートに小学校の生徒さんたちを招待する初試みをしました。校長先生も企画を歓迎してくださいまして、現在30人ほどの参加者が見込まれています。運営委員会では学校の授業で学ぶ曲をリストしてもらってレコードを揃えるのが良いのではないかという提案もありましたが、先生方も未知の領域だというので馴染みがあるだろうと推測しての選曲になりました。

夏休み最後のイベントとして夏休みの宿題ででも役立ってもらえばと希望しています。今の小学生の両親となると、もう CD の世代でレコードの記憶も遠いものだったり、全く経験がないという方もいらっしゃるのではないか。授業で糸電話を学んでいれば振動で音が伝わるって仕組みは学習できているかもしれない。

運営委員会ではいろいろな不安が出ました。今回の試みは蓄音器を楽しむ会にとっても冒険となる取り組みです。 これを機会に子供の中に感心を持ってくれることは嬉しいし、両親の中から例会参加の常連が出てくることに期待をしている次第です。

第一部 クラシックの親しみ易いプログラムです。

これまでクラシックの持ち時間が余った時に楽しんでいただいた親しみやすい曲を集めました。それも授業で学んでいたり小学生でも知っている曲だと思います。

曲順曲目作曲家演奏
1ユーモレスクドヴォルザークラジョス・キスミット・オーケストラ
2庭の千草ムーア作詞中村淑子
3この道山田耕筰宮川美子
4浜辺の歌成田為三チェロ独奏 マレシャル
5からたちの花山田耕筰チェロ独奏 フォイヤーマン
6ます(鱒)シューベルトマリアン・アンダーソン
7セレナーデハイケンスウィーン・サロン・オーケストラ
8ビビディ・バビディ・ブー音羽たかし作詞江利チエミ
9ハレルヤモーツァルトジェラルディン・ファーラー
10ライムライトチャップリンビクター・ヤング・オーケストラ

こちらの記事もどうぞ

  • エドモン・クレーマンのレコード2014年7月26日 エドモン・クレーマンのレコード クレーマンの『マノンの夢』ほど、旧盤レコード・コンサートで感動を誘うものは無い。ファーラーも、メルバも、カルーソーも、タマニョも聴き尽くしたあとで、このレコードを聴かせると場内は殆ど夢見るような空気に籠められ、静かな、浄化された一種不思議な感動に誘い込まれるのである。 「あゝ、クレーマンの『夢』は矢張り一番良かった」 そういう囁きを私は幾度となく聴いて居る。これは実に不思議 […] Posted in blog
  • ♥ニューアルバム「Empty Box」配信中 ― 自分がすごいミュージシャンなんじゃないかと勘違いしそうです2022年1月14日 ♥ニューアルバム「Empty Box」配信中 ― 自分がすごいミュージシャンなんじゃないかと勘違いしそうです 今回サウンドプロデュースをしてくれた佐藤信二氏は、わたしの音楽を、びっくりするほどかっこよく変化させてくれました。自分がすごいミュージシャンなんじゃないかと勘違いしそうです(笑)このアルバムは、ノリノリではありませんが、きっと皆さまに寄り添う音楽たちになっていると思います。是非、たくさんの方に聴いていただきたいです。本当に、すっごい音です。 […] Posted in Download, ニュース
  • あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 2/242011年3月4日 あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 2/24 あなたが持つべき156枚・・・第2回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの7枚。リンク先は現在購入可能なアナログ12インチ盤です。マイケル・フレマー氏が選んだ盤は、内4枚が入手可能。アナログ名盤なんとかとリストされているものをCDで聴いて、聴いたつもりになっていませんか。そして、いずれも初発オリジナル盤ではないことも注目。ピーター・ガブリエルの2枚は、いずれもリ・イシューで […] Posted in blog
  • 夏の朝の夢 マーラー作曲 交響曲第3番を聴く  http://amzn.to/gMvYu82011年2月11日 夏の朝の夢 マーラー作曲 交響曲第3番を聴く  http://amzn.to/gMvYu8 マーラー 交響曲 第3番 ニ短調 《第3番》はマーラー(1860〜1911)が自作について言葉による説明を試みようとした最後の交響曲であり、初演の際には次のようなプログラムが聴衆に配られたといわれる。   『夏の朝の夢』 第1部 序奏、牧神(パーン)は目覚める 第1楽章 夏が行進してくる(バッカスの行進) 第2部  […] Posted in blog
  • §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート2022年1月25日 §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート 世間のコロナ禍をよそに、母は介護施設のディサービスに通い穏やかに過ごしているが、ディサービスに行くことを学校に行くと言う。天気の悪い日は遠足があるのにと残念がる。ケアマネジャーにその話題をすると、以前は天気の良い日に施設の職員が近所の公園に連れて行くということがあったようだが、このコロナ禍。きっと退屈でディサービスの日を遠足と思い込んでいるようだ。どこかに連れて行ってあげよう […] Posted in 新型コロナウイルス, OYAG SOUND
  • 惑星を極める為の挑戦は成功したか、あなたはどう聴く☆ショルティ指揮ロンドン・フィル / ホルスト:惑星 ffssスモールラベル、オリジナル http://amzn.to/posYQk2011年7月6日 惑星を極める為の挑戦は成功したか、あなたはどう聴く☆ショルティ指揮ロンドン・フィル / ホルスト:惑星 ffssスモールラベル、オリジナル http://amzn.to/posYQk 爆走する重戦車のような迫力でシカゴ響だったら聴かせてくれたんじゃないかと、何故に手兵を使わないであえてロンドン・フィルで録音したのだろうと当時話題と成った《惑星》のレコードです。土星の写真が印象的なLONDON盤が有名ですが当盤は英アナログ・オリジナル。1978年、英DECCAの有名な録音エンジニアのケネス・ウィルキンソン録音による超優秀録音盤。音のDECCAらしい厚味とエネ […] Posted in blog