売約済★ブルー・アンド・ゴールド・ラベルの極初期盤★シュワルツコップ R.シュトラウス:カプリッチオ『終幕』、4つの最後の歌

偶さかは立て続けに起こるようです。重大な用事をしている時に大切な人と出会うような、それがまたとても懐かしい出逢いであったりというような。リアルな人付き合いとは、予想が出来ないだけにシナリオではない面白さがあります。そして今回も重なりました。わたしの伺い知らないところで、ブームなのでしょうか。コレクターの間で話題に成っていたのかも知れませんね。

半額セールが引き寄せになったのかも知れないけれども、シュワルツコップがアッカーマンの指揮で録音したリヒャルト・シュトラウスのオリジナル・アナログ盤に重なったオーダーがありました。何枚も所有しているレコードではない一品ものですから、オーダーを受け付けた早い一巡で対応していますのであとからの方には次回手に入った時にご連絡を優先する約束で了解して貰うしか有りませんでした。しかし、これが気持ちの中では申し訳なくて仕方のないものです。

ところがこれが嬉しい事に、ようやく今年になって届いた荷を解くと同じレコードが入っていました。半額セールの期間中に届いたのは助かりました。しかも、レコード、ジャケットのコンディションは前述のレコードと同じコンディション。入手価格も大きく異なるものではありませんでしたので、半額セール価格でお応えいたしました。一安心です。

CDでマスタリングされましたが、多くの盤が現在廃盤になっているようで「4つの最後の歌」の方はNaxos盤で聴く事が出来ます。 R. シュトラウス:4つの最後の歌/歌劇「アラベラ」(ハイライト) (シュヴァルツコップ)

以下は前回品の詳細です。

☆通販レコード 2009年2月28日紹介時のコンディション☆ 

【声楽曲】 

  • レーベル:英 COLUMBIA 
  • レコード番号:33CX – 1107 
  • オリジナリティ:ブルー・アンド・ゴールド・ラベル、1stラベル 

曲目:

  1. R・シュトラウス:カプリッチオ「終幕」
  2. 4つの最後の歌

演奏:

  • ソプラノ: エリザベート・シュワルツコップ
  • 指揮: オットー・アッカーマン
  • オーケストラ: フィルハーモニア管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • セルと共演したステレオ録音盤もありますが、こちらは1950年代のモノラル録音。古い録音ですがシュワルツコップの声、オーケストラの弦共に美しく、フィルハーモニア管弦楽団の音色が極めて色彩豊かに聞こえます。スタンパーが 2N-2N という極初期のものであることも関係しているのでしょう。 
  • 盤は一部に小さいチリ音とプチ音がありますが、鑑賞の邪魔になるレベルではありません。
  • ジャケットは両面コーティング、底部に20cm、背表紙に10cmほどの割れがあります。 

ⓇNM

ⒿVG++

価格 ¥5,000(¥5,250 税込み、送料無料)

お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

 

こちらの記事もどうぞ

  • Hello world!2015年8月7日 Hello world! WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください ! Posted in 未分類
  • 【70%OFF】米COLUMBIA ML-4575☆6EYEラベル☆フランチェスカッティ(Vn)、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェン:ロマンスNo.1、No.2 – 試聴とダウンロードが出来ます2012年3月28日 【70%OFF】米COLUMBIA ML-4575☆6EYEラベル☆フランチェスカッティ(Vn)、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェン:ロマンスNo.1、No.2 – 試聴とダウンロードが出来ます 【協奏曲】価格を下げて販売中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e281492.html レーベル:米 COLUMBIA レコード番号:ML - 4575 オリジナリティ:6EYEラベル、1stラベル 曲目: ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 ベートーヴェン:ロマンス No.1, No.2 演奏: […] Posted in blog
  • バロックの森 -バッハの作品-2010年9月17日 バロックの森 -バッハの作品- 豊穣の海、バッハの音楽の大海を堪能するといっても適えられないことがあります。去勢しているカストラートの歌声が、それです。当時の教会では女性の演奏家は使えませんでした。教会での制限に限らず、モーツァルトが宮廷で活動をしている頃にも去勢した男性が女性役を歌っているのは当たり前のことでした。今では女性ソプラノが歌うのが通常で、当時は男性だったからとカウンターテノールや、ソプラニスタ […] Posted in 未分類
  • 《第286回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート》市政だよりの発表は変更になりました – 大型の蓄音器でティボー、コルトーのドビュッシーを愉しみましょう。2012年2月13日 《第286回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート》市政だよりの発表は変更になりました – 大型の蓄音器でティボー、コルトーのドビュッシーを愉しみましょう。 毎月、第4日曜日に開催している『蓄音器でレコードを楽しむコンサート』の内容変更をお知らせします。 市政だより2月号の24ページに『沖縄の歌特集』と掲載してありますが、都合により6月に延期します。 講師都合によるもので、一月に入って連絡がありました。市政だよりには二月前には出稿してありますので、この場を借りて変更のご連絡とします。 […] Posted in blog
  • 夜想曲 第5番嬰ヘ長調 作品15第2 1831年作曲、1834年出版。2010年9月6日 夜想曲 第5番嬰ヘ長調 作品15第2 1831年作曲、1834年出版。 前奏曲作品28第8に中間部がよく似ていることで、親しまれている有名曲。演奏が始まって直ぐには良い曲かなあと思うところもありますけれども、聴き終わって、「あぁ!ショパン」って感嘆がこぼれます。ノクターンだけに王子様の横顔を眺めているようです。1831年、ショパンが21歳の時の作品。同年の第4番ヘ長調と、翌年(1832年)に作曲された第6番ト短調とセットにして1833年にまずパリ […] Posted in 未分類
  • バーンスタイン・イン・ヘーヒスト2010年10月18日 バーンスタイン・イン・ヘーヒスト 映像作品やエピソード、数々の優秀なレコードはあるバーンスタインの没後20年に今年は当たります。10月14日が、その命日だったのですけど、それなりの特別番組は企画されてはいますけれども盛り上がりという面では前年のカラヤンに及ばないのはどうしたものでしょうね。 数字的にはともかくレコード発売数や話題もカラヤンが多いでしょう。でも、面白いものでクラシック音楽の愛好家との話では“カ […] Posted in 未分類