第289回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

蓄音器でレコードを楽しむコンサートも、この5月で『第289回』目と成りました。順当に運べば平成25年4月が『300回』、そろそろ記念イヴェントも日程を定めて準備に入らなければ行けないのですが・・・課題として表面化してきたのが参加者の人数。

289

第289回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

  • 日時:平成24年5月27日(日曜日) 午後1時30分より
  • 場所:熊本博物館 特別展示室

第1部 モーツァルト作曲 セレナードト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(小夜曲)

彼の13曲あるセレナード作品中、最も有名で充実した傑作である本曲は1797年(31歳)円熟期の作品です。演奏はブルーノ・ワルターとウィーン・フィルが寄り添いながら奏でた無上の音楽で「この一曲だけでワルターの名前は不滅である」(宇野功芳)とまで言われるSPの名盤で聴きましょう。

 

第2部 昭和歌謡大全集(第19回)

本日聞いて頂く歌は、太平洋戦争勃発前の昭和16年に発売された歌の数々で、時は超非常時、軍国調の歌が増える中、美ち奴の浪曲調「次郎長ぶし」や李香蘭の哀愁漂う「夜霧の馬車」、藤山一郎の「崑崙こえて」、そして山田五十鈴歌う東宝映画「上海の月」の主題歌「牡丹の曲」など、懐かしい歌を楽しみましょう。

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期LP通販:熊本博物館 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • ネットワークメンテナンスのお知らせ2010年10月20日 ネットワークメンテナンスのお知らせ 【実施日時】 2010年10月20日(水)AM 3:00 ~ AM 5:00 ※上記時間内に30分ほど停止致します。 ※終了予定時刻に関しましては、作業の状況により変更する場合があります。   【メンテナンス内容】 ・データセンターのネットワークメンテナンス   以上の案内がサーバーサービス会社から、メールで届いていました。 […] Posted in 未分類
  • 《WordPress》HTTPSの設定で失敗した。2013年7月26日 《WordPress》HTTPSの設定で失敗した。 定期的に書き込まれるスパムコメント、日に数度のフリーメールのユーザー登録。ログイン画面に認証を指定しようと WP-HTTPS を設定。WP-HTTPS […] Posted in blog, WordPress
  • 午前9時から「名演奏ライブラリー -若き日のジェームズ・レヴァイン-」 リン・ハレルと、レヴァインの”ドヴォコン”を聴いたことがなかったら必聴2011年3月6日 午前9時から「名演奏ライブラリー -若き日のジェームズ・レヴァイン-」 リン・ハレルと、レヴァインの”ドヴォコン”を聴いたことがなかったら必聴 爽快な若々しさも次第に繊細さを見せるんじゃないかと予見させてくれたのは、パールマンとのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の録音でした。ジェームス・レヴァインのマーラーは今でもベストな録音盤にあげられていますが、アナログ盤の最後期に爆演を聴かせてくれてマーラー演奏の新時代の扉を開けてくれたのでした。 […] Posted in blog
  • 幸せな結婚生活を夢見させる名曲は未来永劫全世界の女性を励ます ― バダジェフスカの《乙女の祈り》2015年11月26日 幸せな結婚生活を夢見させる名曲は未来永劫全世界の女性を励ます ― バダジェフスカの《乙女の祈り》 ピアノを弾き始めた頃に憧れる曲のひとつ「乙女の祈り」。メロディーは有名でも、どんな人が作ったのか知っていますか? 「乙女の祈り」は19世紀のピアノ事情と大きく結びつきながら、後世まで受け継がれる曲となりました。当時、ピアノをうまく弾けることは中産階級の若い娘たちにとってステータスであり、また幸せな結婚生活を願いながら男性にアピールする格好のアクセサリーでもあったのです。 […] Posted in blog
  • 今日は一日“名曲アルバム”三昧2011年11月22日 今日は一日“名曲アルバム”三昧 短い夫婦生活には成ったけれども、モーツァルトとコンスタンツェの間には4人の男の子が生まれています。次男は固い仕事について父モーツァルトの死後の家族の生活を支えたけれども、4男が「モーツァルト2世」を名乗って演奏活動を続けていたので現在でもモーツァルトの音楽をわたし達は聴くことが出来るのです。 […] Posted in blog
  • §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート2022年1月31日 §母との思い出を増やすコロナ禍 ― アナログレコードの文化を守る OYAG SOUND 店主のノート 世間のコロナ禍をよそに、母は介護施設のディサービスに通い穏やかに過ごしているが、ディサービスに行くことを学校に行くと言う。天気の悪い日は遠足があるのにと残念がる。ケアマネジャーにその話題をすると、以前は天気の良い日に施設の職員が近所の公園に連れて行くということがあったようだが、このコロナ禍。きっと退屈でディサービスの日を遠足と思い込んでいるようだ。どこかに連れて行ってあげよう […] Posted in 新型コロナウイルス, OYAG SOUND