彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く

Johann Sebastian Bach - Sony Classical 88697742912詳細
CD 1 :
1. Keyboard Concerto No. 1 in D minor, BWV 1052
2. Keyboard Concerto No. 2 in E major, BWV 1053
3. Keyboard Concerto No. 4 in A major, BWV 1055
CD 2 :
1. Keyboard Concerto No. 3 in D major, BWV 1054
2. Keyboard Concerto No. 5 in F minor, BWV 1056
3. Keyboard Concerto No. 6 in F major, BWV 1057
4. Keyboard Concerto No. 7 in G minor, BWV 1058
CD 3 :
1. Concerto for Flute, Violin & Harpsichord in A minor, BWV1044
2. Brandenburg Concerto No. 5 in D major, BWV1050
3. Italian Concerto, BWV971
Performer
Murray Perahia – piano & conductor
Academy of St. Martin in the Fields

J.S.Bach – Keyboard Concertos – Murray Perahia

マレイ・ペライアは長い演奏活動の中でバッハの《鍵盤のための協奏曲》の演奏は度々と重ねて深い理解の成果を録音している。それから10年経過しているけれども、これらの協奏曲を聞くことは、ペライアの豊かな経験を聴くことに等しく、その彼のアプローチには新鮮さがあります。

オーケストラはアカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セント・マーチン・イン・ザ・フィールズ)。長年共に演奏活動を行なってきた馴染み深いオーケストラと一糸ズレることのない演奏と優れたサウンドを味わえる。

単売の余白に演奏されていた曲を CD3 にまとめてありますが、この3曲がまた、なかなかに秀逸で面白い。このままに留めないで、さらに複数台の鍵盤のための協奏曲や、ブランデンブルク協奏曲に発展して欲しいと期待している。

こちらの記事もどうぞ