スターバックスがロゴを春から刷新するみたいです。春らしくて良いですね。季節季節でカラーリングが変わると楽しいですね。

ロゴはショップ名を図案化したものなどだというのであればマークとなるんだと思うけれども、この人魚のデザインが人々の意識の中に印象づけられてしまえば同じ人魚でも「スターバックス」のポーズを取った人魚は「スターバックス」と認識されてしまえば、人魚のデザインがイコール「スターバックス」という単語に置き換えられる効果は充分に感じられますね。


コカ・コーラが独特のカーブのデザインの瓶をデザインしたのは、商品名を確認しなくてもコーラを飲んでいるだと分かるからだったと思います。すると自然に瓶の形を見るだけで、コーラが飲みたくなるものですよね。梅干しという言葉だけで、つばが出てくる日本人にとっては理解できることではないでしょうか。感じだってデザインですものね。

そしてこのデザインがスターバックスだと認識されるようになったら、プリントではなくて型押しにしてしまえればエコ効果も随分進むことでしょう。

こちらの記事もどうぞ

  • 【案内】九州ダイナミックス オーディオフェスティバル2011 3月12日、13日に開催2011年3月12日 【案内】九州ダイナミックス オーディオフェスティバル2011 3月12日、13日に開催 九州のコンベンションホールの中核をになう“グランメッセ熊本”を会場に、「九州ダイナミックス […] Posted in blog
  • SOLDOUT★《レア盤》蘭PHILIPS 420-153-1 アラウ(p)、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8《悲愴》2012年1月9日 SOLDOUT★《レア盤》蘭PHILIPS 420-153-1 アラウ(p)、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8《悲愴》 このレコードはSOLDOUT致しました。 【器楽曲】通販サイト情報 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e576767.html レーベル:蘭 philips レコード番号:420-153-1 オリジナリティ:レア盤 曲目:ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8「悲愴」 […] Posted in blog
  • 英 Decca SXL-2266☆ピエリーノ・ガンバ指揮ロンドン交響楽団 ロッシーニ:序曲集2012年1月8日 英 Decca SXL-2266☆ピエリーノ・ガンバ指揮ロンドン交響楽団 ロッシーニ:序曲集 若馬のように靭しなやか溌剌はつらつ。ロッシーニ・クレシェンドを楽しむには絶好盤です。 多用されるシンバルの炸裂さくれつが特徴として耳に残る。そこが受け入れられれば胸のすく快適さ。テンポやリズムにメリハリがなく、楽想の変化ごとに音を伸ばすのを個性的芸風と受け止めるかどうか、現代のロッシーニ演奏とは異種です。1960年代のロッシーニの解釈は、こういうものだったのだよと教えてくれ […] Posted in Products
  • 音楽カレンダー 美しい新潟の想い出 2月18日は、オノ・ヨーコさんの誕生日。2011年2月19日 音楽カレンダー 美しい新潟の想い出 2月18日は、オノ・ヨーコさんの誕生日。 新潟は美しい想い出として、 今でもわたしの頭の中に生きています。 小さい時、雪が降る度に、 母が"新潟はさぞ雪が深いだろうね" と云っていたのを想い出します。 新潟と雪。そのロマンがわたしに、雪の 作品を溢れ造らしたのでしょうか。 オノ・ヨーコ(Yoko Ono、日本名:小野 洋子、1933年2月18日 - […] Posted in blog
  • 7月20日、海の日。海の名曲。男と女の『生きねば』という強い意志。2013年7月21日 7月20日、海の日。海の名曲。男と女の『生きねば』という強い意志。 ドビュッシーの《海》はどこの海なのか、レコードを発売される度にあれこれイメージしていました。海の音楽の最高傑作をドビュッシーが作曲した時、彼は女性スキャンダルの渦の中の小舟でした。《南極交響曲》と同様に、海の一日をのどかに描いたのでなく、海が強い意志を持って生きていることを表した凄みのある音楽です。 […] Posted in blog, Orchestral
  • エマ・カルヴェのレコード2014年7月26日 エマ・カルヴェのレコード カルヴェがカルメンの最上の演出者であったことは日本でもよく知られている事実である。1902年にロンドンでグラモフォーンに6面吹き込んだが、これが彼女の最初のレコードのように考えられている。カルヴェの声の特徵は、メルバの声は独特の美しさに輝き、彼女の個性がどのレコードにも現れて居たものと全く異なり。そのレコードには生々しい程の感情が再生されている。そして、その曲にふさわしい雰囲 […] Posted in blog