Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 717

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/blog/analogsound/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230
プログレを聞きながら小説は書けるのか – 今日は一日プログレ三昧 午後8時前からデイヴ・シンクレア・ライヴ生ステージです。 | Classical Notes

プログレを聞きながら小説は書けるのか – 今日は一日プログレ三昧 午後8時前からデイヴ・シンクレア・ライヴ生ステージです。

今日は一日プログレ三昧。夕べはBSフジでエマーソン、レイク&パーマーの結成30周年だか40周年だかのライヴを観ました。何かのフェスティヴァルのクロージングだったようで、前のバンドのステージが長引いてしまったので、セッティングをしたら1時間30分のステージ予定だったのに1時間半で切り上げなくてはいけない大番狂わせがあったそうです。

その凝縮した熱気の余波で、ピンク・フロイドの“ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン”のUSハーベスト盤を聞いた後、エマーソン、レイク&パーマーの“展覧会の絵”をこちらはカナダ盤でしたが、アナログLPを準備してたら朝になりました。

Zanmai

今日のNHK-FMは午後0時15分から、「今日は一日プログレ三昧再び」をオン・エア。森田美由紀アナウンサーのプログレ初体験は「ナッツ・ロッカー」だったと聞いて嬉しくなりました。

1970年代に一世を風靡したプログレッシブ・ロック。
それは、クラシック・現代音楽・ジャズなどロック以外の音楽の要素をどん欲に取り入れた、それまでのロックに飽き足らない人たちが見果てぬ地平を目指した音楽の冒険。

はっきり言って「変な音楽」です。
ただ、その「変な音楽」がどうしようもなく必要な人たちは、思っているより沢山いる。前回の「プログレ三昧」でそう思った方も多いのではないでしょうか。

ってことで、プログレはセッティングに時間がかかることなどを今回は、関西のプログレ・ロックの思い出。今聴けばプログレと言うよりもハードロック、プログレ・ハードではないかと言えそうなノヴェラなどを聞くことが出来ました。

夜7時50分頃からは、デイヴ・シンクレアのライヴステージが生放送されます。 ムーン・オーヴァー・マン-30周年記念特別盤-

こちらの記事もどうぞ

  • ヴェルディのデスマスクと、音楽は100年前に録音された「プロヴァンスの海と空」 [1912]2011年1月11日 ヴェルディのデスマスクと、音楽は100年前に録音された「プロヴァンスの海と空」 [1912] 髭が生えている男の人は、わたしには個人格を認識できない。ヨハン・シュトラウスのようにしっかりとかっこよく髭を整えていて似合っている友人が居ます。夏に出逢った時は白い涼しげなスーツに帽子といった出で立ちでした。まさにヴェルディの「プロヴァンスの海と空」が漂うような男性です。もみあげや顎髭もしっかり黒々というのは魅惑を感じるのですけれども、唇の下に剃り残しか無精髭かなと思えると整 […] Posted in blog
  • 稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧2011年9月16日 稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧 稀少盤、オリジナル・アナログレコードのアマデウスクラシックス。第29回頒布は9月16日午後から一般希望受け付け開始です。なお、このページをご覧の方は今からでもオーダーは自由です。 リストのレコード番号、タイトルのリンクからショップサイトの書くレコード詳細ページへジャンプします。ショップサイトをご覧の上、メールでオーダーしてください。 […] Posted in blog
  • ♪月の光に花も草も2010年9月30日 ♪月の光に花も草も 1858年頃から書きためられた曲をまとめた「14の子どものための民謡集」は、ブラームスと親しい関係にあったシューマンの死後に、その子供達のために贈るために作曲しました。メロディ作りには苦労していたブラームスですが民謡の旋律を借りてもブラームスらしい美しさがあります。母親思いだった作曲家ならではの作品だといえるでしょう。 […] Posted in blog
  • 肝油ドロップ – 昭和を感じる2011年3月19日 肝油ドロップ – 昭和を感じる 栄養補助食品と云う事で、小学校の低学年の時に夏休みの前に学校でかって持ち帰った。グミのような感じで、ゼリー状の薬が砂糖でまぶしてある感じでした。授業がある時は給食で栄養は充分だから、給食を食べられない期間に摂取する事が推奨だったのかしら? […] Posted in blog
  • [ライヴの告知]Bass and Voice 天野SHO FULL MOON LIVE2011年2月18日 [ライヴの告知]Bass and Voice 天野SHO FULL MOON LIVE ‎2011年2月18日 (金) 朝日楼LIVE告知!!「Bass and Voice 天野SHO FULL MOON LIVE」open18:00/start19:30charge 3.000(with1drink) […] Posted in blog
  • DECCAのベートーヴェン☆ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィル/ ベートーヴェン:交響曲No.9《合唱》 ミゾ有、ラージラベル http://ow.ly/5WeBF2011年8月6日 DECCAのベートーヴェン☆ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィル/ ベートーヴェン:交響曲No.9《合唱》 ミゾ有、ラージラベル http://ow.ly/5WeBF 甘さのない男性的なイッセルシュテットらしい表現ですが、クライバーの4番がオルフェオから登場した頃からベートーヴェンは去勢されたかDNAだけになったか。歌手たちの呼吸、指揮者の身体の動きも音に感じるステレオ初のウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲全集からの《合唱》。ウィーン・フィルの艶やかな音色としなやかな表現を巧みに引き出しています。ちなみに5番と8番の交響曲を組み合わせ […] Posted in blog