NL PHILIPS L01,268L – ZINO FRANCESCATTI, ROBERT CASADESUS – FAURÉ : Violin Sonatas http://amzn.to/nRAZDm

NL PHILIPS L01,268L - ZINO FRANCESCATTI : FAURÉ Violin Sonatas

 

【室内楽】NL PHILIPS L01,268L – ZINO FRANCESCATTI, ROBERT CASADESUS : FAURÉ Violin Sonatas http://flic.kr/p/akTxxF

  • レーベル: 蘭 PHILIPS
  • レコード番号: Lo1,268L
  • オリジナリティ: レッド・ラベル、1stラベル、ミニ・グルーヴ

 

曲目

     

    演奏

    • ヴァイオリン: ジノ・フランチェスカッティ
    • ピアノ: ロベール・カサドシュ

     

     

    こちらの記事もどうぞ

    • ♪のびやかな〝うた〟が魅力的 フルニエ&セル&ベルリン・フィル ドヴォルザーク・チェロ協奏曲2022年1月18日 ♪のびやかな〝うた〟が魅力的 フルニエ&セル&ベルリン・フィル ドヴォルザーク・チェロ協奏曲 1950年代後半~60年代前半までの国内初期盤はフラット盤も有り「キングスーパーアナログ盤」並みに180g前後と重く、深溝。ジャケットも丁寧にコーティング。後年再発盤は、時代と共にプレス機の仕様変更、コスト的にも当時の手作り的な手間をかけることが出来ず、ジャケットも簡素な味気ないカラーコピー的作りになってしまいました。音質も、当時の録音はアナログテープでしたから、60年以上も […] Posted in 通販レコード, 協奏曲, 名盤サロン, 名曲選, あなたが選ぶクラシック音楽
    • ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手2013年8月17日 ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手 どちらも同じヴァイオリニストであるとは、聞けばすぐに分かるぐらい。40年近い開きはあるので1991年のコンチェルトでは多少張りにかけるヴァイオリンの響きでしたが、そのヴァイオリンの歌い方は同じでした。これだけ性格の出ているヴァイオリニストは特別でしょう。プログラムの中間のリサイタルの音はとても良くて、60年も前の録音だとは驚きです。そして、レコードとライヴがこれほど相違がない […] Posted in blog, Review
    • 第289回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内2012年5月27日 第289回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 蓄音器でレコードを楽しむコンサートも、この5月で『第289回』目と成りました。順当に運べば平成25年4月が『300回』、そろそろ記念イヴェントも日程を定めて準備に入らなければ行けないのですが・・・課題として表面化してきたのが参加者の人数。 第289回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 日時:平成24年5月27日(日曜日) 午後1時30分より […] Posted in blog
    • 同時代の音楽にも積極的に取り組んでいたクレンペラー指揮フィルハーモニア / ストラヴィンスキー:三楽章の交響曲、プルチネラ セミ・サークルラベル http://amzn.to/kcQkSX2011年5月27日 同時代の音楽にも積極的に取り組んでいたクレンペラー指揮フィルハーモニア / ストラヴィンスキー:三楽章の交響曲、プルチネラ セミ・サークルラベル http://amzn.to/kcQkSX 珍しいクレンペラーのストラヴィンスキー。通好みの名演です。英COLUMBIA時代のクレンペラーは、同時代の音楽を積極的にレコードにしています。SPレコード時代のクルト・ワイルは特筆すべきところでしょう。英COLUMBIA盤がこれのオリジナル。レナード・バーンスタインに指揮者でもあった作曲家のストラヴィンスキー自身が同じ頃に米COLUMBIAに録音した、バレエ組曲のボックスセッ […] Posted in blog
    • MOVIE Blog 西風の見たもの。2011年4月18日 MOVIE Blog 西風の見たもの。 夏がそこまで来ています。空気に湿り気を感じました。暖かい陽射しの中でも、上品さを感じます。熊本でこの心地よさを楽しめるのはほんのひととき、桜の木々は総て葉桜になってしまったけれども南からの風はめぐみの季節の訪れを告げています。 桜の花の季節が終わったら、おヘソを狙って奴が来る。今夜にでも雷神と龍神が、再会の杯を交わすのでしょう。 […] Posted in blog
    • 週刊ニュースのメールマガジンでの配信をはじめました。2013年1月14日 週刊ニュースのメールマガジンでの配信をはじめました。 お知らせ、更新後の案内、新着盤の追加がない時はピックアップ・ニュースで構成。毎週、月曜日か木曜日。一週に二回の配信をした場合は、翌週は休信する週刊・隔週メール・マガジンの形で『第51回』からは利用者に情報配信することにした。 […] Posted in blog