やるせない心情★強烈なパッション ジャクリーヌ・デュ・プレ、バレンボイム ブラームス:チェロ・ソナタ1番、2番

通販レコードのご案内作品を大きく把握し、そこに自身の感情を移入していくという彼女の特質が如実に現れた演奏です。優秀録音。

GB EMI ASD2436 デュ・プレ&バレンボイム ブラームス・チェロ・ソナタ1番/2番《英モノクロ切手盤》GB EMI ASD2436 デュ・プレ&バレンボイム ブラームス・チェロ・ソナタ1番/2番 デュ・プレは、1966年にバレンボイムと21歳の若さで結婚、この録音が行われたのは1968年、まだ23歳である。1968年4月にバレンボイムとブラームスのチェロ・ソナタ第1番と第2番、翌69年4月にジェラルド・ムーアとフォーレ:エレジーをレコーディング、その暮れから翌年1月にかけて、ズーカーマン、バレンボイムとベートーヴェンのピアノ三重奏曲全集をレコーディングしています。レコードに成っていない演奏としてはクリストファー・ヌーペン監督のためにシューベルト『ます』の全曲演奏を含むドキュメンタリーを映像収録が同年8月にありました。しかし1971年頃から多発性硬化症が発症し始めたというから、デュ・プレが指に違和感を覚える2年前、万全な状態での最後の頃だったのだろう…まさに彼女の全盛時の録音だ。

1968年5月20日、8月18日、優秀録音、名演。

■初発:1969年

 余りにも早くこの世を駆け抜けていってしまったデュ・プレ。短い人生を惜しむかのように激しい気迫と卓越した技巧で圧倒的に迫る。伴奏は嫌いなバレンボイムですが、この頃は相思相愛でしたので素晴らしい…だからこそデュ・プレともに最高の出来となったのでしょう。
 この演奏は録音もチェロとピアノ各楽器のバランスも最高で、自分がデュ・プレの演奏会に居合わせているなというイメージを盛り上げます。若い情熱を隠すことなく迸らせた熱演は、髪を振り乱したデュ・プレのイメージと見事に合致する。
 デュ・プレの奏でる調べは、我々の魂の深いところに響く。ひとはジャクリーヌを妖精と呼んだ。たとえ目の前に落とし穴や障害物がいっぱいあっても、ジャクリーヌは大股で踏み入っていく。ジャクリーヌの天性の感は行く道を誤ることがない。
 老巨匠クレンペラーに気に入られたソリストとしてのバレンボイムの演奏は、ブラームスが憂愁なステージ・ピアニストであったことから、ジャクリーヌのチェロが勢い良くとび出すと音楽の温度が一気に上る。
 デュ・プレのテクニックは小気味良く、力を抜く余裕はなく音色も時に美感を欠くほどだが、それだけにきれいごとでない独奏が聴くものを圧倒する。ブラームスのふたつのチェロ・ソナタでも作品を大きく把握し、そこに自身の感情を移入していくという彼女の特質が如実に現れた演奏です。第1番における寂しい叙情と内面のやるせない心情を浮かび上がらせた第1楽章、第2番での強烈なパッションに満ちた第1楽章、孤独感を湛えた第2楽章など、感情の振幅の大きさによる激しさと内面の沈潜が見事な対比を示しています。追い書きした通り、ブラームスの真骨頂(しんこっちょう)を彼女は持ち前の感性で、直感的に表現しきっている。チェロの神様の演奏と聴き比べてみたい気持ちになります。1961年、16歳でデビュー、「カザルスに匹敵する」と絶賛を浴びてから9年。レコード会社の肝いりでコンサートツアーとなると協奏曲の演奏を求められるわけで、そこでは作曲家に襲い掛からんばかりの気迫で曲を征服してしまう彼女だが、本当の彼女のチェロは、弾く事を心から楽しむ、自然な演奏にあったのではないだろうかとふと感じました。短く逞しく生きた夭折の天才というイメージは激情系のチェリストとして認知されているが、室内楽を弾かせても抜群の味付けが出来たということがわかります。「天才とは神が与えた重荷だ」というが、4年後に多発性硬化症が発症して28歳でチェロ演奏家として引退するとは思ってもいなかっただろう。
 ジャクリーヌは生涯に三台のチェロを愛用。16歳のデビューの際に贈られた、ストラディバリが制作した60余りのチェロの中でも指折りの銘器と言われる1713年製ストラディヴァリウス “ダヴィドフ”。それ以前に弾いていたチェロは1673年製ストラディヴァリウス。このレコードでの使用楽器は、バレンボイムがデュ・プレに贈ったセルジオ・ペレッソン製作の近代的チェロ。多発性硬化症で思うように手先に力が入らないジャクリーヌのための考えられた楽器です。このレコーディングの後、1971年頃から症状は進行します。
 丁々発止のやり取りに、ジャズやロックを感じるのは彼女らはロック世代だからだろうか。聴くほどに新鮮な喜びを感じさせてくれるのはバックボーンあってのことではないかしら、と思います。

通販レコード詳細・コンディション、価格

レコード番号
ASD2436
作曲家
ヨハネス・ブラームス
チェロ演奏
ジャクリーヌ・デュ・プレ
ピアノ演奏
ダニエル・バレンボイム
録音種別
STEREO


GB EMI ASD2436 デュ・プレ&バレンボイム ブラ…GB EMI ASD2436 デュ・プレ&バレンボイム ブラ…

WHITE&BLACK DOG, STEREO 1枚組(140g), Release 1968, Stamper 4G/3。

モノクロ切手 白枠
セミサークルレーベルのニッパー君の部分が四角い縁取りで囲まれ、ちょうど切手(スタンプ)のように見えるためです。このスタンプ・ニッパー・ラベル(ER3)は、郵便切手が白黒(モノクロ)になります。番号で見ると、ASD2470 あたりから 2750 あたり まではカラー・ニッパーがオリジナルでこれ以降は、モノクロのニッパーが初版ということになるらしい。この、ASD シリーズの半円ニッパーとスタンプ(カラー、モノクロ両方とも)ニッパーの LP は盤自体のクオリティがとても高く、ばらつきも少なく優秀なプレス技術といえます。
ジャケット状態
EX
レコード状態
EX++
製盤国
GB(イギリス)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは品番 / 34-20727
販売価格11,000円(税込)

「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。


 チェロ・ソナタ第1番ホ短調op.38はブラームスが32歳の時の作品です。第1楽章冒頭から渋く暗い旋律で始まります。心が沈んでしまいそうなほどの、このセンチメンタルな雰囲気がブラームスの真骨頂(しんこっちょう)です。続くシンコペーションによる哀愁漂う旋律もブラームス以外の何物でもありません。続く第2楽章はメヌエット楽章でありながら、やはり感傷的な気分に溢れています。そしてようやく、第3楽章はアレグロで音楽に緊迫感を感じることができます。
 チェロ・ソナタ第2番へ長調op.99はブラームスが53歳の時の作品です。第1楽章はチェロの高音で力強く開始されますが、勇壮さと輝きを持つ曲です。第2楽章は美しさと同時に、やはり渋さも感じます。第3楽章では再び明るく大らかな気分を取り戻します。そして第4楽章は、とてもリズミカルで南国を旅した気分を表しているようで第1番に比べるとずっと明るさを感じます。
 という風に2曲の性格はだいぶ異なります。こうした、絶妙な組み合わせの2曲が表裏のレコードがお気に入りです。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ