黄昏れと青空の境界★アッカルド、マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管 ブルッフ・ヴァイオリン協奏曲第1、2番

通販レコードのご案内 アッカルドの明るく歌謡的なヴァイオリンが作品の魅力を引き出し、オーケストラが整然とした演奏を聴かせてくれる。

FR PHILIPS 9500 422 サルヴァトーレ・アッカルド ブルッフ・ヴァイオリン協奏曲《レッド・ラベル盤》FR PHILIPS 9500 422 サルヴァトーレ・アッカルド ブルッフ・ヴァイオリン協奏曲 パガニーニはクラシック史上最高のヴァイオリニストで、ヴァイオリンという楽器の可能性を広げることにも尽力した偉大な音楽家でもある。作曲家として自身で演奏するためだけの協奏曲や室内楽を残しもしたが、その超絶技巧の実践のためと言っても悪口として受け取られはしないだろう。
 でも、特化した曲とは言えそうで演奏家を選ぶ。そのパガニーニのスペシャリストとも言えるのが、アッカルドである。驚異的なテクニックと明るく澄んだ音色、豊麗な歌が持ち味のヴァイオリニストである。もちろん、パガニーニ以外の、例えばブラームスやメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲も録音してはいるが、どうも評判はさっぱりのようだ。こういうスペシャリスト的ヴァイオリニストもいるのだ。1978年発売。ヴァイオリンの内省的で憂いに満ちた旋律からは柔らかく黄昏れた明るさと、澄み切った諦観が溶け合っているロマンティックなドラマを描いているような協奏曲ですが、本盤で聴くそれは良くも悪くもアッカルド節全開です。
 ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番と第2番を好きに成ったのは、チェコの演奏家で聞いた時で、それがステレオ初期の録音だったからかヴァイオリンの音がずり上がったり、ずり下がったり。わたしはそこに妖艶さを感じたんです。聴いていてムズムズしたいんです。そうした技術だけの問題でないところで、演奏される機会が少なくなっているのでしょうか。ベートーヴェン、ブラームスと3大協奏曲と云われていた時代が有りました。ヴィルトゥオーゾ・タイプのヴァイオリニストが再び登場すれば改めて返り咲くでしょう。

品番
34-16922
レコード番号
9500 422
作曲家
マックス・ブルッフ
演奏者
サルヴァトーレ・アッカルド
オーケストラ
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指揮者
クルト・マズア
録音種別
STEREO

FR PHIL 9500 422 サルヴァトーレ・アッカルド ブルッ…
FR PHIL 9500 422 サルヴァトーレ・アッカルド ブルッフ・ヴァイオリン協奏曲

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX
製盤国
FR(フランス)盤

サルヴァトーレ・アッカルド (Salvatore Accardo, 1941年9月26日 ー ) は、イタリアのヴァイオリニスト。トリノ生まれ。シエーナのキジアーナ音楽院でジョルジュ・エネスコの高弟だったイヴォンヌ・アストリュクに師事し、さらにナタン・ミルシテインにも師事する。13歳にしてトリエステで最初の演奏会を開き「パガニーニの再来」という賛辞を贈られたほどの神童であった。
マルタ・アルゲリッチとの共演などソリストとして世界的な活動する一方、1970年代にはイ・ムジチ合奏団のコンサートマスターを務める。驚異的なテクニックと、明るく澄んだ音色、美しく華麗な歌の魅力により、とりわけパガニーニ作品の演奏家として名高い。シャルル・デュトワと共演して協奏曲全6曲の全集や、譜面が現存するヴァイオリンと管弦楽のための協奏作品、ヴァイオリン独奏曲のほぼ全てのパガニーニの作品を録音し、「24の奇想曲」は少なくとも2回は録音している。録音数は、フィリップス、ドイツ・グラモフォン、EMI、ソニー・クラシカル、フォネ、Dynamic、ワーナーといったレーベルに50点以上の録音がある。
近年ではヴィオラ演奏や指揮者も手掛ける。ストラディヴァリウス・ファイアーバード・エクス・サン=テグジュペリ(1718年製)とストラディヴァリウス・ハルト・エクス・フランチェスカッティ(1721年製)の二種類のストラディヴァリウスとグァルネリ・デル・ジェス(1734年製)を愛用している。

RED WITH SILVER LETTERING, STEREO (130g), Release 1978。

オーダーは
品番 / 34-16922
販売価格
2,000 円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ