モノラル盤とステレオ盤の録音エンジニアが異なる◉クーベリック指揮ウィーン・フィル◯ブラームス・交響曲2番

通販レコードのご案内音楽評論家・福島章恭氏が最愛の全集とブログで表現している、ステレオ初期のウィーン・フィルとの貴重な最初のセッション録音。

GB DEC SDD118 クーベリック ブラームス・交響曲2番

GB DECCA SDD118
(演奏者)ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニア管弦楽団
(曲目)ブラームス・交響曲2番

演奏は強靭な精神力を基に、クーベリック独自の圧倒的なブラームス感が濃厚に描かれています。これはひとえに、ウィーン・フィルとDECCAとの組み合わせだからこその成果と言えましょう。


以前、国内盤CDの発売時に収録時間の関係からか提示部の繰り返しと楽章間のタイミングの縮小などといった一部が割愛された状態で発売されていただけで、2014年になってようやく完全な形でCD化されて話題になっていました。

全集としては2種しかないクーベリックのブラームスの交響曲全集のうち、ステレオ初期のウィーン・フィルとの貴重な最初のセッション録音。ステレオ録音を始めたばかりのDECCAが、まだ40代になったばかりの若いクーベリックを使って全集録音を遂行しようとしたことは、当時いかに彼に期待を寄せていたかを物語っているとも言えます。とはいえ、実のところ。初出時はモノラル盤(LXT 5339)で発売されました。聴き比べてみると面白いことに気がつくのですが、モノラル盤とステレオ盤の録音エンジニアが異なるようです。その為、録音エンジニアの名前はクレジットされていません。

Recorded 28th Feb – 4th Mar 1957 in the Sofiensaal, Vienna。エリック・スミスのプロデュース、ジェームズ・ブラウンの録音。


CDはアマゾンで購入できます。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
SDD118
作曲家
ヨハネス・ブラームス
オーケストラ
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
ラファエル・クーベリック
録音種別
STEREO

販売レコードのカバー、レーベル写真

  • GB DEC SDD118 クーベリック ブラームス・交響曲2番
  • GB DEC SDD118 クーベリック ブラームス・交響曲2番

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
EX++
製盤国
GB(イギリス)盤
Ace of Diamonds GROOVED ED2相当, STEREO 1枚組 (160g), Stamper 6L/5L。


通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

  • オーダー番号34-23642
  • 販売価格4,500円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

こちらの記事もどうぞ