馥郁とした古典的名演*ギーゼキング、カラヤン指揮フィルハーモニア管 ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」

通販レコードのご案内ギーゼキングの美質を引き立てていくカラヤンの巧みな指揮ぶりが耳に残ります。

GB COLUMBIA CX1010 ギーゼキング&カラヤン ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」《英ロイヤルブルー金文字盤》GB COLUMBIA CX1010 ギーゼキング&カラヤン ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」 ギーゼキングは、死去から半世紀を迎えた今なお、伝説のピアニストとして語り継がれてギーゼキングのレコードは何度も回を重ねて発売され、今尚倒産の危機に瀕していたEMIの屋台裏を支えてたと言っても過言で無いのではと思えるほど。最早、貴重な文化財という側面を持っているのではと接しています。ギーゼキングの演奏はそのしっかりとした古典的な造形や盤石な楽曲の構築、そしてヴィルトオージティに裏打ちされた艶のある陰影を醸し出す美音等が特色ですが、本盤の演奏にも見事にこのことが当てはまります。
 本盤は、聴けばギーゼキングの演奏は曲の分析力が明晰で、盤石な構築の上に繰り広げられるビロードのような美音、ここでは一音たりとも彼の美学から逸した音を聞くことはありません。当時の拙いモノラル録音ながら音質はかなり良い。録音プロデューサーのウォルター・レッグ等の技術の良さも光る。ニュアンスに富んだ繊細な音色と、多彩な表情の変化が如実に聴き取れる。その上、演奏技巧に欠点がない。曲の解釈においても迷いが無く、凄い速さで押し切る気分爽快の快演。ギーゼキングのピアノ書法は、卓越した演奏技巧により、いささかの曖昧さも残さずベートーヴェンを完全にリアライズする。ギーゼキングの凄まじいまでのテクニックに裏打ちされたピアノの音が、ベートーベンの精神にそのまま直結し、作品に肉薄して終楽章を迎えるあたりは見事という他はありません。
 そしてギーゼキングのピアノ・テクニックの素晴らしさに若きカラヤン(録音当時43歳/1951年)の感性が見事にマッチしたがっしりとした「皇帝」を聴かせている。カラヤンとギーゼキングのコンビで、この「皇帝」のほか協奏曲第4番ト長調作品58、グリーグのピアノ協奏曲イ短調作品16、フランクのピアノと管弦楽のための交響的変奏曲、モーツアルトのピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488 の4作品を1週間足らずで一気にレコーディングしている。彼らのエネルギッシュな取り組みには驚かされる。このギーゼキングとの協奏曲集はカラヤンのフィルハーモニア時代の総ての録音の中でも屈指の名盤です。何よりもギーゼキングのピアニズムが聞くものを圧倒します。この時ギーゼキングは既に56歳~58歳。決してもう若いとはいえない年齢です。しかし彼のピアニズムは衰えを感じさせるどころか、豪快なテクニックと円熟の極みともいえる音色を聞かせてくれるのですから凄い。

1951年6月、モノラル・セッション。

通販レコード詳細・コンディション、価格

Beethoven – Walter Gieseking / Philharmonia Orchestra / Herbert von Karajan – Concerto No. 5 “Emperor” In E-Flat Major (Op. 73) For Piano And Orchestra – Columbia Masterworks ML 4623

プロダクト

レコード番号
CX1010
作曲家
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏者
ヴァルター・ギーゼキング
オーケストラ
フィルハーモニア管弦楽団
指揮者
ヘルベルト・フォン・カラヤン
録音種別
MONO
DARK BLUE WITH GOLD LETTERING, MONO 1枚組(220g), Stamper 6N/10N。

販売レコードのカバー、レーベル写真

GB COL CX1010 ギーゼキング ベートーヴェン・皇帝
GB COL CX1010 ギーゼキング ベートーヴェン・皇帝

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX-
製盤国
GB(イギリス)盤

通販レコード

詳細の確認、特別価格での購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは品番 / 34-5811
特別価格1,650円(税込)
通常価格2,090円


 趣味とはいえ「蝶類研究」の分野でも名の知れた顔を持っていたワルター・ギーゼキング( Walter Gieseking, 1895年~1956年)はフランスのリヨン生まれでドイツで活躍したピアニストですが、彼はまた世界で初めて「ピアノのために書かれた作品は全て演奏できる」と公言したピアニストでもありました。彼の採り上げる作品はレパートリーは幅広くバッハ、モーツアルト、ベートーヴェンの古典派から印象派、そして現代音楽のブゾーニ、シェーンベルク作品に至るまでもが彼のレパートリーとなっていました。特にモーツアルトやベートーヴェン、フランス印象派ドビュッシーの演奏は定評があり語り継がれている。
 ドビュッシーやラヴェルのピアノ曲では、ギーゼキングの演奏は曲の分析力が明晰であったことで、当時のつたないSPレコード初期のアコースティック録音にもかかわらず、ニュアンスに富んだ繊細な音色と多彩な表情の変化に満ちている。ドビュッシーやラヴェルといった、繊細な音楽がよく聴き取れるレコードとなっていた。こうした特長のために、学習者の模範として使われてきただけでなく、後世のピアニストからはドビュッシーやラヴェル演奏の完成者として、到達目標として仰がれたのである。

スケール最大。《皇帝》と呼ぶに相応しい威容を備えている。

 さて「皇帝」はベートーヴェンがつけた愛称ではないそうです。かつてベートーヴェンが交響曲第3番を奉げ様としたほど尊敬していたナポレオンが自ら「皇帝」に就いたので激怒、失望し、「ナポレオンのために」と書いた表紙を破り捨て「ある偉人の思い出のために」と書き換えたと伝わっています。そのナポレオンが率いるフランス軍がオーストリアを攻め、ウィーンを落とした年の1809年に大砲轟く中、完成させた。
 正にいわく因縁がある。べートーヴェンが俗物というナポレオンのイメージで「皇帝」と呼ぶ訳が無いですね。この曲をお聴きになれば壮大で華麗で、大きく構築されている音楽と感じられ、誰でも理念の「皇帝」と呼びたくなるでしょう。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


こちらの記事もどうぞ