同時代の音楽にも積極的に取り組んでいたクレンペラー指揮フィルハーモニア / ストラヴィンスキー:三楽章の交響曲、プルチネラ セミ・サークルラベル http://amzn.to/kcQkSX

珍しいクレンペラーのストラヴィンスキー。通好みの名演です。英COLUMBIA時代のクレンペラーは、同時代の音楽を積極的にレコードにしています。SPレコード時代のクルト・ワイルは特筆すべきところでしょう。英COLUMBIA盤がこれのオリジナル。レナード・バーンスタインに指揮者でもあった作曲家のストラヴィンスキー自身が同じ頃に米COLUMBIAに録音した、バレエ組曲のボックスセットは《春の祭典》、《火の鳥》をレコードで聴く時の定番。ジャズ、クラシックを良く聴く人には常識中の常識ですが、米COLUMBIAは米CBSへ。英COLUMBIAは英EMIに変わります。 http://amzn.to/kcQkSX

33cx1940

ストラヴィンスキー:三楽章の交響曲 http://amzn.to/kcQkSX

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

英COLUMBIAになる前はHMV=HIS MASTERS VOICEの名前で、米RCAからレコードが発売されるようになります。トスカニーニも英HMVとしてリリースされています。蓄音器から聞こえてくる主人の声を聴き入るニッパー犬のマークはHMV、英COLUMBIA、英EMIに引き継がれていきますけれども、日本では日本ビクターがニッパーをトレードマークにしているので関係がややこしくなる。

ついでながら日本ビクターは、カタカナのビクターが登録されている社名で、RCA VICTORとは違います。今では日本コロムビアから発売されているクラシックのレコードも、日本ビクターから発売されていたり、ビートルズのレコードも日本盤は東芝EMIが最初だと思われがちですが、東芝音楽産業から発売される前に日本コロムビアで発売されています。

ビートルズがアップルレーベルとして発売したレコードは今ではEMIジャパンから発売されていますが、ポリドールからでているレコードやアメリカでは映画のサウンドトラックとして発売された『ビートルズがやってくる ヤーヤーヤー』など、UNITED ARTISTSから発売。それ故に、少しづつマスターが異なることになっています。

☆通販レコード 2009年3月紹介時の情報 在庫有り☆ 
【交響曲】 

  • レーベル:英 COLUMBIA
  • レコード番号:33CX 1940
  • セミ・サークル・ラベル、1stラベル

曲目:ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲、組曲《プルチネラ》

演奏:

  • 指揮: オットー・クレンペラー
  • 管弦楽:フィルハーモニア・オーケストラ

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 珍しいクレンペラーのストラヴィンスキー。ステレオ盤もありますが、激レアの上超高価です。本盤はモノラル盤なので、お買い求めやすくなっています。モノですが厚味のある英COLUMBIAらしい良い音。クレンペラーらしい巨大さを感じさせる演奏です。
  • 盤はチリ音がまれに聞こえる位で、良いコンディション。
  • ジャケットも正面に若干のリング・ウェアが見られますが、良い状態。点数をつければ80点位?
  • Ⓟ1965です。

ⓇNM ⒿEX++ 

価格 ¥6,000(¥6,300 税込み、送料無料) 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。 
  • 稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

こちらの記事もどうぞ

  • [バロックの森]ルイ15世時代の音楽④ 聴き所は、ニケのダジャンクールの録音。2011年1月20日 [バロックの森]ルイ15世時代の音楽④ 聴き所は、ニケのダジャンクールの録音。 響板がオリジナルであれば、製作当時のチェンバロです。・・・と言うイタリア紀行番組が先日NHKのBSで放送されていました。メカニックが当時そのままならオリジナルだと思えていたので、確かにそうだと発見になりました。チェンバロには螺鈿細工のものやら、意匠が凝らされているモデルが多いので気持ちはついつい造りの方に向いてしまいます。意匠と言えば白鍵に黒鍵がピアノ。チェンバロは黒鍵に白鍵 […] Posted in blog
  • 気持ち良く音楽に浸れる古典的名盤☆ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団 / ヴィヴァルディ:四季 ミゾ有り、ffssラージラベル http://amzn.to/lsJ9QK2011年7月5日 気持ち良く音楽に浸れる古典的名盤☆ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団 / ヴィヴァルディ:四季 ミゾ有り、ffssラージラベル http://amzn.to/lsJ9QK オリジナル。米LONDON盤ですがプレスは英DECCA。1958年録音。イ・ムジチと並ぶステレオ初期の“ヴィヴァルディの四季”の名盤です。スタンパー 1E-1E のファースト・プレスで音の鮮度感、鮮明さは抜群。クロイツィンガーのヴァイオリンもしなやかで美しい音質。http://amzn.to/lsJ9QK […] Posted in blog
  • チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh2011年4月15日 チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh 春の訪れを喜ぶ様なチェロの協奏曲。もちろん秋の静かな宵にしみじみ心に染みる時もありますが、エルガーのチェロ協奏曲が秋にはふさわしいしみじみさではないでしょうか。米コロンビアのセルの録音は乾燥していると言われる評価が少なくなくて、セルの音楽自体が固く乾いた音楽だと思い込んでいませんか。そうした向きにはベルリン・フィルのセルを聴いて思いを新たにして頂きたい。 […] Posted in blog
  • 《バロックの森》フルートが活躍するバロック名曲①2011年1月24日 《バロックの森》フルートが活躍するバロック名曲① 土曜、日曜日が『リクエスト・ア・ラ・カルト』で長い事続いてきたNHK-FMの『バロックの森』。平日のお勉強的な内容とのコントラストで、楽曲の詳しいお話しではなくて思い出話やナビゲーターさんの日常を伺わせる話は別な一面で面白かった。家庭菜園をされていたようで、朝に遊びに来る野鳥の話題など大好きでした。リクエスト・ア・ラ・カルトが日曜日だけになったのは、リスナーからのリクエストが […] Posted in blog
  • 13日の金曜日。Bloggerが一日前にタイムスリップ。昨日のメンテナンス後の更新分が隠れんぼ。2011年5月13日 13日の金曜日。Bloggerが一日前にタイムスリップ。昨日のメンテナンス後の更新分が隠れんぼ。 隠れんぼ・・・Blogger が再びメンテナンスを行っている様子ですが、午後3時頃まで閲覧できていた前日のメンテナンス終了後に更新されたページがメンテナンスの対象になっているように、アクセスできなくなっています。24時間分が神隠しにあったような状態で、24時間前のメンテナンス前にタイムマシンで引き戻されています。 […] Posted in blog
  • 2011年1月27日、おはようございます。今日はモーツァルトの誕生日です。2011年1月27日 2011年1月27日、おはようございます。今日はモーツァルトの誕生日です。 神が創造した最高の音楽家の記念日。1月27日はモーッアルトの誕生日。素敵な1日、何か良い事がある日になると嬉しいです。熊本は曇りの出足と成りそう。お昼頃には晴れるかな。モーツァルトの父、レオポルトは一代で宮廷音楽家になりました。当時は仕事は世襲制、マイスターの時代です。レオポルト・モーツァルトが宮中に仕えていた女性と結婚していなかったら、音楽が上手い建築士、或いは製本師になっ […] Posted in blog