SOLDOUT★米DELOS盤 デジタルのオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 チャイコフスキー:交響曲No.6《悲愴》 レア度 ★★★ http://ow.ly/41H4i

デジタルのフィラデルフィア・サウンド。CBS盤ではなく、DELOSのオーマンディの「悲愴」交響曲(Symphony 6)です。アナログLPレコード時代にフィラデルフィア・サウンドのサンプラーが、”ステレオ”・・・1970年代はオーディオとか、コンポとか言う前に”ステレオ・セット”のことを”ステレオ”と呼んでいましたね。ステレオ再生なのにスピーカーは4つ付いていたりしました。⇙

このレコードは売約済になりました。詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

⇗その”ステレオ”にサンプル盤として良く聴かれていたレコードが”フィラデルフィア・サウンド”と、帯にデカデカと目立っていたレコード。ゴージャスなオーケストラ・サウンドを初めて聴いたのが、これだよって人は多いんじゃないかしら。

アナログLPレコードでのサウンドとは、ひと味違っていたデジタル録音でのレア盤。1981年に録音されたアナログからデジタル録音への移行期のレコード。マイクからコンソールに送られ整音された音がデジタル変換されて記録されるというダイレクトな録音方式で、現在のようにコンピューター上で音を並べていくことはまだ出来ませんでした。SPレコードや初期のテープ録音時代を経験してきたオーマンディにとって、若き日に戻った思いがしたことでしょう。オーケストラも活気に溢れています。オリジナル盤はレア・アイテムですが、CDでもリリースがあります。 http://ow.ly/41H4i

 

☆通販レコード 2010年2月1日サイト掲載時の情報☆ 

【交響曲】

  • レーベル:米 DELOS
  • レコード番号:DMS-3016
  • オリジナリティ:オリジナル、デジタル録音

曲目:チャイコフスキー:交響曲 No.6 「悲愴」

演奏:

  • 指揮:ユージン・オーマンディ
  • オーケストラ:フィラデルフィア管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • 1981年9月26日のデジタル録音ですが、いやあ、そのピタリと揃った弦楽器群の美しいこと。他のオーケストラからは一寸聴けない音色です。それを録音した DELOS も偉い、明らかに COLUMBIA 時代より優れた録音です。デジタル初期の録音ながら、音に厚味とエネルギー感があります。
  • 盤はチリ音もほとんど無く、大変良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットはWジャケット、正面は綺麗ですがコーティングではないので外周にスレがあります。

ⓇNM ⒿNM-

価格 ¥5,000(¥5,250 税込み、送料無料)

お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。

稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。  

SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • 出来栄えは傑出した下品さ ― カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団 チャイコフスキー・大序曲「1812年」 Op.49 他2015年12月30日 出来栄えは傑出した下品さ ― カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団 チャイコフスキー・大序曲「1812年」 Op.49 他 たとえ『下品な音楽』であろうとも、やるならば手抜きはしない。「下品な音楽」が嫌いだったカラヤンが、「1812年」を生涯2度も録音している。英EMIの偉大なプロデューサー、ウォルター・レッグとカラヤン&フィルハーモニアのレコードの数々は、その後のクラシック音楽のレコードの作り方、販売戦略の手段として正に基準となるような仕事であった。 […] Posted in Products, Review, 通販レコード, recordsound
  • スタンパー2S/4S 極めて初期のLIVINGSTEREO優秀録音盤 官能的なミュンシュ指揮ボストン交響楽団 / ラヴェル:ダフニスとクロエ全曲 http://amzn.to/lI5Jqv2011年6月6日 スタンパー2S/4S 極めて初期のLIVINGSTEREO優秀録音盤 官能的なミュンシュ指揮ボストン交響楽団 / ラヴェル:ダフニスとクロエ全曲 http://amzn.to/lI5Jqv 官能美を楽しもう。聴く耳が大人でなかったらミュンシュの体臭に酔えないかも知れない。女性に触ることだけが目的の様な、いきなり大冒険にでても得るものがあるかどうか分からない。ミュンシュ、ボストン響のラヴェルは陶酔を約束されている様なトレジャー・アイランドだけれども、最近よく言う、草食系男子クラスタのクラシック音楽の聴き手は手を出さない方が身のためだと思います。ジャケットのデザイン […] Posted in blog
  • 無料コンサート 上半期は、クライスラーのベートーヴェン、ソナタ全曲鑑賞会2013年4月29日 無料コンサート 上半期は、クライスラーのベートーヴェン、ソナタ全曲鑑賞会 昭和10年、4巻に分けた豪華なアルバムで発売されたクライスラーの演奏は、史上初になったベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音でした。無料コンサートの上半期は5回シリーズで全10曲を順番に鑑賞しましょう。一人の演奏家の全集を集中的に聴く良い期間にしてください。CDとSPレコードでの違いを見つける機会でもあります。 […] Posted in blog, Concert
  • 夜のクラシック #002 森の夕日2011年3月15日 夜のクラシック #002 森の夕日 眠りの精、シャラララン〜♪ 子供の頃のお昼寝タイムの音楽だった様な。その当時は子供用の教材だと思っていたものが、クラシック音楽をしっかり聴く様になると意外な作品からのメロディだったりして尚更に興味が深まるものです。 さて、今回の曲については次回の答えといたします。前回の「夜のクラシック 第1回」の曲名は、オッフェンバックの「舟唄 バッカロール」でした。 […] Posted in blog
  • 第63回きらクラDONの答は2013年10月17日 第63回きらクラDONの答は チャイコフスキー作曲バレエ「くるみ割り人形」から花のワルツの冒頭。ニアピン賞が楽しみで、似ている曲も考えてみると同じチャイコフスキーの「眠れる森の美女」オーロラ姫が登場する主題に似てませんか。そこで気がついたことですが楽器編成、音の響きも頼りにしていること。これ、ピアノで出題されたら分からない曲だらけになりそうです。 […] Posted in blog
  • SOLDOUT★《レア盤》蘭PHILIPS 420-153-1 アラウ(p)、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8《悲愴》2012年1月9日 SOLDOUT★《レア盤》蘭PHILIPS 420-153-1 アラウ(p)、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8《悲愴》 このレコードはSOLDOUT致しました。 【器楽曲】通販サイト情報 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e576767.html レーベル:蘭 philips レコード番号:420-153-1 オリジナリティ:レア盤 曲目:ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.3、No.8「悲愴」 […] Posted in blog