売約済☆ラージラベル★アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団、サン=サーンス:オルガン交響曲 リファレンス度:★★★★★

このレコードは売約済になりました。SHM-CDでも「サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、フランク:交響曲」という最高カップリングでリリースしています。オーディオ装置に自信有り、或いは凄いクラシックサウンドってどういうの?って向きには必聴の1枚。1度聴くだけに終わらず、オーディオが変わったら試してみたくなるリファレンス度:★★★★★

先日から繰り返している霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)の噴火。地震ではなく、空震と言う現象を熊本で体験しました。妙に空気が張り詰めて静かになったので「地震が来るッ!」と、身構えたのですがビリビリビリビリとキッチンとリヴィングを仕切るガラス戸が振動しただけ。暖房のために冬だけ使用している扉ですから、暖かい日だったら気がつかなかったと思います。その時は噴火だとは思わなかったものですから、数分間振動が続くものだから何が上の階に入り込んできたのかとおっかなびっくり。

時々コウモリが屋根裏や換気扇に迷い込んでくることがあるので、戸袋に入り込んでしまったのかと思いました。

サン=サーンスのオルガン交響曲は、オーケストラサウンドとオルガンの相乗効果が聴いていて気持ちの良い音楽。クラシック・ファンだけに限らず、オーディオ・ファイルの好んでいる名曲。耳にオルガンの重低音が聞こえる前にスピーカーが振動するので、エンクロージャーの精度が問われます。タオルをスピーカーの前に垂らしていると揺れるそうです。アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

 

☆通販レコード 2010年3月12日サイト掲載時の情報☆ 

 【交響曲】

  • レーベル:英 DECCA
  • レコード番号:SXL – 6027
  • オリジナリティ:ラージラベル ED-3、2ndラベル

曲目: サン・サーンス:交響曲 No.3「オルガン付き」

演奏:

  • 指揮: エルネスト・アンセルメ 
  • 管弦楽: スイス・ロマンド管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • 1962年録音。英DECCAの誇る超優秀録音盤。当時は20ヘルツまで入っている唯一のレコードと話題になったものです。現在聴いてもオルガンの超低音は大迫力、大型の装置ほどその真価を発揮するでしょうが、小音量でも英DECCA特有のエネルギー感溢れる音を充分満喫できます。
  • 盤は部分的に鑑賞の邪魔にならないレベルのチリ音が聞こえるところがありますが、プチ音などは無く良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットはコーティング、綺麗な状態です。

ⓇNM ⒿNM

価格 ¥15,000(¥15,750 税込み、送料無料)

 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。 
  • 稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

こちらの記事もどうぞ

  • ライオンに向けて充実のMacOSXアップデート iTunes 10.2.2 、 SAFARI 5.0.5 へ2011年4月20日 ライオンに向けて充実のMacOSXアップデート iTunes 10.2.2 、 SAFARI 5.0.5 へ 夏のライオンが目の前だ・・・夕べはアップデートをして、あれっ、わたしの耳の感度の調子かな?と思いましたけれども、今朝、今、iTunesを聴いていて音圧が上がった様に印象を持ちました。パフォーマンスが上がったというか無駄を省いて、オーディオのスペックが上がった感じです。変にイコライジング効果を使用してワイドな音場に聴こえる様にしているのではなくて、素の音、素朴な音。mp3の貧弱 […] Posted in blog
  • バロックの森 -バッハの“フーガの技法”-2010年9月18日 バロックの森 -バッハの“フーガの技法”- 金曜日のバロックの森のカンタータのあとで放送された《フーガの技法》の中核にあるのが、今朝の放送の《コントラプンクトゥス》。バッハの作曲技術の集大成で、音楽の凝縮度が高い音楽です。1940年頃から作曲に着手されました。1942年には最初の12曲が完成されていましたから、40年代後半には出版のめどが立っていたようです。自筆譜として残されている一冊の津刷りの初めの半分は浄書されたも […] Posted in 未分類
  • あ、傘忘れてきた。写真を整理していて思い出して良かった。 – 木草弥や生ひ月の熊本城2011年3月1日 あ、傘忘れてきた。写真を整理していて思い出して良かった。 – 木草弥や生ひ月の熊本城 熊本の三月朔日のお天気は雨。弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となった・・・様にしょぼしょぼとした雨が熊本では多い月。けして冷たい雨ではありません。 今日はいつもより2時間早く家を出たので、繁華街から撮した熊本城もくっきり撮ることが出来ました。天気が良ければもっとはっきりしたことでしょう。 […] Posted in blog
  • 大評判☆独ELECTOROLA ゴールドラベル ミシェル・ベロフ(pf)、ドビュッシー:練習曲2011年10月27日 大評判☆独ELECTOROLA ゴールドラベル ミシェル・ベロフ(pf)、ドビュッシー:練習曲 【器楽曲】 2011年10月23日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547083.html レーベル: 独 ELECTOROLA レコード番号: C065-12 571 オリジナリティ: ゴールド・ラベル、1stラベル 曲目 ドビュッシー:練習曲 演奏 […] Posted in blog
  • 《通販中》稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧/10月2日更新2011年10月2日 《通販中》稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧/10月2日更新 稀少盤、オリジナル・アナログレコードのアマデウスクラシックス。第29回頒布は9月16日午後から一般希望受け付け開始、現在11枚のうち1枚がSOLDOUT、10枚の在庫ありです。 […] Posted in blog
  • バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(1)❇CDレビューと評価2010年12月6日 バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(1)❇CDレビューと評価 街がクリスマス音楽でいっぱいになる季節。クリスマスを迎えると新年が終わるまでは、クラシック音楽の世界もクリスマスを題材にした楽曲やノエルで溢れます。いや、この期間はキリストの受難曲を聴くことは禁じられていますので、マタイ受難曲はクリスマス・イヴが来る前に楽しんでおいて下さい。例年のバロックの森だと、クリスマスの前後からクリスマス・オラトリオをプログラムに取り入れてきていました […] Posted in 未分類