10月28日、チャイコフスキー自身の指揮により、『悲愴』初演(1893)・・・SP音源で、第4楽章を聴く♬

円盤は中心近くなるほど、再生が厳しくなります。それが分かっていながら円盤形のレコードが多くのレコード会社に採用されたのは、大量生産が容易だから。シリンダー式の録音メディアは線直線の優位性は認められながらも、円盤形のレコードがミゾの間隔を狭めていくことで長時間の録音、再生を可能にしたのに対して、録音時間が長くなるに連れてシリンダーが大きいか、長いものが必要になってライブラリ性が低くなっていく。100年後の、ベータ方式とVHS方式のヴィデオテープの顛末を重ね合わせれば理解しやすいと思います。

「夕焼け」 via brightkite.com

チャイコフスキーの悲愴交響曲は、賑やかな第3楽章のあとに次第に音楽がしぼんでいく第4楽章で終わります。

これがレコードの録音にはとても理想的。ロックや歌謡曲のアルバムがバラードのような穏やかな曲で終わるのは、こうしたレコードの特製を考慮してのことだったのでしょう。実際の演奏会では、しんみりと幕が閉じるのよりはパーッと終わった方が楽しいです。ガンガンとした音楽でも、少々音が崩れても気になるものではないですけれどね。レコード・メーカーがオーディオメーカーでもあることが殆どですから、やはり装置に負担になる事は避けたかったんではないかな。レコード針の長寿命をアピールしてもいた時代でしたからね。

 

TCHAIKOVSKY: Symphony No. 6 in B minor, Op. 74, “Pathétique”.

Berlin Philharmonic Orchestra.
Wilhelm Furtwängler, conductor.

Victor Album DM 553 Victor 17561 – 17566 (032549 – 032560). 12インチ盤、6枚12面。
Recorded October-November 1938, Beethovensaal, Berlin.

第4楽章 IV. Finale – Adagio lamentoso 演奏時間 10:08

  
Download now or listen on posterous

Iv.Finale_AdagioLamentoso.mp3 (5256 KB)

こちらの記事もどうぞ

  • 桜開花2011年3月24日 桜開花 名所の指定などはないけれども、知る人ぞ知る桜並木。夕方にわたしが出かける時に、犬の散歩に出ていた年配のご夫婦だと思うけど、男女が見上げて「綺麗ね。もうすぐだね。ここは開花が早い・・・」などと話している声が後ろでした時思わず振り返って、桜のことだと確認してしまいました。わたしの事ではなかったようで、一安心。 […] Posted in blog
  • (英)EMI ASD-2301 セミ・サークル・ラベル:ボールト指揮ニューフィルハーモニア / ホルスト:惑星 ⓇNM,ⒿNM ¥8,400(消費税、送料込)2011年8月4日 (英)EMI ASD-2301 セミ・サークル・ラベル:ボールト指揮ニューフィルハーモニア / ホルスト:惑星 ⓇNM,ⒿNM ¥8,400(消費税、送料込) 【管弦楽曲】  レーベル:英 EMI レコード番号:ASD - 2301 オリジナリティ:セミ・サークル・ラベル、 1stラベル 曲目: ホルスト:惑星 演奏: 指揮: サー・エードリアン・ボールト 管弦楽: ニュー・フィルハーモニア 試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:  […] Posted in blog
  • 熊本の中秋の名月観賞は望めず。龍が駆け抜けていった。2010年9月23日 熊本の中秋の名月観賞は望めず。龍が駆け抜けていった。 名月を撮ってくれよと、ネットフレンドに請われてカメラを手に寝室の窓へ。午後6時、時折遠雷が聞こえていたのですがわずかの間に日没をむかえたような陰りようで東の阿蘇から厚い雲に覆われてしまいました。雨が激しく降り始めたのは撮影を終えて直ぐのことで、カランコロンと雨音に混じってヒョウか、あられでも降っているんじゃないかしらと思うような降り方でした。 […] Posted in 未分類
  • さらたまちゃん 一袋 168円2011年5月1日 さらたまちゃん 一袋 168円 初夏の訪れを感じるアイテムにサラダ玉葱がなってきた。品種改良された食べ物だと言えるんだろうけれども、火を通したり、湯引きしないでも玉葱が食べられるのは今でも奇妙な感じがします。玉葱の芯は食べないように気をつけるように母に言われた注意が胸の奥にあるからです。わたしは青く育ってないようだったらそのまま出来るだけ玉葱を使うんだけれども、母は外の皮も芯も、随分と捨てていました。人参な […] Posted in blog
  • 英 DECCA SXL-6405 ブリテン・コンダクツ・イングリッシュ・ミュージック2013年4月17日 英 DECCA SXL-6405 ブリテン・コンダクツ・イングリッシュ・ミュージック 1969年録音。ジャケットの写真は、この録音がなされたワイナリーのものでしょう。(後に火事で焼失)ブリテンのシンフォニーは2楽章、3楽章が美しくイギリス的な悲哀に満ちてイギリス音楽が好きな方には堪らないでしょう。録音は、この当時の英DECCAらしい厚みの有る芯のしっかりした優秀録音。「ロジャー=ド=カヴァリー」を初めて聴く方は少しビックリされるでしょう。まさか、あのメロディー […] Posted in Orchestral, Review
  • US RCA LSC-1992 – HEIFETZ(vn),Munch/ Boston Sym. Orch.  – BEETHOVEN: VIOLIN CONCERTO2012年2月19日 US RCA LSC-1992 – HEIFETZ(vn),Munch/ Boston Sym. Orch. – BEETHOVEN: VIOLIN CONCERTO レーベル:米RCA レコード番号:LSC-1992 オリジナリティ:シェード・ドッグ・ラベル、1stラベル   曲目: ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲   演奏: ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn) シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽団   […] Posted in blog