個性を収入に変える Google AdSense 1.81 Update での Fatal エラーの対処

今ではローソンから公共料金を払うこともできるし、ポイントカードをお持ちですかって必ず尋ねられますね。
電気、ガス、水道、電話代。どのくらい使用していて毎月キチンキチンできているのか支払状況までデータにされます。いちいち調べなくても国や企業が支払状況を把握できます。

何かに名前を書いたら、どこかのデータベースに登録されて売り渡される。
スーパーでポイントカードを作ったことないですか。レジでポイントが増える度に、何を買ったか、好みのメーカー、使用頻度がわかりそのデータが企業に売られるんです。ポイントが還元される仕組み、そういうところは意外と見過ごされているもんですね。

3013378-poster-1920-as-google-adsense-turns-10-an-upstart-looks-to-own-the-next-generation-of-web-ads

Google AdSense 1.81 Update で Fatal エラー

Google アドセンスはインターネットでブログを書くようになってすぐから利用していて、このブログでは記事本文を二分するところで広告が入るようにしています。このバランスを楽しみに記事本文を追加したり削ったりしていますがブログ記事として丁度良い長さになるようです。

WordPress プラグインの Google AdSense が1月6日にアップデート。更新したら Fatal エラーを起こしてしまいました。広告が表示できずに記事ページの生成が完了しないで記事タイトルまでで止まってしまう。

Fatal error: Call to a member function get() on a non-object in/home/〜/wp-content/plugins/google-adsense-lite/providers.php on line 506

プラグインを停止すると問題なく生成される。ダウンロードのミスかプラグイン固有の不具合かと再度アップデートされるかもしれないからと一時は停止するのも考えましたが、ありましたありましたプラグインのページに設定を更新するように促されていました。

Please remember to visit the plugin admin page and click on “Migrate” to migrate your saved options to the update version. Or “Reset” to start from scratch again.
http://wordpress.org/plugins/google-adsense-lite/

指示通りに更新(Migrate)でエラーが解消されました。以前はこれを行うと、登録してある Google アドセンスの Publisher ID から表示設定まで再度入力の必要が起こってましたが今回は大丈夫でした。Google アドセンスには随分と助かっているのでホッと安心しました。パニックしたほどなので通常取り上げない内容ですが、ブログ管理者の備忘として投稿しました。

こちらの記事もどうぞ