古楽の楽しみ – 音楽の原点、麗しのアマリリ

バロック音楽の原点。音楽の形式が整うまでの様々な音楽。
自由様式と言っても現代人にもすんなり受け入れられるのは、作曲作法よりも生理的な働きが大きいのだろうということを強く感じられます。

「麗しのアマリリ」は近代クラシック音楽の様式美の最初の萌芽だと言われています。

麗しのアマリリ
わが甘き憧れの女よ 信じぬと言うのか
汝こそわが愛する女という事を
信じるのだ、夢疑ってははならぬ
それでも信じぬのならば
わが胸をこの矢で切り開くがよい
心の臓に書かれているのが見えよう
『アマリリ命』と


[restabs text=”More”] [restab title=”麗しのアマリリ” active=”active”]

  1. 「麗しのアマリリ」 カッチーニ作曲、ロバート・ダウランド編曲(2分37秒)
  2. 「おお、ダイアナの星たちよりも美しく」作曲者不詳、ロバート・ダウランド編曲(2分14秒)

(カウンターテナー)アンドレアス・ショル
(アーチリュート)エディン・カラマーゾフ
<ユニバーサル UCCD-1025>

[/restab] [restab title=”新しいクラヴサン曲集”]
  1. 「“新しいクラヴサン曲集”から 機織りをする人々」ラモー作曲(2分20秒)
  2. 「“新しいクラヴサン曲集”から そっけない女」 ラモー作曲(1分02秒)
  3. 「“新しいクラヴサン曲集”から メヌエット」 ラモー作曲(3分21秒)
  4. 「“新しいクラヴサン曲集”から めん鳥」 ラモー作曲(5分47秒)
  5. 「“新しいクラヴサン曲集”から レ・トリオレ」 ラモー作曲(4分11秒)
  6. 「“新しいクラヴサン曲集”から 未開人」 ラモー作曲(2分16秒)
  7. 「“新しいクラヴサン曲集”から エンハーモニック」ラモー作曲(8分14秒)
  8. 「“新しいクラヴサン曲集”から エジプトの女」 ラモー作曲(3分44秒)

(クラヴサン)セリーヌ・フリッシュ
<ALPHA 134>

[/restab] [restab title=”タルティーニの協奏曲”] 「協奏曲 ト長調」 タルティーニ作曲(11分39秒)

(フラウト・トラヴェルソ)有田正広
(演奏)東京バッハ・モーツァルト・アンサンブル
<コロムビア COCO-70967>

[/restab][/restabs]

こちらの記事もどうぞ

  • 協奏曲の魅力(4)2015年2月5日 協奏曲の魅力(4) 鎌倉幕府の開闢は1192年と答えて、◯をもらうか、△をもらって注釈されるか。教科書が改められるのはやがてでしょうから、これから日本史を学ぶ子どもたちは1185年の開闢だと覚えていくことになる。 音楽の授業では、古楽器演奏やバロック音楽時代の研究が活発で音楽学校ではもはやシビヤなところだろう。 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(3)2015年2月4日 協奏曲の魅力(3) 《ブランデンブルク協奏曲》第4番は、ヴァイオリンと二本のリコーダーによる独奏が聴ける楽曲ですが、ヴァイオリン独奏が目立った感があります。バッハはこの作品を『チェンバロ協奏曲 第6番 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み(2)2013年12月24日 クリスマスに聴く古楽の嗜み(2) 今年も熊本白川教会のクリスマス・オルガン・コンサートが行われる日になりました。一年が無事すぎていくのを感じています。 […] Posted in blog
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た2013年11月27日 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た バッハも手本にした音楽。ファッシュの作品は残されているものが少ないですが、その音楽スタイルはバロック時代の曲であることを意識させないモーツァルトよりも新しさを感じられるものです。不覚にもイギリスは音楽後進国となったわけですが、ダウランドを生み出した英国の誇りは揺らぎません。 […] Posted in Radio and Television, Review