フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターで NHK BS2 で放送。

成人の日の深夜1時から、フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニがハイビジョン・リマスターでNHK BS-2で放送。(2010年12月25日土曜日の夜11時から、Bs-hiでハイヴィジョン放送された内容です)。オーケストラはウィーン・フィル。1954年のザルツブルク音楽祭での演出、上演を映画にしたもので出来の良さは良く知られた作品。フィルムの劣化か、フィルムをテープに写したものをデジタル・リマスターしたものかカラーのにじみなどはなく鮮明ですが画素数が低い印象があります。

フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。

 

しかし、内容は「ドン・ジョヴァンニ」演出の教科書のようなもので、映画「アマデウス」のドン・ジョヴァンニ上演のステージはそっくり。しかし、映画「アマデウス」での焦燥しきったモーツァルトの表情はフルトヴェングラーは一切見せていません。ともかくもかの世代の男性は生気溢れて体力も充分に備えているようです。オペラ座のオーケストラピットだから、コンサートでの大振りな指揮姿ではなくて顔の表情は変わらなくても眉の表情で音楽に表現をつけています。

映像と音楽、歌声は別々にとられたものを編集で合わせたもののようです。映像での歌手たちの息づかいと歌声には合わないところがあるので演奏場の破綻はなく上質。チェーザレ・シエピのドン・ジョヴァンニは戦後のドン・ジョヴァンニの演技にはない上品さがあります。昭和の時代にはマドロスへの憧れを女性は持っていました。蝶々夫人を引き合いに出すまでもなく、戦争の後、女性の性意識は変わったんじゃないかしら。いや、世間が上手い具合に差し替えてしまったようです。ドンナ・エルヴィラはドン・ジョヴァンニを恨んでるような歌われ方をしていない。貴女はまだ世間知らずだから・・・って、見方が出来るくらい。きっとそれでドン・ジョヴァンニも立ち位置が変わってしまったのでしょう。

ドンナ・エルヴィラを歌う、デラ・カーザのソプラノは出色。可憐さと激しさが同居していると表現したらいいでしょうか? 声は良く通っていてシャープ、なのに華奢な役どころを感じさせてくれています。流石に現在のソプラノ歌手が忘れてしまった何かがあります。何かって、それは歌声の艶、歌声の表情。演技力の良いソプラノは最近多くなったけれども、歌い方は大時代に戻ろうとしているようですね。

 

 

..: PRODUCTION :..

  • Wilhelm Furtwängler – Conductor 
  • Wiener Philharmoniker – Orchestra 
  • Chor der Wiener Staatsoper – Chorus 
  • Paul Czinner – Producer 
  • Deutsche Grammophon – Studio

..: CAST :..

  • Otto Edelmann – Leporello (Bass) 
  • Elisabeth Grümmer – Donna Anna (Soprano) 
  • Cesare Siepi – Don Giovanni (Baritone) 
  • Dezsõ Ernster – The Commendatore (Bass) 
  • Anton Dermota – Don Ottavio (Tenor) 
  • Lisa della Casa – Donna Elvira (Soprano) 
  • Erna Berger – Zerlina (Soprano) 
  • Walter Berry – Masetto (Bass)

こちらの記事もどうぞ

  • どうやら今日は、悪魔が楽しんでいるようだ・・・10月29日、歌劇《ドン・ジョヴァンニ》初演2010年10月29日 どうやら今日は、悪魔が楽しんでいるようだ・・・10月29日、歌劇《ドン・ジョヴァンニ》初演 台風14号が九州の東側を北上しています。沖縄、奄美では大変な被害を出しているようで心配です。さて、熊本は多くの皆様からご心配を頂いていますけれども、朝のうちは東の空は写真のような「不思議な空模様」とは、こういう様子をさしているのではないかと思いました。 […] Posted in 未分類
  • フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。2010年12月26日 フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。 クリスマスの夜11時(2010年12月25日土曜日)から、フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニがハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。オーケストラはウィーン・フィル。1954年のザルツブルク音楽祭での演出、上演を映画にしたもので出来の良さは良く知られた作品。フィルムの劣化か、フィルムをテープに写したものをデジタル・リマスターしたものかカラーのにじみなどはなく鮮明です […] Posted in 未分類
  • [FMお薦めクラシック番組]ウェルザー=メストのドン・ジョヴァンニ 2011/2/13, 14:00 NHK-FMでオン・エア2011年2月13日 [FMお薦めクラシック番組]ウェルザー=メストのドン・ジョヴァンニ 2011/2/13, 14:00 NHK-FMでオン・エア 小澤征爾さんの後を受けて、ウェルザー=メストさんが本格始動!新しいプロダクションと成った《ドン・ジョヴァンニ》の放送が、2011/2/13 14:00 オンエア!《ドン・ジョヴァンニ》の音楽って、モーツァルトのオペラの中ではヴァレンタインにしっくり合うと感じているのはわたしだけでしょうか? Mozart-Da Ponte, Don Giovanni. Wiener […] Posted in blog
  • サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲2010年11月12日 サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲 森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!のちょうど中程、殺人事件の鍵を握る大物が男色家だったと主人公が気がつく場面。犯行の行われたホテルのパーティー会場で流れていた音楽が、モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲。タイトルの「不倫四重奏」とあるように事件と人間関係が重奏になっているドラマに、オペラ「魔笛」の序曲はふさわしくって意図しての選曲であったのか不思議な思いがしています。 […] Posted in 未分類
  • ぬりえ2010年11月10日 ぬりえ 塗り絵で楽しんで下さい。ミンキーモモを知らない世代も多くなったと思いますけれども、自由なイメージで色をつけて欲しいな。現代っ子は、すぐに検索してオリジナルに忠実に色づけしちゃった方が良いと思うのかも知れないけれども、ネットには時々色を変えたカラーリングが存在しますよ。塗り絵は女の子のファッション感覚を育みます。本来はどういう色だという事よりも、自分に似合う色あわせを試してみよ […] Posted in 未分類
  • 秋分の日、夕暮れ。今日は《はげ山の一夜》を聴きましょう。2010年9月24日 秋分の日、夕暮れ。今日は《はげ山の一夜》を聴きましょう。 秋分の日。昼と夜が等しい日。せっかくの日なのだけれども、今日は太陽の出入りを観ることが出来ませんでした。 午後6時、既に陽は沈んだあと。明日からはドンドン早く夜が来るんですね。 […] Posted in 未分類