羊と馬の黄金楽団*コレギウム・アウレウム合奏団 モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク&ディヴェルティメント

通販レコードのご案内密かな楽しみ、心休まる演奏

FR HARMONIA MUNDI HM22045 コレギウム・アウレウム合奏団 モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「ディヴェルティメント」《仏ブラック盤》FR HARMONIA MUNDI HM22045 コレギウム・アウレウム合奏団 モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「ディヴェルティメント」 ドイツのケルンを本拠地に1962年に生まれた、ハルモニア・ムンディのレコードで世界的に名を知られるようになったコレギウム・アウレウム合奏団はドイツのハルモニア・ムンディの録音のために組織された古楽器オーケストラの草分け的存在です。グスタフ・レオンハルトやアンナー・ビルスマなどのトップ・アーティストとも共演している。
『黄金の楽団』という意味の名称は、ドイツのシュヴァーベン地方にあるフッガー城の糸杉の間を主な録音会場としており、そのホールの構造が黄金分割になっているところから付けられたと云う。メンバーはバッハ時代の古楽器もしくは忠実なコピー楽器を用いており、将来のピリオドシーンを担うようになる少なからぬ偉大な演奏家を名簿に見ることができます。
 古い時代の演奏習慣に忠実に指揮者は置かず、コンサートマスターのフランツヨーゼフ・マイヤが主導しています。ベートーヴェンのシンフォニーに新たな光をあて話題を提供するかと思えば、カール・シュターミッツなど知られざる作曲家の紹介にも力を注ぐといった、幅広いレパートリーと高い演奏水準で評価を得ていた。
 コレギウム・アウレウム合奏団は多くのレコーディングをしていますが、中でもモーツァルトの録音が多く、レクイエムやセレナーデに対するアプローチは、一時期モーツァルト演奏のスタンダードのひとつと目されたこともありました。
 セレナード13番ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525は、ブルーノ・ワルターのものをはじめとして、数多くの名演ひしめく超ポピュラーな名曲でありながら、頭一つでも他をリードする演奏はそう出てくるものではない。レコード盤に針をおろして、ターンテーブルの回転が安定に達して、その音が出る直前から最高だと感じるのだ。ガット弦を使ったオリジナル楽器のコピー、フッガー城の糸杉の間の音響がブレンドされて、得難い音響なのだ。
 当時としては、モーツァルトの時代のスタイルに出来る限り戻した学究的なものとして提示されたはずのこの演奏であるが、ギスギスした音や、過剰なアゴーギク、ディナーミクの変化はここには全くない。指揮者がいないのだから、解釈の入り込む余地が無いのだ。しかも、それを補ってあまりある見事な歌い回しで指揮者がコントロールしていれば、さらになだらかに音楽が推移するのだろうが、精密な設計ではないが、メンバー各々のイメージが親しいのか、このアンサンブルの演奏はそうしたフレーズの納め方がとても音楽的で美しい。モーツァルトの交響曲第40番もそうだったが、生き生きとした演奏なのだが優しく穏やかな表情が素晴らしく、モーツァルトの短調の曲ながら不思議と心休まる演奏となっている。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

Collegium Aureum, Franzjosef Maier ‎– W.A.Mozart, Petite Musique De Nuit / Divertimento En Ré Majeur KV 205 Sur Instruments D’Époque ‎– Harmonia Mundi ‎– HM22045

レコード番号
HM22045
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演奏者
フランツヨゼフ・マイアー
オーケストラ
コレギウム・アウレウム合奏団
録音種別
STEREO
BLACK WITH SILVER LETTERING, STEREO 1枚組(120g)。

販売レコードのカバー、レーベル写真

FR HARMONIA HM22045 コレギウム・アウレウム合奏団…
FR HARMONIA HM22045 コレギウム・アウレウム合奏団…

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
FR(フランス)盤
見開きジャケット

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは品番 / 34-21327
販売価格2,200円(税込)


 ピリオド楽器を用いていても奏法についてはヴィブラートが常に施されているなど、今から見るとなんとも中途半端な響きがしますが、これもまだピリオド奏法が十分に研究されていなかった時代のこと、現代の視点から安易に批判することは控えるべきでしょう。彼らの演奏は、古典派の明るく快活という基本精神を十分具現するもので、それに独自の柔らかさが加えられていて、曲によっては今でも十分な魅力を放っています。
 古典派の作品についても古楽器を用いてアプローチすることが珍しくなくなった1990年代半ばに、コレギウム・アウレウム合奏団はその役割を終え解散しています。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


こちらの記事もどうぞ