ピアノの新約聖書*若々しい青春の雰囲気に満ちた イーヴ・ナット ベートーヴェン・ピアノソナタ9,10,11番

通販レコードのご案内新約聖書と言われている極めて洗練された優美なベートーヴェンです。

FR VSM C061-10925 イヴ・ナット ベートーヴェン・ピアノソナタ9,10,11番《仏カラー・スタンプ・ドッグ盤》FR VSM C061-10925 イヴ・ナット ベートーヴェン・ピアノソナタ9,10,11番 ピアニストとしては、明晰なタッチと透徹した造形美を誇るイーヴ・ナットがその最晩年の1953年〜55年に残した名演として世界的に評価の高いベートーヴェン全集は秀逸。演奏の素晴らしさは万人が認める通り。中期~後期は勿論、ベートーヴェンの初期のソナタ群がこれほどまでの名曲だったことに改めて気づくと思います。イヴ・ナットはフランス人でありながら、ベートーヴェンやシューマンの曲を得意としていた。ドイツ出身の演奏家がベートーヴェンを演奏すると、どことなく力み過ぎているような印象が残るがイヴ・ナットは、優美な演奏で安定感を感じることができる。
 イヴ・ナットはソロだけでなく室内楽の世界にも熱中し、ティボーやエネスコ、イザイといった巨匠たちと各地で共演を繰り広げ、作曲家の意図する核心に迫り続けていました。ナットのベートーヴェンはこうした室内楽で培った経験の集大成。とても思索的、内省的なベートーヴェンですが、ドイツ系の奏者シュナーベルやバックハウスと違ってギリギリで抑制の利いた造形感覚が素晴らしいと思います。極めて洗練された優美なベートーヴェンです。
 音質もほとんどがモノラル後期のものだけに聴きやすい水準にあり、幸いな事は録音技師にアンドレ・シャルランを迎えた事でモノーラルでありながら、そのピアノの音は瑞々しく気品があり現在聴いても全く古臭さを感じさせないどころか優秀録音です。

 ベートーヴェンの創作活動において、ピアノ・ソナタは最も重要なジャンルの一つ。19世紀前半におけるピアノという楽器の発展の中で、彼はピアノ音楽の新しい表現方法を追求しました。“ピアノの新約聖書”と称される32曲のピアノ・ソナタは、ピアニストのみならず、ピアノに関わる全ての人間にとって避けて通ることができない、今なお燦然と輝く存在です。
第9番は作品14の2曲の一つで、第8番『悲愴』と同時期の作曲と推定されています。明るい第1楽章、緩徐楽章とスケルツォを兼ね備えた第2楽章、そして流れるようなロンド形式の第3楽章。比較的規模は小さく、明快さが特徴です
第10番は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中で最も簡易なものの一つとして、ピアノ初心者の学習用に選ばれることが多い楽曲です。優雅で愛らしい第1楽章、変奏曲形式の第2楽章、そして軽快な第3楽章。なお、この曲は「2つの声部による男女の対話が認められる」として、親しみを込めて“夫婦喧嘩”と呼称されていたことがあったそうです。
ベートーヴェンが「満足のいく出来」と手紙に記した第11番は、古典的4楽章で作曲され、若々しい青春の雰囲気に満ちた、ベートーヴェン初期の前半の最後を飾る規模の大きな作品です。生気みなぎる第1楽章、抒情的でロマンティックな第2楽章、伝統的なメヌエットの第3楽章、そして第4楽章は瑞々しい旋律の中に、後に繋がる幻想的で即興的な美しさが溢れています。
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ32曲を作曲順に見ていくと、この作曲家が新たな音楽世界をどんどん切り開いていく様子が伝わってきます。それは、まさにロマン派への扉です。さらに、改めて認識するのは、ベートーヴェンが優れたメロディーメーカーであったこと。全曲、美しい旋律と豊かなハーモニーが堪能できます。

1954年パリ、Salle Adyar 録音

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

Yves NAT – Les Sonates De Beethoven

レコード番号
C061-10925
作曲家
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏者
イヴ・ナット
録音種別
MONO
COLOR STAMP DOG, MONO 1枚組(120g), Stamper 21/21。
FR VSM C061-10925 イヴ・ナット ベートーヴェン・ピ…
FR VSM C061-10925 イヴ・ナット ベートーヴェン・ピ…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
M-
製盤国
FR(フランス)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
オーダーは品番 / 34-22286
販売価格3,850円(税込)


 イヴ・ナットは1890年12月29日、南フランスのベジエに生まれ、1956年8月31日にパリで没したピアニスト。
 幼い頃から楽才をあらわしたナットは10歳のときに、自作の『オーケストラのためのファンタジー』を指揮、それを聴いたサン=サーンスとフォーレがパリ音楽院で勉強することを薦め、同音楽院に学んで1907年には首席で卒業、その後、コルトーやカサドシュ、シャンピ、レヴィといった名ピアニストの師としても知られるルイ・ディエメールに師事してさらにピアノの研鑽を積みます。
 1909年にはドビュッシーに連れられてのイギリス楽旅を皮切りに、南北アメリカを含む国際的な活躍を開始するナットですが、最初はソロだけでなく室内楽の世界にも熱中し、ジャック・ティボーやジョルジュ・エネスコ、ウジェーヌ・イザイといった巨匠たちと各地で共演を繰り広げます。
 1934年からはパリ音楽院教授に就任し、教育と作曲活動に注力するため、演奏家としての活動をほとんどおこなわなくなりますが、1952年頃にはコンサート・ピアニストとして本格的に復帰し、演奏会や録音活動に精力を注ぎ、亡くなるまでの数年間に数々の傑作を残します。
 作曲家としてのナットは、ピアノ協奏曲やピアノ曲、室内楽、オラトリオ、歌曲などを書いており、中でも1954年に書かれたピアノ協奏曲は高い評価を得ていたようです。
 ピアニストとしては、明晰なタッチと透徹した造形美を誇る名演として世界的に評価の高いベートーヴェン全集や、シューマン作品集が有名ですが、ブラームスやショパンでもそうした持ち味は良く生かされています。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


こちらの記事もどうぞ