SOLDOUT★溝あり、ブルーバック!スタンパー1K-1K★アルヘンタ指揮スペイン国立オーケストラ / ファリャ:三角帽子、トゥリーナ:セヴィーリャ交響曲 http://amzn.to/kotgWj

SOLDOUT として、このレアなレコードも紹介。アタウルフォ・アルヘンタ指揮スペイン国立オーケストラのファリャ作曲《三角帽子》の米LONDON盤。英DECCA盤は超高価な1枚。ショップサイトにオリジナル盤を探しているのですがと昨年10月21日に確認を頂いて気をつけていて、ようやく入手できました。連絡しましたら“5年越し・・・ずーーっと探していました。”と言う事。“何とも情けない音のキング盤の国内CDで聴いていましたので、しっかりとした音で聴けるというのはとても嬉しいです。”と、更に“宝物です”とまで喜んで頂いて長い事、熊本で知人を中心にやって来たことをインターネットのホームページを通じて県外のクラシックのLPレコード愛好家のお手伝いが出来るのは嬉しいものです。 http://amzn.to/kotgWj

Cs6050

アタウルフォ・アルヘンタ指揮スペイン国立オーケストラ / ファリャ:組曲《三角帽子》、トゥリーナ:セヴィーリャ交響曲 レコードは2011年6月4日(土)着で発送済みです。

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

英DECCAを望みたいところでしょうが、再販でも良いと言う希望。米LONDON盤でジャケットのデザインなどは英盤とは異なりますが、再販盤よりも“しっかりとした音で聴ける”と約束できるはずです。価格的面でも英DECCAの再販盤の方がきっと高値か同等でしょう。

ジャケットはブルーバックで最初期だと直ぐに判断できます。レコード盤の方も、ミゾ有り。スタンパー1K-1Kで確かなものです。何よりもオリジナル盤は、手にした時の感触が違います。長年レコード盤を手にしていた感と言ったらいいのでしょうか、オリジナル度外かばかりかなどとノウハウ的知識は少なくてもレコード盤で音楽を楽しんできた人が一様に“この盤は音が良さそうだ”と感じるのが面白いものです。単に重量感だけではない、不思議なパワーがでているのでしょうか。

 

【管弦楽】

  • レーベル:米 LONDON
  • レコード番号:CS – 6050
  • オリジナリティ:英DECCAプレス、ラージ・ラベル、ミゾ有り。スタンパー1K-1K

曲目:

  1. ファリャ:組曲《三角帽子》
  2. トゥリーナ:セヴィーリャ交響曲

演奏:

  • 指揮: アタウルフォ・アルヘンタ
  • 管弦楽: スペイン国立オーケストラ

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 米LONDON盤ですが、プレスは英DECCAでスタンパー1K-1Kのオリジナルです。
  • 盤は傷も無く、再生でも何の問題無く大変良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットはブルーバックで最初期のもの。コーティングではないので、正面に若干のスレ。右上部に2cm位の割れがあります。それ以外は問題ありません。

ⓇNM ⒿEX++

価格 ¥15,000(¥15,750 税込み、送料無料)

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net

※CDは廃盤。 ファリャ:バレエ組曲「三角帽子」/交響的印象「スペインの庭の夜」/賛歌@アルヘンタ/スペイン国立o. 他

 

こちらの記事もどうぞ

  • バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。2010年10月11日 バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。 バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。バッハはドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。名前から後々にバッハを姓として名乗るようになったのでしょう。当時の音楽家として最高権威に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • プログレを聞きながら小説は書けるのか – 今日は一日プログレ三昧 午後8時前からデイヴ・シンクレア・ライヴ生ステージです。2011年10月10日 プログレを聞きながら小説は書けるのか – 今日は一日プログレ三昧 午後8時前からデイヴ・シンクレア・ライヴ生ステージです。 今日は一日プログレ三昧。夕べはBSフジでエマーソン、レイク&パーマーの結成30周年だか40周年だかのライヴを観ました。何かのフェスティヴァルのクロージングだったようで、前のバンドのステージが長引いてしまったので、セッティングをしたら1時間30分のステージ予定だったのに1時間半で切り上げなくてはいけない大番狂わせがあったそうです。 […] Posted in blog
  • 白昼の凶行 犯人は未だ逃走中と思われるので不安 – ATOK2011の悪行も不安2011年8月10日 白昼の凶行 犯人は未だ逃走中と思われるので不安 – ATOK2011の悪行も不安 最後のブログ更新になるかもしれない。いやいや、そのような思いで書き始めています。まだ夜明け前なのでBGMはブラームスのピアノ・トリオを聞いています。録音の時ぐらいでヘッドフォンでは音楽を聴く習慣はありません。むしろクラシック音楽はヘッドフォンで聴いておもしろいものではありませんね。ストコフスキーが行ったステレオ初期のバイノーらル録音盤であれば別だけれども、楽器が頭の周囲にぐる […] Posted in blog
  • 《今夜聴くべきクラシック・ライヴ》黄金の糸で装飾されたような《交響曲第4番》、初演はちょうど100年前。NHK交響楽団定期演奏会 マーラー没後100年記念コンサートは午後6時から2011年11月26日 《今夜聴くべきクラシック・ライヴ》黄金の糸で装飾されたような《交響曲第4番》、初演はちょうど100年前。NHK交響楽団定期演奏会 マーラー没後100年記念コンサートは午後6時から マーラー没後100年に、N響が記念コンサートに選んだのは《交響曲第4番》。マーラーの『天上の歌』として、明るく叙情的な交響曲です。いつもの大きな管弦楽でなく、終楽章に一人のソプラノが加わって短い歌を歌います。 うれしい愉しい天上の国 浮世のことは忘れよう 天の国には 地上の騒ぎはとどかない! どこもかしこも平穏そのもの! 天使のような暮しぶり! […] Posted in blog
  • ティータイムはゆず茶で2011年1月17日 ティータイムはゆず茶で 熊本は昨日の日曜日のように、時折風が強く冷たく吹き抜けていくことはあってもお洗濯が倒れたり、飛ばされたりしないように注意しておけばしっかり乾く晴れの1日でした。空気は乾燥気味ですから、喉を潤う飲み物が欠かせない。スポーツ飲料も良いけど、冬の定番はゆず茶を愛用しています。 […] Posted in blog
  • 第19回 Mind Harmony Concert、熊本で今年も開催2010年9月21日 第19回 Mind Harmony Concert、熊本で今年も開催 くまもと障害者音楽祭実行委員会が、障者をもった人たちを中心にしたコンサート「Mind Harmony Concert」を、熊本県立劇場演劇ホールで平成22年11月7日に開催する。この音楽祭は、障害のある人たちが輝き、みんなが共に生き、互いに支えあう社会を作る一つの架け橋になることを願い、参加者全員がボランティアで行う手作りの音楽祭であり、毎年参加者に深い感動を与えている。 […] Posted in 未分類