虹色の光彩を放つピアノの美音☆ウィルヘルム・バックハウス(ピアノ)、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタNo.12,No.18 ffss、スモールラベル http://ow.ly/4JpSC

英DECCA盤。1963年録音。全集の中の1枚です。演奏の良さは言うに及ばず。その音質は当時「柔らかく、芯があって虹色の光彩を放つ黄金のタッチ」と言われたもので、このLPにはまさにその通りの音が入っています。 http://ow.ly/4JpSC

Sxl6064

通販レコード 新着盤 2011年5月19日掲載

【器楽曲】

  • レーベル:英 DECCA
  • レコード番号:SXL – 6064
  • オリジナリティ:ffss、スモール・ラベル、ED=4

曲目:ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.12,No.18

演奏:ピアノ:ウィルヘルム・バックハウス

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1963年録音。全集の中の1枚です。演奏の良さは言うに及ばず。その音質は当時「柔らかく、芯があって虹色の光彩を放つ黄金のタッチ」と言われたもので、このLPにはまさにその通りの音が入っています。
  • 盤は優秀。たまに小さいチリ音が聞こえるくらいです。
  • ジャケットは正面左真ん中にシールを剥いだあとと、左上が若干つぶれていますが、やぶれ等はありません。

ⓇNM ⒿNM-

価格 ¥6,000(¥6,300 税込み、送料無料)

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

※ベートーヴェンの32曲あるソナタのうち31曲をステレオ録音。唯一録音が残されることの無かった1曲が悔やまれる。CDは未録音の1曲はモノーラル盤で補完。やむなし。 ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ全集

 

こちらの記事もどうぞ

  • 10月5日発売 MIYAVI vs KREVA『STRONG』 – CD新譜のおすすめ!2011年10月6日 10月5日発売 MIYAVI vs KREVA『STRONG』 – CD新譜のおすすめ! 竹内光司さんがジャケットをデザインしたCDが発売されました。あっさりそつが無いようなデザインが多いのだけれども、シンプルなグラフィックアートのカバーデザインの中でもバランス感覚は秀逸。写真等では感じにくいのですけれども、実際に手にしてみると質感が大切だなと感じさせてくれます。    STRONG STRONG(MYV […] Posted in blog
  • 被災地に哀悼の灯火。午後4時8分、普賢岳に黙祷。2011年6月4日 被災地に哀悼の灯火。午後4時8分、普賢岳に黙祷。 真っ赤な夕映えの真ん中で太陽の陽が、哀悼の灯火の様に見えます。午後4時8分、被災地にサイレンが響いて多くの人が黙祷しました。東関東大震災の津波の恐怖は、島国日本にはまた起こらないとは言えない大災害です。そして火山列島でもある日本は火砕流も恐怖に変わりありません。雲仙・普賢岳の土石流災害から20年。昨日の6月3日は、長崎で追悼式典が行われました。 報道カメラマンが録ら […] Posted in blog
  • 葉桜越しの宵月2011年5月16日 葉桜越しの宵月 阿蘇山の噴火と聞いて、多くの人が関心を向けてしまったほど近頃自然災害に過敏になっていませんか。被災地支援には過剰と思える行動をしている熊本だけど、阿蘇の活動には冷静すぎるのかも知れません。『2年ぶりの噴火』に久し振りだな、と言う程度かも知れません。『降灰の確認』は少し軽快してもいいかもしれないと思えます。灯台もと暗しにならないと良いのだけれど。大きなカルデラの底にある熊本です […] Posted in blog
  • 馬肉カレーパン2011年4月30日 馬肉カレーパン 馬肉カレーパン - 熊本県産米粉(小麦粉80%、熊本県産米粉20%の配合で使用しています)入りの生地に、馬肉入りカレーを包みました。とあったので食べてみました。製造者の所在は東京都とあるから、全国的に食べることは出来るのかな。夕べ、カレーに馬肉を使うこともあると友達にメッセージしたら「流石に熊本」と返事が帰って来たけれども珍しいことかしら? […] Posted in blog
  • 良い夫婦の日の話 – 腕白BOYとピアニストになりたかった男2011年11月22日 良い夫婦の日の話 – 腕白BOYとピアニストになりたかった男 腕白な小学生がいた。この男の子には同じように腕白な同級生の友達がいて、二人揃えば怖いものなしでした。ふたりは、小学校から中学校。高校へ進学、更に大学も同じという親友で、切っても切れない間柄だった。 […] Posted in blog
  • ベルリオーズ:幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管 http://ow.ly/4IgFg2011年4月28日 ベルリオーズ:幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管 http://ow.ly/4IgFg 仏PATHÉ盤。1967年録音。現在でもこの録音のベストにこの盤を選ぶ人が多い、名盤中の名盤と言えるでしょう。仏プレスと言うことも有り音色は色彩的、高域、低域共に良く入っていて音質は瑞々しく70年代にプレスされたダブルジャケットのパテ盤とは全く別物の良い音質です。(あの盤はどうしてあんなとげとげしい音だったんでしょうか) […] Posted in blog