あらためまして。はじめまして。3月、新しいスタートです。

熊本交通センターから最も近いデパートとして、2月23日。岩田屋伊勢丹から岩田屋、そして、くまもと阪神百貨店として繁華街の中心にある鶴屋デパートに対してきましたが、2003年2月から続いていた阪急阪神百貨店からの協力態勢の契約が満了。更新されなかった為、店名を『県民百貨店』に改めての中身はお馴染みの再スタート。

経営から阪急阪神百貨店が撤退したので空いたスペースでフロアが1つ増えました。包装紙などは新しくなりましたけれども、お店の顔ぶれも今のところは引き継がれていて変わりません。馴染みのショップを利用していた向きには馴染んだ勝手で安心でしょう。外装の壁やオーニングも新しくなりましたけれども色やデザインはそのままです。『阪神』を『県民』に入れ替えただけで、無駄な経費を抑えたという印象で好感度あります。

写真を撮りたくなったのは、おてもやんの表情が明るく感じられたからです。染みこんだ鳩の糞などは仕方ないのかも知れませんが、前より綺麗になったんじゃないかしら。明るいと言うよりも若い表情になったと言ったら、おてもやんも喜ぶかしら。

熊本城も春のお城祭目指して綺麗に変わりつつあるし、観光シーズン目指して市内電車の表示板などの交換が着々と進行中。新幹線開通が熊本の活性化に実りをもたらしてくれるのが楽しみです。

こちらの記事もどうぞ