アバド渾身のマーラー!NHK-BS 『アバド&ルツェルン2010』マーラー:交響曲第9番ニ長調。※BS2では3月7日放送 http://ow.ly/3ZULm

土曜日の深夜にNHKのBs-hiで放送された「ルツェルン音楽祭2010 アバドのマーラー 交響曲第9番」は、拍手が起こるまで30秒以上は沈黙が続いて誰もがいつ解かれるのか固唾を呑んで観ていたと思います。全曲を終える時にアバドが指揮棒を胸に抱いたままで最後の長い弱音は、既に音には成っていないと思えるのにヴァイオリンの弓もそのまま、戻すまで随分とそのままでした。 http://ow.ly/3ZULm

DVDは輸入盤: Lucerne Festival Orchestra [DVD] [Import]

サンプルムービーはこちらで観る事が出来ます http://is.gd/Vrhc92

以前演奏前の説明とプログラムに拍手を待つようにと成っていた演奏会がありましたけれども、腕を降ろしていたらジワジワと拍手がわき上がっていた事でしょう。

DVDは2011年1月にBlu-rayと、DVDの2種が発売されました。NHKでルツェルン音楽祭が放送される時には、大抵DVD発売から一ヶ月経過する前後ですね。NHKの放送、曲が終わった時点でそのまま放送が終わっちゃうかと思ってましたが拍手が起こるところまで放送されました。 DVDは輸入盤: Lucerne Festival Orchestra [DVD] [Import]

 

こちらの記事もどうぞ

  • 戦場のピアニスト NHK BS2で放送 2011/2/23 21:00 http://ow.ly/41IKd2011年2月23日 戦場のピアニスト NHK BS2で放送 2011/2/23 21:00 http://ow.ly/41IKd 3月はショパンの"誕生日"。誕生月?・・・では、ありません。ショパンの誕生日には2つの説に割れています。割れていると言っても、持論が正しいと1つにしようという動きはなくて2回もショパンの誕生日を祝えるのなら嬉しいじゃない。と言うポーランド人の穏やかな心。いっそ2つの説を挟んで、一ヶ月まるごとショパンの誕生日にしましょうと、言う事になりました。ちなみに命日は10月17日で、こち […] Posted in blog
  • SOLDOUT★ドライな響き LIVING STEREO★フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 チャイコフスキー:交響曲NO.6《悲愴》 オーディオファイル度:★★★★★2011年2月23日 SOLDOUT★ドライな響き LIVING STEREO★フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 チャイコフスキー:交響曲NO.6《悲愴》 オーディオファイル度:★★★★★ 一言『怖い』終楽章にチャイコフスキーの狂気を観るようで愕然とします。言い方を変えたら、「チャイコフスキーの管弦楽法はオーケストラがユニゾンで動いているだけだ。」と皮肉を言う人に突きつけたらぐうの音も出なくなる、"泣く児も黙る"シカゴ交響楽団の怖さ。CDにはみんなが大好きな"1812年"との組み合わせになっているから"悲愴"の終楽章で心震えたあと、オーディオ装置が壊れても・・・ […] Posted in blog
  • CSS で可能 画像のロールオーバー2016年3月25日 CSS で可能 画像のロールオーバー ロールオーバー・イメージの表示サンプルです。画像にマウスを載せた時だけ、別の画像を表示します。外部スタイルシートを使用せず、HTML […] Posted in css, WordPress
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 6/242011年3月29日 あなたが持つべき156枚の名盤・・・157枚目を選ぶのはあなたです。 6/24 あなたが持つべき156枚・・・第6回は『クラシック・ロックの名盤』のつづきの6枚。ここまでで41枚の紹介です。必聴ではなくて必携のアナログ名盤。今回の6枚は音楽的魅力よりもオーディオ的快感を享受できるセレクションです。内容と価格の比例しているような感じで、マディ・ウォーターズは高額。イギー・ポップとザ・ストゥージズの2枚はアナログプレーヤーを所有しているのなら、CD盤より厚味 […] Posted in blog
  • [ライヴの告知]あの日のようにささやいて2011年2月19日 [ライヴの告知]あの日のようにささやいて 5人のDJが'60年代から'00年代のうちいずれか10年間を受け持ち、日本ポップ音楽史の50年間を時系列に串刺し!歌謡曲、GS、演歌からJ-Pop、アニソン、ダンスミュージックまで…なんでもアリ、なのにどこにもなかった新しい宴。しかも翌日が気にならない午後から夜早めの「昼イベント」! 2/20(日)@早稲田茶箱 15:00-21:00 […] Posted in blog