今日的トレンド・クラシック★★★★フルトヴェングラーのベートーヴェン:交響曲第5番 ウィーン・フィル・ヴァージョン

評価は★★★★。不朽の名盤ではあっても、2度と聴く事が出来ないバージョンであるとか演奏スタイルである本来レコードのために録音された演奏のCDを変わらずに普及の名演奏として引き続き評価されている音源があります。参考として耳にしておく価値はありますよ、但し本当の判断をしたいならばアナログレコードを聴くことを薦めます。という事だったりもします。

 

CD ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル、ベートーヴェン:交響曲第5番 1954年2月28日、3月1日 スタジオ録音。英EMI録音のレコードで、日本で東芝EMIが発売した最初のLPレコードでした。この録音は2000年代にもリマスター盤がCDとして発売されています。が、グランドマスターシリーズとしてCD化された音とのニュアンスの違いは明確に出ています。カップリングはシューベルトの未完成交響曲で、こちらも名演奏と評価の高い録音。

 

わたしがこのウィーン・フィルで録音したフルトヴェングラーのベートーヴェン作曲、交響曲第5番に「★★★★」評価をしたのは、話題にするにも事欠かないからです。ベートーヴェンの「運命」を面白い、面白くないと判断する基準点でもあって記憶が曖昧にならないように良く確認にも聞いています。多くのクラシック音楽のリスナーが聴いている録音でもあるので、「フルヴェンの運命」といった言葉だけで話が通じる。「フルヴェンの運命」は聞いたことがありますかと切り出さないで良いほどの、もしもクラシック音楽リスナーの大辞林なんてものがあったのなら必ず「用語」として掲載されているでしょうね。

 

こちらの記事もどうぞ

  • 《通販中》稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧2011年9月28日 《通販中》稀少盤、オリジナル盤頒布開始 アマデウスクラシックス第29回 9月16日版一覧 稀少盤、オリジナル・アナログレコードのアマデウスクラシックス。第29回頒布は9月16日午後から一般希望受け付け開始、現在すべて在庫ありです。 リストのレコード番号、タイトルのリンクからショップサイトの各レコード詳細ページへジャンプします。リンク先が無い場合はSOLDOUTになっています。ショップサイトの説明をご覧の上、メールでオーダーしてください。 […] Posted in blog
  • SPレコードを聴く❧トスカニーニの美しく青きドナウ[1941]2011年1月10日 SPレコードを聴く❧トスカニーニの美しく青きドナウ[1941] 傍らにあるのはデスマスク!? ガラスケースの中に2つのデスマスクが収めてありますが、1つはワグナーだとすぐに分かったけれども、もう一方はブラームス?チャイコフスキー? 写真はピアノに向かっているトスカニーニ。夕べ放送されたトスカニーニのラスト・コンサートの放送が、1950年代に最初にオン・エアされた通りに再現されて放送されていましたね。そこで指揮者としてではなくて、作曲家トス […] Posted in blog
  • ベルリオーズ:幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管 http://ow.ly/4IgFg2011年4月28日 ベルリオーズ:幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管 http://ow.ly/4IgFg 仏PATHÉ盤。1967年録音。現在でもこの録音のベストにこの盤を選ぶ人が多い、名盤中の名盤と言えるでしょう。仏プレスと言うことも有り音色は色彩的、高域、低域共に良く入っていて音質は瑞々しく70年代にプレスされたダブルジャケットのパテ盤とは全く別物の良い音質です。(あの盤はどうしてあんなとげとげしい音だったんでしょうか) […] Posted in blog
  • 横殴りの雨。熊本県全域の竜巻注意報は継続中です。2011年7月4日 横殴りの雨。熊本県全域の竜巻注意報は継続中です。 竜巻注意報は熊本県全域に継続中。強い風、激しい雨、取り留めも無くって程ではないのが救いなのですけれども徐々に険しくなっていないかしら。夕方見上げた空は雲がぐんぐん移動していて、怖かった。 7月、文月。台風の季節。雨、風に踏まれ手折られて稲の穂が含むのですが、余り乱暴なのは遠慮したい。 […] Posted in blog
  • GB CBS 72 692 グレン・グールド バッハ・ゴルトベルク変奏曲2015年2月9日 GB CBS 72 692 グレン・グールド バッハ・ゴルトベルク変奏曲 GB CBS 72 692 グレン・グールド バッハ・ゴルトベルク変奏曲の商品詳細: アナログ・レコード 通販 RECORD SOUND. Posted in 通販レコード, recordsound
  • ナチュラル・トランペット作品集 – Vivarte シリーズのなかでも目立たないけど忘れがたくなる一枚になるだろう2013年9月29日 ナチュラル・トランペット作品集 – Vivarte シリーズのなかでも目立たないけど忘れがたくなる一枚になるだろう これは非常に素敵なアルバムだった。旅先に連れ出すのが良いだろう。ロマンティックな男女の旅の演出では無しに、気分転換のリフレッシュが出来る。ドライブや通勤途中の渋滞に聴くにも向いているだろう。ただ聞き入って青信号になって出遅れないで欲しい。愛聴盤になった。 使用しているトランペットは『ナチュラルトランペット』という、現代のピストン式トランペットではない。トランペットというと、ど […] Posted in Concert, Products, Review