劇的変化に富む音楽を均衡を重視した無駄のない響きで聴かせたペトレンコ、楽劇《神々の黄昏》〜演出家の狙っていたことの最大の理解者は彼かもしれない

劇的変化に富む音楽を均衡を重視した無駄のない響きで聴かせたペトレンコ、楽劇《神々の黄昏》〜演出家の狙っていたことの最大の理解者は彼かもしれない

バイロイト音楽祭 2015。最終夜は楽劇「神々のたそがれ」。「ニーベルングの指環」4部作のうち4時間半におよぶ最長の大作。その劇的変化に富む音楽をお届けする。

Read More

ノートゥングの意味するもの、楽劇《ジークフリート》〜若き演出家が客筋を読み誤ったのか自尊心との葛藤か

ノートゥングの意味するもの、楽劇《ジークフリート》〜若き演出家が客筋を読み誤ったのか自尊心との葛藤か

バイロイト音楽祭 2015。恐れを知らぬ英雄ジークフリートの成長物語が描かれた楽劇「ジークフリート」を放送する。奇抜な演出に賛否が巻き起こった演奏を聴いていただく。

Read More

音楽に映像が合わせられて情報量の多い、楽劇《ワルキューレ》〜ワーグナーの作品の中でも最も美しい音楽の場面でも執拗に演出

音楽に映像が合わせられて情報量の多い、楽劇《ワルキューレ》〜ワーグナーの作品の中でも最も美しい音楽の場面でも執拗に演出

バイロイト音楽祭 2015。「ニーベルングの指環」第一夜にあたる楽劇「ワルキューレ」。指揮者ペトレンコのスピード感と活力あふれる表現豊かな演奏を堪能していただく。

Read More

石油の発掘権の奪い合いにテーマを置き換えられた、楽劇《ラインの黄金》〜Tシャツとジーパン姿で眺める方がしっくりする騒々しい猥雑な舞台

石油の発掘権の奪い合いにテーマを置き換えられた、楽劇《ラインの黄金》〜Tシャツとジーパン姿で眺める方がしっくりする騒々しい猥雑な舞台

「バイロイト音楽祭 2015」今日から楽劇「ニーベルングの指環」4部作を放送。まずは前夜祭にあたる楽劇「ラインの黄金」。指揮は今年が最後となるキリル・ペトレンコ。

Read More

【34-12352】米 WESTMINSTER GOLD WGSO8176 スワロフスキー指揮 、大交響楽団 ワーグナー:ワルキューレ

通販レコード。カーキ色黒文字ラベル。ボックス美品。ワーグナー録音史上に名高いスワロフスキーの『指環』ワーグナーファンにはおなじみ。カラヤンとの競演をしたクニプロヴァーのブリュンヒルデが一番聴かせる。室内楽のウェストミンスター。声楽、オペラはユニーク。斬新な演出の起爆剤にもなっているだろうほどに、センセーショナルだった。

Read More

ヴェルディ作曲 歌劇「椿姫」から

日本に黒船が来航した頃、ヨーロッパのオペラ界事情はベルカント・オペラの二大巨匠、ベッリーニとドニゼッティが世を去っていた。ロッシーニはフランスに住んでいましたが興味はオペラではなくレストラン経営に夢中。ヴェルディが世に出る時期が到来していたのです。《椿姫》を作曲した時は40歳で、劇場支配人や出版社にも発言力を持ち、自分の意志を通せるようになっていた。当時も今も、劇場が上演演目を決めています。作曲家はそれに合わせるしかありません。しかしヴェルディはパリで《椿姫》の芝居を観て、いたく心打たれてオペラ化すると決めます。舞台に登場する人物に感情移入できる、人間同士の真実性と、心ときめく良質な娯楽性をヴェルディは目指し音楽とドラマの合体を達成します。

Read More

オペラ初心者のための《トリスタンとイゾルデ》 – NHK-FM《バイロイト音楽祭2011》最終日

楽劇《トリスタンとイゾルデ》のオペラ第2幕は単純に『あなたが好きだ』、『わたしも愛してます』とお互いの愛を確かめ合うふたり。『まもなく、夜が明けます』とイゾルデの侍女ブランゲーネが遠くで歌う。と分かり易いので初めて聴くにはここからでしょ。ベスト3は、LPに限ればクライバー、バーンスタイン、フルトヴェングラーでしょうか。(改訂 2014/01/10)

Read More