来たれ!熊本博物館で1日過ごそう – 第283回蓄音器でレコードを楽しむコンサート、小惑星探査機「はやぶさ」特別公開は最終日です。

7年間で宇宙を60億キロ旅し、昨年6月に地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルやパラシュートなど実物を含む7点が23日から熊本博物館(熊本市古京町)で特別公開されています。この展示会が本日で最後になります。熊本県内での展示はこれが初めてで、次の機会は来年3月の菊池市での展示です。

P1002491

今日は、SPレコードコンサートも2階研修室で行います。こちらは午後1時開場ですので、早くいらっしゃってもお構いできません。ただ、今回は一般の方のレコード持ち込みを歓迎致します。

283

聴いてみたいけど蓄音器がない。このレコードはLPレコードなのかSP盤なのか、はっきりしないのだけどと言うのもお持ちください。1回特展室での開催でしたらLPレコード、EPレコード、ソノシートなども再生できたのですが「ハヤブサ」の特別展示となりましたのでコンサートでお聞きいただけるのはSPレコードに限りますのが残念でしょうがありません。

7e6e24f20a44ee7c9f62c34666b44fc8

「ハヤブサ」を見学されたあとで、SPレコードコンサートへ足をお運びいただければとお待ち致しております。

Fb611a5a7340cea1a474599c3e7cf3fa

「はやぶさ」公開 カプセルなど7点 熊本博物館 2011年11月23日

 

写真

小惑星イトカワの微粒子が入っていた「インスツルメントモジュール」の実物=熊本市の熊本博物館

7年間で宇宙を60億キロ旅し、昨年6月に地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルやパラシュートなど実物を含む7点が23日から熊本博物館(熊本市古京町)で特別公開される。22日、同館が報道機関向けに事前公開した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が昨年から巡回展示しており県内では初めて。本年度は全国40団体が選ばれ、来年3月には菊池市でも展示する。

カプセルは幅40センチ、高さ20センチ。中心部に小惑星イトカワの微粒子が入っていた内部構造「インスツルメントモジュール」など、実物が4点並ぶ。

前面と背面の2枚合わせでカプセルを覆った炭素繊維強化プラスチックのヒートシールドは、大気圏突入時に1万数千度の空力[くうりき]加熱にさらされて表面が焼け焦げ、帰還の過酷さを物語る。ポリエステル製のパラシュートや再突入時にカプセルの頭脳となる搭載電子機器部もある。

「はやぶさ」の8分の1サイズやカプセルのカットモデルなど模型3点も展示する。

27日まで。午前9時~午後5時で、入場無料。期間中、プラネタリウムでは地球までの帰還を描く「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-」(高校生以上入館料300円、プラネタリウム観覧料200円)も上映する。熊本博物館TEL096(324)3500。(内海正樹)

「はやぶさ」公開 カプセルなど7点 熊本博物館-お出かけニュース│くまにちコム via kumanichi.com

こちらの記事もどうぞ