ベートーヴェンの交響曲演奏の金字塔★カルロス・クライバー、ベートーヴェン:交響曲No.7 ブルーリングラベル、1stラベル

高額のレコードではけしてないのですが、カルロス・クライバーのレコードの入手は難しいです。発売後すぐに高い評価も受けて、枚数は随分と市場に出ていると思います。ちょうど、アナログからデジタルの転換期で、この時期のクラシックのサンプルLPも随分と手元にありました。その中にカルロス・クライバーのレコードもあったので良く楽しみました。

音楽はきびきびとしていて、演奏会が間近に展開されているような感じを受けました。音楽ムーブメントから見ると、古楽器演奏の解釈が反映されているのではないでしょうか。演奏だけではなく、録音の面でも。ベートーヴェンの交響曲をピリオド演奏、録音したCDが続くのがこの後ではなかったでしょうか。各々の試みが反映されながらクラシック音楽の演奏、録音は変化をとどめないで行くんですね。わたしがカルロス・クライバーの残したレコード録音から受けた宝物は、演奏会へ足を運ぶ楽しみです。

 

☆通販レコード 新着案内☆ 
【交響曲】 

レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON  

レコード番号:2530 706 

オリジナリティ:ブルー・リング・ラベル、1stラベル 

曲目:

  • ベートーヴェン:交響曲 No.7 

演奏:

  • 指揮: カルロス・クライバー
  • 管弦楽:ウィーン・フィル

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1976年録音。1976年発売。録音エンジニアは、クラウス・シャイベ。そのリズムの生き生きとしている事で各評論家絶賛の演奏です。
  • 盤はチリ音も無く、極めて優秀です。
  • ジャケットは両面コーティング。スレも無く綺麗な状態ですが、右上にカット・アウトの切れ込みが少しあります。

ⓇNM ⒿNM 

価格 ¥6,000(¥6,300 税込み、送料無料) 

お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。 
このエントリーはショップサイトでの販売に先駆けての案内です。正しくはショップサイトでの確認をしてください。サイトでの紹介前に予約を頂いて既に売約済みの場合があります。

 

こちらの記事もどうぞ

  • <速報>死刑求刑の被告に無期判決 耳かき店員ら殺害2010年11月1日 <速報>死刑求刑の被告に無期判決 耳かき店員ら殺害 ☀ 耳かき店の店員とその祖母を殺害したとして殺人罪などに問われ、裁判員裁判で初めて死刑を求刑された無職林貢二被告(42)に対し、東京地裁は1日、無期懲役の判決を言い渡した。(2010/11/01 15:36:43) […] Posted in 未分類
  • ペーパークラフトのポルシェ2011年1月5日 ペーパークラフトのポルシェ ボディのカーブなどが良い感じしています。色気を感じたので珍しく取り上げてみました。作る手順はミラーなどのパーツを最後に用意する順番で良いと思います。 See and download the full gallery on posterous 詳細はこちらから […] Posted in 未分類
  • 宵の月に悠久からの魂が目覚める2011年2月16日 宵の月に悠久からの魂が目覚める 寝室への階段を上っていたら、胸元に白いあかりが刺さった。午前3時、ちょうど窓を見上げた位置に月が鮮やかに輝いていました。頭の中では、ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界から》のホ短調の悠々とした自然の主題がわき上がってきました。 RICOH デジタルカメラ CX4の遠景モードで最大限にズームした写真です。「望遠300mm […] Posted in blog
  • 夏休み特集 – 電気が無くてもレコードを聴くことができる驚きの発見2014年8月14日 夏休み特集 – 電気が無くてもレコードを聴くことができる驚きの発見 8月の無料コンサートに小学校の生徒さんたちを招待する初試みをしました。夏休み最後のイベントとして夏休みの宿題ででも役立ってもらえばと希望しています。今の小学生の両親となるとCDの世代でレコードの記憶も遠いものだったり全く経験がないという方もいらっしゃるのではないか。今後は地域で蓄音器を聴いて貰う機会を増やしていきたい。 […] Posted in blog, Concert
  • All in2013年3月17日 All in 『ねぇ、最近おすすめで音も良い盤はどれ?』と問われればまず聴かせちゃう。 ジャンルはブルース・ロックとなっているけど、ロックの王道、ジャズ・ヴォーカル好きも気に入ってもらえるでしょう。 クラシック中心でもぶったまげる歌の良さ。現代の歌曲アルバムとして聴くのもいいだろう。 テイラー・スウィフトはちょっと子供っぽい。ノラ・ジョーンズは地味っぽい。もっとダイナミックで色っぽさがほし […] Posted in blog, Review
  • ルービンシュタインのショパン、二度目の『スケルツォ』のレコード。2014年9月11日 ルービンシュタインのショパン、二度目の『スケルツォ』のレコード。 ルービンシュタインのショパン、二度目の『スケルツォ』のレコード。SPレコード、モノーラル、ステレオで録音している。 Posted in Piano