モノクロームのエクスタシー フランチェスカッティ&カサドシュ、フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ No.1, No.2

自由人ほど周囲に巻き込まれるもののようです。
壮年期のフランチェスカッティが紡ぎだす甘美なまでの官能的な音色、それをサポートするカザドゥシュの美しいソノリティにより、この名デュオはフランス的な洗練と粋を米 Columbia 盤は聴かせてくれる 1951 年6月の録音。それはジャケットのデザインからも感じ取れる色彩感とは程遠い薄墨の魅力だ。

元は米 COLUMBIA のモノラル録音で色彩感があります。

l01-268l
Fauré – Le Deux Sonates Pour Violon Et Piano
Zino Francescatti (Violin), Robert Casadesus (Piano) [icon type=”fa fa-volume-up”]Sonata No 1 Op 13

米 Columbia 盤は 仏 Philips からヨーロッパ向けに発売されていました。1950年代後半発売のオリジナル、アナログ盤。良好なコンディションです。
現在でも通販購入できます。

ジャンル【室内楽】
レーベル仏 PHILIPS
レコード番号L 01.268 L
曲目ヴァイオリン・ソナタNo.1、No.2
作曲フォーレ

レッド・ラベル、1stラベル、ミニ・グルーヴ

演奏者楽器
ジノ・フランチェスカッティ(vn)
ロベール・カサドシュ(p)