(独)EMI ELECTROLA 1C-157 1434433 ラージドッグラベル ムター&ワイセンベルク、ブラームス&フランク:ヴァイオリン・ソナタ集

♬1983年録音,デジタル初期の録音ですがヴァイオリンの音は艶があり大音量で聴かない限り固さを感じさせません。SN比も良く静寂の中からヴァイオリンとピアノが浮かび上がってきます。2枚組、Box仕様。

GE EMI ELECTROLA 1C-157 1434433 ANNE-SOPHIE MUTTER

 

【室内楽】

  • レーベル: 独 EMI ELECTROLA
  • レコード番号: 1C-157 1434433
  • オリジナリティ: ラージ・ドッグ・ラベル、1stラベル

 

曲目

  1. ブラームス:ヴァイオリン・ソナタNo.1,2,3 CD:ブラームス:ヴァイオリンソナタ全集
  2. フランク:ヴァイオリン・ソナタ

 

演奏

  • ヴァイオリン: アンネ・ゾフィー・ムター
  • ピアノ: アレクシス・ワイセンベルク

 

 

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1983年録音,デジタル初期の録音ですがヴァイオリンの音は艶があり大音量で聴かない限り固さを感じさせません。SN比も良く静寂の中からヴァイオリンとピアノが浮かび上がってきます。
  • 盤は4面とも殆どノイズは無く、大変に良い状態で鑑賞できます。完品と云っても良いでしょう。
  • Boxも何の問題も無く、大変綺麗な状態です。盤、Box共におすすめのコンディションです。(2LP)

コンディション:(レコード、ボックスの状態)

ⓇNM ⒿNM

コンディションの基準はこちらを参照してください。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html

こちらの記事もどうぞ

  • 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑤ マレの音楽はロック以上にロックしている。2011年1月21日 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑤ マレの音楽はロック以上にロックしている。 楽器の博物館。或いは、古い楽器を鑑賞する機会があると長時間居ても飽きない。楽器の成り立ちと言っても笛の類は、土偶時代からって・・・こちらの方よりも、興味津々なのは弦楽器のはじまり。弦楽器のファミリーは現代ではヴァイオリンを中心に考えがちだけれども、チェロが最初のお父さん。それよりも大きいコントラバスとの中間の楽器でヴィオールという弦楽器が最初のはじまり。ジャズ・ファンだったら […] Posted in blog
  • ヘルマン・ヤドロウカーのレコード2014年7月26日 ヘルマン・ヤドロウカーのレコード 歌い手として当時のヤドロウカーはイタリのテナーと違って、北欧人らしい深沈たる美しさがあり日本人向きのする底光りの味を持った人であった。今この人の『花の歌』を聴いて、まことに感多少である。『花の歌』は難しい歌だ、テナーは誰でも歌うが誰も上手には歌えない。ヤドロウカーの一風変わった抒情的な味は、空々しさが無くて本当に嬉しい。ホセの突き詰めた心持ちは全くこうでなければなるまいと思う […] Posted in blog
  • とことん歌い抜かれたバッハ☆アーヨ、ミケルッチ、イ・ムジチ合奏団 / J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 No.2、No.1 Hi-Fiステレオラベル http://amzn.to/iePZ5g2011年7月10日 とことん歌い抜かれたバッハ☆アーヨ、ミケルッチ、イ・ムジチ合奏団 / J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 No.2、No.1 Hi-Fiステレオラベル http://amzn.to/iePZ5g オリジナル。ほぼノー・ノイズの大変良い状態。ヴィヴァルディか、ペルゴレージかと聞き違いしそうな程、歌い。紛れもなくバッハも歌の人だった。独奏ヴァイオリン、伴奏のアンサンブル共に全く角のとれた、そしてひたすら歌い抜いたあのヴィヴァルディの《四季》を思わせる“イタリアのバッハ”がここにあります。音楽学者からは一言ありそうですが、それはそれは美しい音楽がここ […] Posted in blog
  • 良プレス盤☆フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://ow.ly/5VVV72011年8月5日 良プレス盤☆フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://ow.ly/5VVV7 例えば、例えば。英DECCAのオリジナル盤「SXL」の規格盤は、「SDD」の廉価規格盤もあるのですが午前中に「SXL」盤をプレスして、午後に「SDD」盤をプレスしていた時期があると英DECCAレコードのプレス工場で働いていた工員が語っていたと言います。現在の日本に当てはめれば3,000円のCDと1,000円のCDが同じに生産されているといった感じ。イギリス流のジョークと捉えて […] Posted in blog
  • チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh2011年4月15日 チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh 春の訪れを喜ぶ様なチェロの協奏曲。もちろん秋の静かな宵にしみじみ心に染みる時もありますが、エルガーのチェロ協奏曲が秋にはふさわしいしみじみさではないでしょうか。米コロンビアのセルの録音は乾燥していると言われる評価が少なくなくて、セルの音楽自体が固く乾いた音楽だと思い込んでいませんか。そうした向きにはベルリン・フィルのセルを聴いて思いを新たにして頂きたい。 […] Posted in blog
  • 【お知らせ】木下大サーカスが、13年ぶりに熊本にやってくる!2010年10月25日 【お知らせ】木下大サーカスが、13年ぶりに熊本にやってくる! 「木下大サーカス」が熊本にやってくる 前売り券発売開始   世界三大サーカスの一つ「木下大サーカス」が来年2月、13年ぶりに熊本にやってきます。世界でも希なホワイトライオンを中心とした猛獣ショーをはじめ、ダブル空中ブランコや3台乗りオートバイショーなど人気のショーを多数予定しています。 […] Posted in 未分類